Top 転勤シリーズ>趣味 陶芸教室に通いはじめる

趣味 陶芸教室に通いはじめる

榛東村の生活も2年がすぎ主人は静岡県清水市に
単身赴任をして子供達との4人での生活が始まり
ました。

早朝2時間ほどの仕事をして朝子供達を学校に
送りだし家事の合い間にパッチワ−クを楽しみました。
作品もそれなりに大型の作品が増えていきました。

P2180024.bmp

玄関の白い壁には出来上がるごとにパッチワークの
作品を飾って リボン
同じ仕事の友達が時々尋ねてきて私の作品をみて
大変喜んでくれました。

P2180028.bmp

その方も同じ趣味で小物の作品をたくさん
作られていました。

家の中は出来上がるごとに作品が増えて各部屋ごとに
美術館のように展示しました。リボン

団地の公民館まつりに2点を出品しましたが
大変好評でした。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 そんな中私は昔から1度は勉強して見たいと思っていた
陶芸教室に通い始めました。

群馬〜榛名湖〜山 090.jpg

 先生は川崎市にお住まいで
”昔、父親が開業医”をされていたらしくそのあとを
アトリエに改造して教室にしていました。
先生は大学の客員教授や二科展の審査員もされて
いるかたでした。
 神奈川県川崎市にお住まいで群馬県のアトリエを行ったり
来りの生活をされていました。

 これはいいチャンスと月に2回通いはじめました。

 最初に先生の作品の素晴らしさに感激です。
先生の作品は富士山”精進湖から見た富士山”

 また月の光りを表現した作品を見せて頂きました。
展示会などに出品される作品はレベルの違う
素晴らしい作品の数々も見せて頂きました。

 私達は初心者は基礎 ねんどをよくねるところから始まります。
陶芸は簡単なようでとても難しいです。
お茶碗でも出来上がるまでかなりの時間がかかります。
形をととのえたり削ったり台をつけたりと

 次に自然乾燥させて素焼きにして
色を付けて(絵を書いたり)本焼きです。
出来上がりは自分の想像していた作品とはかなり違う
感じに仕上がります。

 時には想像以上に良く出来上がる時とあります。喫茶店
作品出来上がるのが嬉しくてつい飾ってしまいます。
今だに残っていつ作品を紹介します。

 花瓶白と茶色の作品です。

群馬〜榛名湖〜山 113.jpg

 花束の作品私のお気に入りです。

群馬〜榛名湖〜山 093.jpg

 この2点は今玄関に飾っています。

群馬〜榛名湖〜山 147.jpg

 木の葉のお皿お料理にご馳走がたまにのります。
白とグリーンの絵

群馬〜榛名湖〜山 140.jpg

 お茶碗は茶色と白たまにご飯が入ります。

群馬〜榛名湖〜山 137.jpg

 お鉢にたまに煮物が入ります。喫茶店

群馬〜榛名湖〜山 122.jpg

 どの作品もいい思い出です。
時々思い出し飾っています。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
やっとこちらに書き込みさせて頂きます。

私も、少しだけパッチワークをかじったことがあります。

社宅で、海外赴任から帰って来られた友人が先生で、ランチョンマットを作りかけ・・・

途中、先生が転勤になられてしまい、完成させずじまいになってしまいましが・・・

私も、身近な生活を楽しむ心のゆとりを失わないでいたいと思っています。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

Posted by puffy at 2008年08月10日 11:46
puffy さん
訪問書き込みありがとうございます。
転勤族なのでしょうか〜?
関西のご出身でしたね〜
パッチワーク(ランチョンマット)つくられた
〜経験がおありとか〜!
お母様の介護と忙しい毎日を過ごされているのでしょうね〜
趣味を楽しむ時間が出来るといいですね
また訪問して下さい・

Posted by みのり at 2008年08月10日 18:22
みのりさんのお宅、ご自分もおっしゃっているように、
美術館さながらですね〜。
ステキな作品たちに囲まれ、羨ましいです♪

私は恥ずかしいことに生来、不器用(&不器量)でして、
家庭科の宿題は殆ど、母に作ってもらってしまいました!

因みに母は女学校の家庭科の先生だったのですが・・・
初孫である私の娘には、常に廃物利用で可愛いものを沢山
手作りしてくれたものです。
Posted by ヒマワリ at 2008年08月11日 17:37
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。
お母様〜家庭科の先生でしたのね〜
ご両親とも教育者だったんですね

ヒマワリさんも英語を教えられて
やはり〜ご両親にしっかり教育されたのでしょうね

父が私の小学1年生の頃に亡くなりましたので片親で育ちました。
私の兄が父親がわりで
私を学校に行かせてくれましたので
〜母と兄にはとても感謝しています。

やはり子供達には父親は大切な存在です。
Posted by みのり at 2008年08月11日 20:09
パッチワーク、すごい手が込んでますね。
私の思うパッチワークは小さい四角い切れを簡単に縫いつけていつけていくだけのもの。
押し花と言い、こまかい大変なご趣味ですね。

陶芸はお迎えのおじいちゃんもされており、よくお話を聞きますが、
取っ手があったり、坪型は難しいそうですね。
花束の坪?にはたいへん驚きました。
センスの良さ、発想が素晴らしいです♪
いつか真似したいです〜
Posted by 今川ーセ at 2008年08月13日 00:28
失礼しました

壷です「壷」(汗
坪←×です(^_^;)
Posted by 今川ーゼ at 2008年08月13日 00:30
今ガーゼさん
訪問書き込みありがとうございます。
押花〜パっチワーク〜喜んでいただけて嬉しいです。

陶芸〜今はしていませんが〜なかなか難しいです。
自分のイメージと出来上がりがかなり違います。
面白くもあり〜何ができるのか〜
楽しみでもあります。
Posted by みのり at 2008年08月13日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック