Top 転勤シリーズ>赤城山の伝説 趣味を楽しむ

赤城山の伝説 趣味を楽しむ

群馬での生活も1年が過ぎようとしている頃
ノンビリとした田舎での生活にもなれて
子供達を学校に送り出し早朝少しの仕事をしていましたが

昼間の時間を利用して榛東村公民館で
趣味の教室生徒(募集)していましたので昔から
興味のあるパッチワークの教室に通い始めました。

目的はパッチワークの作りかた基礎的を学ぶためです。
洋裁の教える資格もありましたのでまあ基礎を知ることが
出来れば本を見ながら出きるのではと思い学び始めました。

はじめてみるときれいな布の芸術自分の趣味で
いろいろな世界を作りだすことが出来ます。
基礎ですから最初は袋から縫い始めました。

この同じパターンを利用して我が家の歴史
家族が着た洋服捨てるのではなくできるかぎり
利用して我が家の歴史かなり大きなべットカバー
を作り始めました。
大きさは4畳位のかなり大きな作品です。
いきなり大きな作品に取りかかりました。

群馬〜榛名湖〜山 067.jpg

娘の可愛い服に子供達のブラウスにシャツ主人の服に
私の着なくなった洋服など家の中で必要なくなった
パッチワークの材料がたくさんあつまりました。

作品の所々に新しい布も入っていますが
出来上がるまで半年くらいは、かかったと思います。
それに平行してまた別な作品にも挑戦していました。

〜配色のパターンの作品〜

群馬〜榛名湖〜山 061.jpg

〜麻布にブドウと紫陽花の作品〜

群馬〜榛名湖〜山 055.jpg

〜大きな花かごの作品〜

P2180024.bmp

〜白の布にポピーや小花をちりばめた作品〜

P2180028.bmp

公民館のお祭りにはこの2点の作品を展示しました。
かなり好評でした。

群馬時代には”花束”かなり多くの作品を作りました。
また別な時にその作品をお見せします。
今回はほんの一部を紹介します。

昔を思い出し今、パッチワークを少しづつ作りはじめています。
基礎からの勉強が必要です。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

   〜赤城山(1、826M)〜

群馬〜榛名湖〜山 001.jpg

赤城山 妙義山、榛名山と併せて、上毛三山と呼ばれ
親しまれている山です。
榛東村から眺める赤城山は特に美しく手頃な登山コースも多く
あり、春のツツジ群落、夏の白樺林、秋の紅葉
冬のスキー・スケート・ワカサギ釣りと四季を通じて楽しめます。

   〜赤城おろし〜

冬期の関東平野に特有の「空っ風」とも呼ばれる北風は、赤城山の
方角から吹くことから、「赤城おろし」の名がある。
上毛かるたの読み札には〜『雷と空っ風 義理人情』とあり
群馬県を語る上で空っ風の存在ははずせません。

  〜赤城山にまつわる伝説〜

日光男体山の麓の戦場ヶ原には、男体山の神と赤城山の神が大蛇と
大ムカデになって戦い、男体山の神が勝利をおさめた
という伝説があります。
赤城山の北にある老神温泉の地名は、このとき落ち延びた神が
追われてやってきたことに由来するといわれ
また「アカギ」という山名も神が流した血で赤く染まったことから
「赤き」が転じたという説もあります。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
みのりさんって、本当に器用でらっしゃり、羨ましい限りです〜。
作品の数々拝見させていただき、センスの良さも伝わってきます♪
(洋裁を教える資格がおありとのことですので、当然かも知れませんね)

「好きこそものの上手なれ」 とはよく言ったものですよね。
私はどうも好きなもの(関心があるもの)が極端に少なかったせいか、
英語と音楽以外には興味がわかずに、年を重ねてしまいました〜。
新しいことに挑戦するのは大の苦手でしたし・・・

お幾つになられても、好奇心旺盛、向学心に満ち溢れていらっしゃる
みのりさん、尊敬してしまいます!
Posted by ヒマワリ at 2008年08月06日 15:09
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。
暑い毎日ですが〜夏バテは大丈夫でしょうか〜?
外に出るとあつさのためか頭がクラクラすることはありませんか〜?
パッチワーク〜今からかなり昔の作品です。
最近はマィミクさんに進められて〜また少しづつパッチワークをはじめています。
作品が出来上がるのが〜何時になることか〜気長に作る予定です。
ヒマワリさんは〜英語にピアノ〜本当に
すばらしいです。
両方とも私の苦手な分野です。
やはり子供の頃から努力されたことは〜
一生の宝ものですね〜〜♪
Posted by みのり at 2008年08月06日 15:31
私も昔洋裁を習っていた時期がありました。よくドレメのスタイル本を買ってきては洋裁をしていました。でもパッチワークは習うチャンスがなかったせいか、創ったことがありません。
義理の姉が長くパッチワークをやっていて、家のなかは彼女の作品展のようです。
Posted by のばら子 at 2008年08月06日 22:18
とっても素敵な作品を沢山作られたんですね!
どれも、みのりさんのセンスと個性が光っていますねぇ~

最後のポピーの作品もパッチワークですか?
細かい部分は刺繍かしら?
Posted by プル〜ン at 2008年08月07日 07:22
のばら子さん
訪問書き込みありがとうございます。
洋裁をされていたんですね〜ドレメ〜
私も同じです。いろいろなステキなデザインの〜
洋服を作られのでしょうね〜〜♪
義理のお姉さまはパッチワークをされているとか
ステキな作品の数々なのでしょうね〜拝見したいです。
Posted by みのり at 2008年08月07日 09:14
プルーンさん
訪問書き込みありがとうございます。
パッチワークの作品〜ステキな評価をして下さりとても嬉しいです。
かなり昔の作品ですが〜1番下の作品
白い布にアップリケのように〜花をデザインして〜小花も小さな布で作っています。
本当は〜花の周りにも全体に花をデザインしています。
昔の写真でしたので忘れていました。
花の周りの白の部分に花の縫込みを入れています。
もう1度写し直しして見ますね。
いつかまたブログで紹介します。
またパッチワーク頑張ります。

Posted by みのり at 2008年08月07日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック