Top 北海道旅行記>北海道旅行の思い出家族5人で

北海道旅行の思い出家族5人で

昨年7月 後半家族5人での北海道旅行を
楽しみました。
子供達が行けそうで行けなかった北海道でした。
次男3男は仕事の都合で一諸には行けませんでした。
出来れば家族全員で行きたい旅行でした。

今回は、2100円で海外旅行する方法!という本のおかげで飛行機代は無料になりましたわーい(嬉しい顔)

 長男夫婦は1日前に北海道に到着して札幌市内を
見学したようです。

 主人と私名古屋の大学院生の娘と中部国際空港で
待ち合わせ”飛行機
午後の飛行機で新千歳空港に向かいました。

 私が昔東京での”デザイナー時代”に良く
羽田空港から千歳空港まで飛行機を利用しました。

 新千歳空港昔とは違い広々としていてさすが
北海道を代表する国際空港です。

 空港では長男夫婦と待ち合わせをしてレンタカーで
私のふるさと帯広に向かいました。

勢田の思い出 048.jpg
山深い滝

 ナビを利用して約3時間を山越え谷を越えて見えてきました。
広々とした畑”北の国からの風景が”どこまでも
広がる平地と畑ここが日本とは思えない風景です。

摩周湖の思い出 030.jpg
北の国からの花畑

  〜十勝平野が広がります。〜
 学生時代この風景はたぶん何度も見ているはず
ひさしぶりの”故郷の夏の風景に感激”です。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 ふるさとは遠きにありて思うもの

 昔は田舎は嫌いで子供の頃はこの雄大な
風景を”すばらしい”などとは思えませんでした。
ふるさとを離れてみて新たにこのすばらしい田舎の風景に
憧れるのですから不思議です。

新しいイメージ10.JPG
生まれた家から見た〜緑色のジュータン

 夕方の7時頃姉の家に到着しました。
今日の宿泊場所姉の家にお世話になることにしました。

 姉夫婦は市内にお店を構えて自宅が郊外の静かな
住宅地に家を構えています。
静かな広々とした、落ち着いた住まいです。

 姉の家に着いてみると(写真家)の兄夫婦が私達を
待っていてくれました。
義理の姉は”剣舞”を北海道のいたるところを回り教えています。
なかなか行動的な夫婦です。

 私達は旅行もかねて私の父の
?回忌に出席するためでもありました。

 父は私が小学1年生の春に病気で亡くなりました。
病院に入院 退院を繰り返し亡くなりました。
あまり父の思い出はありません。
”ただひとつ動物園に連れていってもらいアイスクリーム
が美味しいかった思いでくらいしかありません。”

 父が入院中に母に連れられてお見舞いに
病室のべットで寝ている父の姿も思い出します。

新しいイメージ8.JPG
 昔畑だった所今はヘリの練習場に

 今回は兄弟全員が集まり?回忌ですから、法要を済ませて
兄弟で1泊の旅行を計画していました。

 久振りの兄弟との対面に長男夫婦と娘もはじめて
会う叔父、伯母達にも可愛がられて大切にしてもらいました。
この夜は”すごいご馳走にビールで乾杯”話に花が咲き〜遅くまで
宴会が続いたのも想像どうりです。

 翌日早朝から写真家の兄夫婦が、私達が生まれた家まで
懐かしい場所に案内してくれるとのことで、睡眠時間5時間
*どうしても行きたい場所、私の夢の中に何度も出てくる場所です。

 上士幌町のお寺に(浄土真宗)?回忌の前に
生まれた家があった場所へ案内してくれました。
睡眠時間を削っても行きたい場所でした。

 次回は感動的な生まれ故郷を案内します。
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:41 | Comment(12) | TrackBack(0) | 北海道旅行記


この記事へのコメント
私は生まれも育ちも鎌倉。
生まれ育った所からでもあるのでしょうが、この静かな佇まいと海と山に囲まれた自然とネオン街や赤提灯の類やラブホテルなどが無い環境がとても気に入っています。
たまたま婚家も鎌倉ですから、鎌倉から離れずに済むと喜んでいましたら夫の転勤で約20年、国内外各地を転々として鎌倉に戻っています。
20年間各地で暮らしてみてそれなりの愛着が生まれましたが、やっぱり鎌倉が好きです。
懐かしむ故郷…とは言えませんけれど。
Posted by アルバ at 2008年10月14日 15:17
アルバさん
訪問書き込みありがとうございます。

アルバさんも〜鎌倉で生まれ〜今も鎌倉に
お住いですね!
私と同じように〜転勤族〜日本各地〜海外での生活も
経験されて〜いろいろな思いでがおありなのでしょうね!

いろいろな土地での経験も楽しいのですが
やはり〜ふるさと〜生まれ故郷は別問題です。
〜ふるさとは〜遠きにありて思うも〜最高の思いでの場所ですよね!
Posted by みのり at 2008年10月14日 16:41
素晴らしい写真ばかりです! 感動!
カメラは何か聞いたはずなのに忘れてしまいましたが,カメラと腕とどちらも良いですね!
Posted by Akio at 2008年10月14日 20:10
みのりさん、帯広が故郷だったんですね。
お父様を早くに亡くされて寂しかったと思いますが、今、こうしてご家族全員が元気に揃われている様子をお父様は嬉しく思って居るでしょうね。

しかし、北海道の風景は本当に日本とは思えないですよね〜
長女が2歳になる前に、私達もレンタカーを借りて、千歳〜日高〜ふらの、、、と回りましたが、その雄大な景色は今でも忘れられません!
Posted by プル〜ン at 2008年10月14日 20:37
私も子供の頃遊んだ川や林が夢に出てきます。私は東京武蔵野市で生まれ育ちました。家の近所に川があり、夏はトンボを採ったり、魚釣りをしたり、ホタルも飛んでいて、フワフワ家の庭先に飛んできたこともありました。わたしは男勝りでガキ大将たちと遊んでいたので、よく川の中に腰までつかって水面を群れて泳いでいる稚魚を網ですくって家に持って帰ったのを思い出します。それが、今でも夢にでてくるのです。もう、その川も整備され用水路となり味気ない風景となってしまいました。
私の故郷はもう昔のおもかげもなく、寂しいかぎりです。わたしが尾瀬に毎年行きたくなるのも、むかしの自分のそだった自然に憧れがあるからかもしれません。
Posted by のばら子 at 2008年10月14日 21:08
私の初めての北海道行きは、高校の修学旅行でした。(7月)
11泊のかなり豪勢なもので、雄大な自然の素晴らしさに
圧倒されてしまったこと、よく憶えています。

阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖、網走湖・・・
それぞれ何て魅力的な湖だったこと!

あまりに北海道の魅力にとりつかれ、6年後の新婚旅行に
道南を選んでしまった程でした!(6月)

北の国からの花畑・・是非行ってみたいです〜♪
Posted by ヒマワリ at 2008年10月14日 21:27
Akio
訪問書き込みありがとうございます。

”素晴らしい写真ばかりです! 感動!”
写真褒めて下さりありがとうございます。

雄大な景色〜幼い頃過ごした思いでの
場所に行くことが出来て感動的でした。!

Posted by みのり at 2008年10月14日 22:48
プルーンさん
訪問か書き込みありがとうございます。

”北海道の風景は本当に日本とは思えないですよね〜”

プルーンさんも〜北海道旅行に行かれた
ことがあるようですね!
とても雄大な景色でいいところですよね!
Posted by みのり at 2008年10月14日 22:59
のばら子さん
訪問書き込みありがとうございます。

”家の近所に川があり、夏はトンボを採ったり、魚釣りをしたり、
ホタルも飛んでいて〜わたしは男勝りでガキ大将たちと遊んでいた。”

昔の夢を今でも見るようですね〜!
無邪気に遊んでいた子供時代が懐かしいですね〜!
Posted by みのり at 2008年10月14日 23:50
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。

北道海〜高校の就学旅行と
新婚旅行に行かれたようですね〜♪

”阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖、網走湖・・・
それぞれ何て魅力的な湖だったこと!”

北海道の湖は〜神秘的で〜とてもきれいですよね〜♪

やはり〜ふるさとの雄大な景色は最高にステキです。!
Posted by みのり at 2008年10月14日 23:58
雄大な景色ですね!
マイナスイオンが一杯♪
何にもまして生まれた地ってのが感慨深いんでしょうね。
お父様は早くにご他界されたのですねぇ。
なんだかお父様もみのりさんも、寂しいですね(σω-)
どの子も成人するまでボケないで元気におらねばと思うのですが、
なかなか難しいものなんですよね(^_^;)
頑張ろうっと・・・・
Posted by 今川ーぜ at 2008年10月15日 00:19
今川ーゼさん
訪問書き込みありがとうございます。

”雄大な景色ですね!マイナスイオンが一杯♪
何にもまして生まれた地ってのが感慨深いんでしょうね。”

生まれた場所〜なかなか行けないふるさと
に行けて感激でした。
やはり田舎の〜のどかな景色が最高です。♪
Posted by みのり at 2008年10月15日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック