Top 転勤シリーズ>松本市 総集編

松本市 総集編

自然豊かで雄大な景色に囲まれた松本市
四季折々に美しい姿を見せてくれます。
春 5〜6月頃まで北アルプスの山々にはまだ雪が残り
良く晴れた日には雲がうっすらと山々にかかり
北アルプスが宙に浮いて見えます。 リゾートぴかぴか(新しい)
私はこの景色ががとても好きです。

17354957_3225591331.jpg
写真提供のぶやんさん

 松本での生活も5年間子供達と楽しい時間を過ごしました。

   〜〜松本市総集編〜〜

    〜松本城〜

松本市〜お城 225.jpg 

 松本城、国の史跡にも指定されています。
松本城となる前は、深志城とも呼ばれていて
市民からは烏城とも呼ばれ親しまれています。
天守は国宝に指定されています。

   〜美ヶ原美術館〜

松本市〜お城 229.jpg

 1981年〜彫刻を庭園とした美術館として開館しました。
標高2000M以上の高冷地にあります。
展示作品は野外に彫刻の作品を
館内には絵画を中心とした光を扱ったものや
ミロのビーナス、ダビデ像などの模型作品があります。
曇りの日には雲海が果てしなく続き
彫刻作品に光が反射して ぴかぴか(新しい)
レストランからの見る彫刻の森 美術館はとても幻想的です。

  〜アルプス公園〜

松本市〜お城 051.jpg

 北アルプス 安曇野を一望する丘陸に標高800M
にアルプス公園があります。
富んだ地形や恵まれた、緑など自然を生かした都市公園です。
のびのびと自然に親しむことが出来る、憩いの公園です。
子供達と何回も訪れた思い出の リゾート
広々とした公園です。

  〜浅間温泉〜

 「歴史に残る天下の名湯浅間温泉」
浅間温泉の歴史は、大変古くそのおこりは古代にまで
さかのぼっています。
日本書記にも書かれてれている、1300年の歴史を誇る名湯です。
歴史と文化に培われ、国宝松本城の城下町
「松本の奥座敷」として現在に至っています。


 〜富士山〜西湖にキャンプ〜

松本市〜お城 073.jpg

 西湖、森の中で自然を満喫しながらキャンプを
楽しむことが出来ます。
夜は満天の星空を眺めながら ☆〜☆〜★ぴかぴか(新しい)
西湖は富士五湖の中でも最も自然が残された湖です。
2家族でキャンプを楽しみました。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

  〜上高地〜

プルーンさん 075.jpg

 上高地焼岳や穂高連峰などの名峰に囲まれた
大正池を初めとする〜有数の自然に抱かれた
日本屈指の景勝地です。
大正4年の焼岳噴火によって出来た大正池です。
上高地のシンボル河童橋が有名です。

  〜白骨温泉〜

プルーンさん 082.jpg

 白骨温泉の歴史は500年〜600年以上で
昔は白船と書かれて「シラフネ」と呼ばれていました。
それは浴槽の内側が石灰分の結晶で白くなることから
名付けられたと言われています。
白船が大正時代の小説に書かれた「白骨」がそのまま
白骨と呼ばれるようになった言われています。

  〜槍ヶ岳〜

18147118_1388090950.jpg 
写真提供のぶやんさん

 槍ヶ岳(やりがだけ)北アルプスの南部にある
標高3,180M日本で5番目に高い山です。

17354957_290196451.jpg
写真提供のぶやんさん

 山頂からのパノラマに感動 リゾートぴかぴか(新しい)
名前のごとく〜天に槍をつくる形が特徴的な
高い山です。
晴れの日には遠く富士山が見えることもあるようです。

18147118_2227039542.jpg
写真提供のぶやんさん

 松本での生活 思い出すと主人の単身赴任
子供達の高校 大学受験
また私は車の運転にも挑戦しました。
子供達はたくさんの友達が出来ました。
(友達は宝ものです)
美しい景色私の大好きなところです。

 松本でのブログにマイミクでもあり次男の幼馴染
のぶやんさんから たくさんの写真を提供して頂きました。
ありがとうございました。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:14 | Comment(8) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
歴史と大自然の懐、松本でみのりさんのお子さん達は素晴らしい環境に恵まれ
御両親の愛情も一杯うけてすくすくと育ったんですね。

☆良く晴れた日〜雲がうっすらと〜山々にかかり〜北アルプスが〜宙に浮いて見えます☆

一度、この目で見てみたいです!
Posted by プルーン at 2008年07月25日 10:05
プルーンさん
訪問書き込みありがとうございます。
松本市〜北アルプスの雄大な景色が最高に
素敵です。
プルーんさんもあと少しで〜またアメリカに出発ですね〜
わずかな時間ですが〜思い出をたくさん〜作って下さいね〜
Posted by みのり at 2008年07月25日 11:22
またまた慌ただしく次の町へ移動ですね!
何度見ても転勤族のパワーはすごいな、と思います。
それと妻(母)の考えが一番だなって思うのです。
単身赴任ではなく、可能な限り転勤についていく姿勢は素晴らしいです。
家族が離れ離れになるべきではないって言う信念がないとできませんよね。
私の実兄も国内だけですが転勤族で。
兄嫁がしっかりしているので今のところ家族全員で移動しておりました。
凄いですね〜。
Posted by 今川ーゼ at 2008年07月26日 03:06
いつも、読んでますよ〜〜ん、場所によっては自分の思い出が重なったり、歴史の勉強になったり、素敵な写真で行きたくなったり、素晴らしいブログですね、、それに押し花も いつもありがとう〜〜〜
Posted by 坊ちゃん at 2008年07月26日 08:38
みのりさんの転勤生活。4人のお子さんをそだてながらの引越しは大変だったでしょうね。私は2回の引越しを経験しましたが
コリゴリという記憶があります。
大変な労力ですから。
でも、「住めば都」
みのりさんは引っ越した先々ですばらしい体験や思い出をつくられたのですね。
Posted by のばら子 at 2008年07月26日 23:33
坊ちゃん        
訪問書き込みありがとうございます。
毎回〜読んでいただけて嬉しいです。
今回は京都舞鶴市から〜携帯からのメッセージの書き込みです。明日は金沢さらのブログです。素敵な”押し花”の作品〜作って下さいね。
Posted by みのり at 2008年07月27日 15:36
のばら子さん
訪問書き込みありがとうございます。
のばら子さんも2回の引越の経験があるんですね
子供達の転校などもあり、やはり思い出すと大変でした。
でもそれぞれに住めば都〜楽しい思い出が
出来ました。
Posted by みのり at 2008年07月27日 15:44
今川ーゼさん   
訪問書き込みありがとうございます。
転勤族〜子供の進学の問題もあり大変な時期もありました。
やはり家族が一諸に〜過ごすのは子供のためにも必要です。
今思うといい思い出です。
Posted by みのり at 2008年07月27日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック