Top 転勤シリーズ>上高地神秘的な大正池

上高地神秘的な大正池

自然豊かな松本市四季おりおりに美しい姿を
見せてくれます。

17354957_3225591331.jpg
写真提供のぶやんさん

会社の家族に誘われてキャンプも3回ほど行きました。
また軽井沢にある会社の保養所にも出かけたこともありました。
軽井沢は何もない静かな自然豊かな別荘地でした。
季節は冬でしたので周りは雪景色
保養所で楽しい時間を過ごし翌日帰宅しました。

 長野市軽井沢などにも行きましたが私はやはり
松本のこの雄大な景色が1番好きです。

 秋北アルプスの山々 美ヶ原の山々がじょじょに紅葉
していく風景も最高にステキです。

17354957_3203824540.jpg
写真提供のぶやんさん

 2年も終ろうとする頃主人は大阪に転勤が決まり
私達家族は悩みましたが高校生の長男を転校させる
わけにもいかず主人が単身赴任をすることに決めました。

 私達家族は、子供が出来てはじめて
離れて暮らすことになりました。
主人と離れて暮らすのは寂しいですが
子供達を普通に成長させてあげることは
親としての責任です。

 4月から、長男も高校2年に
次男は中学生2年に
丁度難しい年齢の2人でした。
 2年後には高校受験と大学受験が待ち受けています。
子供達の精神的ケアーと受験勉強2人とも学習塾に
通い始めました。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 ある日長男が心のゆれ”思春期”にだれでも考える
悩みを話しはじめました。
最近の僕はおかしいような気がすると
じょじょに大人になる段階大人でもない子供でもない
受験も控えてとても不安な時期であったろうと思います。

 私は自分の経験を話してあげました。
お母さんも同じことを考えたことがあると
だれでもこの時期に悩んだりする事柄を話してあげると
長男は少し落ち着いたよう思いました。

 子供達家族の精神的な面に特に配慮しなければ
と考えていました。
人の心の中まで入り込めませんから
悩みやいじめなどがあればすぐに解決しようと
心に決めていました。

 うれしいことにいじめなどもなく周りの人達に愛される
子供達に成長してくれましたので一安心でした。

17354957_892108434.jpg
写真提供のぶやんさん

 単身赴任の主人は月に2回帰宅して子供達は父親の
帰宅を大変喜んでくれました。
帰ると必ず家族で外食に連れていってくれました。

 私も当時少しの時間仕事もしていましたので
主人がいると安心出来ました。

    〜〜上高地〜〜

プルーンさん 075.jpg

 上高地 焼岳や穂高連峰などの名峰に囲まれた
大正池を始めてとする有数の自然に抱かれた
日本屈指の景勝地です。

プルーンさん 087.jpg

 大正4年の焼岳噴火によって出来た大正池です。
梓川にそって遊歩道を行けば湿原にいろいろな
高山植物が咲き乱れ田代池は上高地のシンボルでもある
河童橋など神秘的な明神池と大自然が生み出した
芸術的な風景が次々に見ることか出来ます。

プルーンさん 077.jpg

 自然豊かな松本市心癒されるそんな所です。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:05 | Comment(14) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
河童橋、大正池・・・正に名勝地ですね〜。
実際に見ると、河童橋は意外と小さくて少々期待外れだったのですが。
観光客でごった返す中、狭い橋の上で写真を撮るのも一苦労・・
でも絵葉書さながらの、ナイスショットが出来上がりました♪

ご主人の単身赴任時代、みのりさんは父親役も見事に務められたのですね!
悩み事を何でも打ち明けられる家庭環境こそ、大切なんですよね〜。
今の時代はそれが欠如してしまっているようですものね。
Posted by ヒマワリ at 2008年07月19日 10:53
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。
上高地〜ヒマワリさんも行かれたことがあるんですね〜
絵葉書のような写真を撮れたとか〜すごいです。
見せて頂きたいくらいです。
私は写真はいまいちなんです。

4人の子供達は〜高校生になると単身赴任でしたので〜
今思うと”無事大学受験”が出来て良かったと思っています。
Posted by みのり at 2008年07月19日 11:16
上高地・・・写真も感動したんですが・・
やはり、子供の成長ですね
みのりさん、子育て上手ですね
もっと早く知り合ってアドバイスしてほしかったなぁ〜子供との話し合いは私にとって長男とは難しかったです。今ではパパに
なってますが〜子供あっての私があるんでしょうね♪
Posted by ゆり at 2008年07月19日 17:54
綺麗な写真ですね
Posted by ごぼうの花 at 2008年07月19日 18:50
ゆりさん
訪問書き込みありがっとうございます。
子育て〜反抗期は親としても本当に
難しいく〜悩む時期ですよね〜でもその反抗期も
長く続くわけでもなく〜4〜5年もすれば
元の素直な子供に成長しますから〜
さほど悩むこともないですよね〜
ゆりさん〜息子さんのお嫁さん〜可愛いお孫さんもいてゆりさんは
しあわせですよね〜
いい子供さんじゃないですか
Posted by みのり at 2008年07月19日 22:03
上高地。私は春・夏・秋と3回訪れています。なかでも萌えるような若葉と梓川の美しさは、いまでも忘れられません。旅行から帰ってすぐ押し花で上高地をイメージした額を制作しました。夏はかならず居間にこのときの押し花額を飾っています。
また行きたくなりました。
Posted by のばら子 at 2008年07月19日 22:03
ごぼうの花さん
訪問書き込みありがとうございます。
松本の写真〜長崎時代のブログの時に
ごぼう花さんから〜写真提供して頂いたように
子供の友人のマイミクの、のぶやんさんからの
写真を提供していただいています。
ごぼうの花さんと重ねて〜とても感謝しています。
Posted by みのり at 2008年07月19日 22:09
のばら子さん
訪問書き込みありがとうございます。
上高地には3回も訪れているようですね〜
季節によりまた違う〜景色を拝見出来たのでしょうね〜♪
押し花、額入りの作品制作されたようですね〜HPには入れてありますか〜?
是非拝見したいです。
Posted by みのり at 2008年07月19日 22:16
上高地、大好きです。
何回行ったのか???
5、6回は行きました。
いつか上高地帝国ホテルに泊ろうねと友人と憧れましたが、実現していません。もう、いつかと言ってる時じゃなくなりました。
今年は無理でしょうが、来年は是非早めに予約して行きたいものです。

私も娘が高校2年で転校させた時、
編入試験実施してる高校が限られてとても苦労しました。それで息子は高校で転校しないようにと夫の勤務地未定でしたが、鎌倉の高校を受験させました。他県から県立高校受験させてもらうのは教育委員会へ足を運び、家の登記簿謄本まで提出するんですよ。
幼い時は怪我と病気の心配だけで良かったけれど、大きくなると別の心労が出てきますよね。
Posted by アルバ at 2008年07月19日 22:50
みのりさんの子育ての姿勢、ほんとジーンと感じるものがありました。
きちんとお子さん達に向き合われてたんだなぁと、感服しきりです。

いろいろ見習わせていただきたいです。
周りの人たちに愛される人間に育てること・・・とても大事ですよね。
Posted by ウッドラブ at 2008年07月20日 06:59
アルバさん
訪問書き込みありがとうございます。
上高地に5〜6回も行かれたようですね〜すごいです。
自然が豊かで〜とてもステキな所ですね
次回は”上高地帝国ホテル”に泊まれるといいですね。
アルバさんも転勤で〜子供さんたちの高校受験に苦労されたようですね。
Posted by みのり at 2008年07月21日 08:25
ウットラブさん
訪問書き込みありがとうございます。
今子育てに〜精神的な面でも大変な時期
ですね〜でもウットラブさんの子供さんたちに注ぐ愛と配慮〜その努力は〜
子供さんたちに届いていると思います。
Posted by みのり at 2008年07月21日 08:33
上高地・・・
一度だけしか訪れたことがありませんが、心に残る、とっておきの景勝地ですね。

OL時代に、関西から深夜バスで出かけ、早朝の到着・・・
あまりの寒さに震えつつ、軍手を買い、熱々のカップヌードルをすすり・・・

上高地帝国ホテルに、宿泊しました。

私は、今まさに、子育てに苦悩中です・・・☆
Posted by puffy at 2008年08月11日 13:15
puffy さん
訪問書き込みありがとうございます。
上高地にOL時代に行かれたそうですね〜
やはり標高の高い〜上高地〜5月の連休
でもまだ〜真冬のように寒いですね〜

暑いカップヌードル〜美味しかったでしょうね〜♪
puffy さんは〜まだ子供さん小さいのですか?
Posted by みのり at 2008年08月11日 13:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック