Top 転勤シリーズ>清水次郎長の生家を見学

清水次郎長の生家を見学

少し話しは戻りますが群馬時代主人は清水に単身赴任を
私達は車で群馬から子供3人を乗せて清水まで  車(セダン)
長男は金沢から清水まで夏休みを家族全員で
主人の住むマンションで過ごしました。

2008、お盆〜海〜パッチワーク絵2 370.jpg

 やはり清水と言えば”清水次郎長”家族全員で見学
することにしました。
当時次郎長の生家のある近くメインストリートには

 エスパレスのキャラクター(パルくん)
オブジェとサッカーボールが道路沿いに
ひときわ目立つように置かれていました。サッカーわーい(嬉しい顔)
サッカー少年の3男は大喜びしていたのを思いだします。

mascot.gif

 私達家族はわくわくしながら
清水次郎長はどんな所で生活していたのだろう?
と期待に胸を膨らませながら古い建物が並ぶ次郎長の
生家に到着しました。

2008、お盆〜海〜パッチワーク絵2 373.jpg
次郎長の生家

 かなり大きな家を想像していたのですが 家
以外と小さなお店でした。
歴史を感じる家の中を見学中には”多分次郎長の子孫”
だと思いますが家の中を案内してくれました。
”その方の案内では次郎長は正義の人、人々を助けていた”
と話してくれました。

 私の中では”ヤクザの大親分のイメージ”です。

 多分当時は米問屋だったのかも知れません
中は薄暗く奥には井戸がありました。
清水の大親分次郎長の生家は以外にも小さな建物でした。

 次郎長の生涯に思いをつのらせながら家族で見学しました。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

  〜〜清水次郎長〜〜

2008、お盆〜海〜パッチワーク絵2 378.jpg
清水次郎長

 清水みなとの名物は、お茶の香りと男伊達。
幕末、明治維新にわたり、東海はもとより、その暴れん坊ぶりは
全国にその名を轟かせた世紀の大親分、清水の次郎長。
浪曲をはじめ、数々の時代劇、映画などによりその武勇伝も
こん日まで多くの人に語り継がれてきました。

 ここまでならばただの悪党
義理が重たい仁侠の世界で名をはせたからとはいえ、次郎長が
これだけメジャーになったのは彼の晩年の生きざまを語らずして
無いと言えます。
彼ののちの功績を見ておわかりのように、まさに転身
”人を愛し人に尽くした後半生”
これこそ御人が多くの人々に愛され評価されている由縁なのである。    
本名を山本長五郎(1820年)元旦、清水市美濃輪に生まれる。
幼きは同町内の米問屋である叔父山本次郎八の養子となり
次郎八の長五郎が転じて、人は次郎長と呼ぶようになったと
云われています。
儀父のあとを継ぎ、相場でもひと儲けして早くもその才能を表わした
若き日の次郎長であったが、二十歳のとき
ある旅の僧から二十五歳の寿命との予言を言い渡されてからは
自らの運命を呪うかのようにはみ出し、家をとびだして
侠客の道へ身を投じてゆくのであった。

 およそ喧嘩か博打に明け暮れながらも刀の腕と度胸は鍛え抜かれ〜
手のつけられない暴れん坊、森の石松や、槍の使い手怪力無双、大政
念仏唱えて人を切る法印大五郎などなど、その実に多彩な
キャラクター揃い
これらを束ねていたことからだけでも次郎長という御人に
その人望人徳と並みならぬ器量を感じざるをえません。

 次郎長の前半生〜面倒見がよく、弱きを助け強きを挫くいわば
悪役スターなれど次郎長は「大親分」彼の前半生、そこには
「義理の人 次郎長」が居た。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:08 | Comment(8) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
“人を愛し人に尽くした後半生”
そうでありたい

・・・
Posted by ごぼうの花 at 2008年08月23日 19:56
ごぼうの花さん
訪問書き込みありがとうございます。

“人を愛し人に尽くした後半生”
そうでありたい
本当にそうですね〜介護のお仕事を
されているので〜やはり〜この言葉が
目標なのでしょうね!
Posted by みのり at 2008年08月23日 20:23
この前は勘違いしちゃってて
すみませんでした〜。清水に引っ越された
のは昔のお話だったのですね。
清水といえば次郎長とサッカーと
まるちゃんですもんね。三男さん、
サッカー少年でしたらそれは憧れの地
だったでしょうね〜。
単身赴任など、大変な時期を過ごして、
今はご夫婦で仲良く旅行を楽しんで
いらっしゃるのですね。旅行記も今度
ゆっくり読ませて下さいね!
Posted by ポロン at 2008年08月23日 23:41
次郎長さんは確か明治まで生きたんですよね。
断髪した写真を見たような記憶があります。
Posted by アルバ at 2008年08月24日 00:40
次郎長親分のお話、引き込まれてしまいました。静岡県の富士山が見える素晴らしいところにお住まいだったんですね〜。
Posted by えいこ at 2008年08月24日 04:39
アルバさん
訪問書き込みありがとうございます。
”清水次郎長〜断髪した写真を見たような記憶が”
私も見て見たいです。
Posted by みのり at 2008年08月24日 11:30
ポロンさん
訪問書き込みありがとうございます。
”清水といえば次郎長とサッカーと
まるちゃんですもんね”
清水〜また機会があれば旅行にお出かけ
下さい。
転勤〜日本各地を〜歩きました。
それぞれに楽しい思い出があります。
また訪問して下さい。
Posted by みのり at 2008年08月24日 11:35
えいこ さん
訪問書き込みありがとうございます。
”次郎長親分のお話、引き込まれてしまいました”
喜んで頂けて嬉しいです。
Posted by みのり at 2008年08月24日 11:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック