Top 金沢旅行>歴史を感じる金沢城

歴史を感じる金沢城

舞鶴では2日間お世話になり親族との懐かしい時間を過ごしました。
毎回暖かいもてなしには心から感謝したいと思います。
また主人の”両親が眠る北吸霊園”にお参りをして
帰るたびに転勤先(舞鶴)で過ごした計6年間と
子供が小さい頃夏(お盆に)過ごした福井県高浜での
海水浴 またお正月には子供達が楽しみにしている
チャリンチャリンのゲームを懐かしく思いだします。

舞鶴〜金沢 055.jpg

今回 舞鶴から帰りは長男夫婦が住む金沢に向かいます。
このところ”焼けつくような暑い毎日”がめずらしく曇り 曇り
福井県を通り時々雨がふったりやんだり 雨曇り
あやしい雲の流れ に高速(北陸道)に入り金沢に向かいます。

舞鶴〜金沢 063.jpg

 金沢が近付くにつれて気温28℃ 24℃と
この時期めずらしく低い気温でした。
雲ゆきがあやしく突然雨がふりだしました。雨
おまけに雷が雷霧金沢市内に到着しました。

 子供達が住む金沢駅に近いマンションに到着です。
少し遅い時間帯でしたがお昼は地元で人気のある
お店に案内されて美味しい”ざるそば”をご馳走になりました。
人気のお店だけあり、美味しいざるそばを頂きました。

舞鶴〜金沢 071.jpg

 外はすごい雨に雷の音に これでは何処にも出かける
ことも出来ずマンションで過ごすことにしました。

 翌朝私は5時ごろに目が覚めてしまい外を見ると
曇りしばらくするとすごい雨に昨日と同じ
雷が鳴り出しました。 雨雷
金沢は県内の災害 注意報などの放送が流れます。

 テレビの二ュースを見ると”浅野川が氾濫” 霧
浅野町が水につかる被害があったようです。

 これから向かう予定の金沢城に兼六園

 帰宅してテレビでの災害のレポートがあり
災害の大変さをはじめて知りました。

 私達はこの大変さは分かりませんでしたが
浅野川もこの目で見ましたがもう水かさも少なく
食事をするために通りかかりロープが引かれていて
通行止になっている状態も見ましたが
私達は問題なく到着し”金沢城”を見学しました。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 私は2回目の金沢城の見学です。
娘の大学(金沢大学)入学式に金沢城を見学しました。

   〜金沢城の歴史〜

舞鶴〜金沢 794.jpg

 1583年、前田利家が加賀・能登を支配することになり
金沢に入城しました。
それ以前の金沢城は、加賀一向一揆の拠点としての金沢御堂
そして金沢御堂を攻略して佐久間盛政が築いた尾山城
尾山城になってようやく、小規模ながら城として体裁が整った
といわれています。

 石垣の築造など金沢城の整備は1592年〜1599年にかけて
前田利家の長男利長が進め、北に新丸を広げて
大手門を築き、城の周囲を内惣構堀で囲みました。

舞鶴〜金沢 791.jpg

 佐久間盛政の金沢御堂攻略は、後背地の小立野台地側から
攻めたそうで、この方面が城の弱点とされます。
そのため、湿地帯だった場所に堀を穿(うが)ち、蓮池堀(百間堀)
とし、城の堀に面する部分に高石垣を築きました。

 この時の整備計画を指導したのが、前田家に客将として
仕えていた高山右近なのだそうです。

舞鶴〜金沢 790.jpg
石川門1788年建立〜国の重要文化財に指定されています。

 1602年、落雷により天守閣が焼失。
その後天守の代用として跡地に三層櫓(三階御櫓)が築かれましたが
これも1759年に金沢城下で発生した大火(寺町から出火)
で焼失し、以後天守は再建されませんでした。

 天守が再建されなかった理由として、泰平の世には不要ということも
ありますが、他の大名家が参勤交代で城下を通ることがないので
見栄を張る必要がなかったのだそうです。

        〜〜〜

 戦後 昭和24年1949年5月、城址に金沢大学が開学され
キャンパスとして占有されました。
大学は平成7年1995年に郊外に移転しました。

 娘は移転された新しいキャンパスで大学時代の4年間を
過ごしました。
 大学の入学式は金沢城近くの交通会館で行われました。

 城址は石川県が取得し、現在は金沢城公園として
一般開放されています。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:49 | Comment(9) | TrackBack(0) | 金沢旅行


この記事へのコメント
ご無事で何よりです。
こちらは一雨欲しいぐらいなのですが・・・。


金沢は若い頃行ったきりです。
兼六園が桜で満開のときでした。
鎌倉には前田家の別邸が残っていまして、現在は「鎌倉文学館」になっています。故川端康成邸の近くで、広い敷地に古い洋館なのですが、お庭も見事なものです。

Posted by アルバ at 2008年07月29日 18:55
関西や東北、北陸地方の豪雨はかなりの被害や災害で心悼みました、ご冥福をお祈り致します。

浜松地方は、もう一雨、ほしい所ですね。
Posted by プルーン at 2008年07月29日 20:23
アルバさん
訪問書き込みありがとうございます。
金沢での災害〜テレビでも放映されていて
床下浸水など〜すぐ近くまで行きましたが
気が付きませんでした。

兼六園に〜こられたことがあるようですね
満開の桜〜春もいいですね〜♪

鎌倉には前田家の別邸が残っているようですね〜庭も見事だとか!
「鎌倉文学館」になっているそうですね
機会があれば行って見たいです。
Posted by みのり at 2008年07月29日 20:31
プルーンさん
訪問書き込みありがとうございます。
浜松〜磐田も雨がふらなかったようですね〜帰宅して〜庭の鉢植えが
からから〜枯れる寸前でした。
今朝は”タップリ”の水撒きをしました。
これからの時期〜水やりも大変です。
一雨ほしいこのごろです。
Posted by みのり at 2008年07月29日 20:38
今回初めての書き込みですが
以前から楽しく読ませていただいています。

せっかく金沢まで来てもらったのに予想外の豪雨。
みのりさん夫妻を見送った後テレビを見たら
大変な被害だったことを知り本当にびっくりしました。
1日でも早く復旧できることを祈っています。

ただ、今回は一箇所しか観光地を案内できなかったので
また金沢に遊びに来てくださいね。
Posted by パンダ at 2008年07月30日 01:20
無事にご帰還されたようで何よりです。
こちら昨夜は短時間とはいえ、物凄い雷雨にビックリでした!

金沢・・これ又私にとっては思い出深い場所でして・・・
(徐々に暴露してしまうの、何だかお恥ずかしいのですが)

こんな年齢になっても今尚、私を夢中にさせる音楽を沖縄から常に
発信してくれている某アーティストとの出会いが、金沢だったんですね〜♪
Posted by ヒマワリ at 2008年07月30日 06:28
パンダさん
訪問書き込みありがとうございます。
楽しい金沢での時間を過ごさせて頂きました。
雨、雷、川の氾濫と〜いろいろありましたが〜私達にはなんの被害もなく〜
ほっとしています。
本当にいろいろありがとうございました。
またブログに訪問して下さい。
Posted by みのり at 2008年07月30日 09:27
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。
沖縄でのコンサート楽しまれたようですね〜〜♪
”某アーティストとの出会いが、金沢”
何か金沢は小京都とも言われていますが
ヒマワリさんの心ときめく音楽との出会い
があったんですね〜♪
素敵です。
Posted by みのり at 2008年07月30日 09:33
金沢 兼六園まだ雪の残る頃
行きましたよ
Posted by ごぼうの花 at 2008年07月30日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック