Top 北海道旅行記>子供時代にタイムスリップ

子供時代にタイムスリップ

早朝に姉の家を出て懐かしい生まれ故郷に行くことが
出来ました。
北海道を離れてどのくらいの月日が、たったのだろう?
毎日心の中で描いていたふるさと

ハーブ.JPG
ふらのラベンダー畑

私の心の中は当時の幼い時代に
タイムスリップしてしまいます。
目を閉じると
決して裕福な生活ではありませんでしたが

白樺の木.JPG
白樺

自然の環境の中で見つけた子供なりの楽しい遊びを
思い出します。
近くの小川で兄妹と魚を手でつかみ取りをしてみたり 霧

山の中での遊び”大木からぶら下がるツル”をブランコに
にして遊んでみたり !リゾート

 ある時 兄弟でワラの家を作りそこで一夜をすごした
ことがありました。夜
当時はすばらしい家が出来たと、思っていましたが
たぶん すぐに壊れてしまうワラの家だっのでしょう

 秋になると”くるみの実”が自然に落ちてそれを集めて
自然に乾燥させて食べました。
落ちてすぐは、灰汁がつよく、手や口がまつ黒になってしまいます。
そのため自然に乾燥させると美味しいくるみが食べられます。
冬の保存食にもなります。

 春 雪が解けて春の草花が芽吹きはじめる頃わずかに
残る雪の間から”福寿草”が咲きはじめます。
この黄色い小さな花が大好きでした。

福寿草.JPG
福寿草

 自然の環境の中での小鳥のさえずりが
カッコ〜カッコ〜🎶
ピィ〜ピィ〜♪ チッ〜チッ〜♪
 小川のせせらぎの音が
厳しい冬が終ると嬉しい春がやってきます。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 春の楽しみは小川を下り深い山の中、少し薄暗い場所に
イラクサ アイヌねぎ ふきのとうなどを取ることが出来ます。

勢田の思い出 047.jpg
山深い谷

 ”イラクサ”たぶんはじめて聞く言葉かも知れません
とげがあるため素手で取ることは出来ません。
そのため籠と手袋が必要です。
ほんのわずかな春の楽しみです。
このイラクサをお湯でサッと湯がいて
おしたしにして食べます。
独特の風味がありとても美味しい
春の楽しみです。

 山ブキ”宮崎アニメ”トトロにも出てくるフキ
小川のいたるところにあり 大きい葉は1M以上にもなります。
 学校の帰りに突然雨がふり出すと 傘がわりにして帰ったものです。
雨リゾート

 母が今でいう お粥のような食べ物ですが
お米と麦の中に小豆 金時などの豆を入れて長い間
煮込みます。
いつも美味しいお粥が鍋にいつぱいに
入っていましたので
お弁当箱にお粥を入れて
兄弟で山に遊びに出かけます。リゾートぴかぴか(新しい)

 素朴な味で”塩味だけ”なのですが
私はこのお粥が大好きでした。
お弁当のお粥を食べてからになった
お弁当箱にたくさんの
野いちごをいれて家に持ち帰りました。

 野いちご。クマイチゴもとても甘くて
美味しいイチゴでした。 🍓

 今思うと自然の中で思い切り遊べる自然を良く観察する
こんなにすばらしい環境の中で過ごせるなんて最高の贅沢です。
この中から芸術的な感覚が身に付いたのかも知れません。

勢田の思い出 044.jpg
薄暗い山

 ”木に絡み付くツル”をみながら自然の美しさや
このツルで何か出来ないだろうか?
などと子供心に思ったものです。

 *その思いが 浜松時代には近くの山にツルを取りに行き
ツルを編みこみ籠を作りました。
自然のままの色ですから気ままに出来る芸術品です。
人間は、やはり自然の中で、のびのびとした
生活を楽しむのが一番です。

 緑を見るとほっとします。リゾートぴかぴか(新しい)

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 10:07 | Comment(16) | TrackBack(0) | 北海道旅行記


この記事へのコメント
思い出は宝です。
最近のCMで「モノより思い出」というフレーズがありますね。
私も同感です。

思い出も人との繋がりもお金で買えないものですから大事にしたいですね。

Posted by アルバ at 2008年10月16日 11:02
またも,素晴らしい写真です。ラベンダーと谷川をコピーさせていただきました。
カメラの機種は何でしたっけ?
Posted by Akio at 2008年10月16日 11:03
アルバさん
訪問書き込みありがとうございます。

”思い出は宝です。
最近のCMで「モノより思い出」というフレーズがありますね。私も同感です。”

思いで〜今振り返ると〜本当に心の中の宝ものです。
Posted by みのり at 2008年10月16日 11:22
Akioさん

訪問書き込みありがとうございます。

私の写真気に入って頂きありがとうございます。
必要でしたら〜どうぞお使い下さい。
デジカメで写しました。
パナソ二ック DMC−FX7 の機種です。
Posted by みのり at 2008年10月16日 11:30
子供の頃の遊びは
川でメダカとって遊んだり
泳いだり・・・・日が暮れるまであそんだものですね。
懐かしいなぁ〜昔がよかったと思うと
歳をとったんでしょうね♪
Posted by ゆり at 2008年10月16日 11:42
みのりさんの秀でた芸術的センス、既に幼少時代から自然に
培われたのかも知れませんね♪
素晴らしい環境のお陰で、今のみのりさんがあるのではないでしょうか!

イラクサ・・と言う言葉
私は萩原葉子(朔太郎長女)の本「イラクサの家」で知りました。
本のタイトルは難しい、見馴れない漢字で書かれてましたが・・

イラクサが食用になるなんて〜ビックリです!

お母様が作ってくださったスペシャルお粥、美味しそうですね♪
Posted by ヒマワリ at 2008年10月16日 12:20
ゆりさん
訪問書き込みありがとうございます。

”川でメダカとって遊んだり
泳いだり・・・・日が暮れるまであそんだものですね。”

そうですね〜昔は本当に楽しかったでね!
川で泳ぐ〜懐かしいですね〜!
Posted by みのり at 2008年10月16日 12:46
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。
子供時代の思い出〜喜んで頂きありがとうございます。
田舎での生活〜私の兄弟はどのように感じているのか〜知りたいです。!
兄は自然をを愛する写真家ですから〜
私と同じ感覚なのかも知れません。

”イラクサが食用になるなんて〜ビックリです!”

小説の中にも出てくるんですね〜〜!
イラクサ〜とげがあり〜問題の多い人を
描いているのでしょうか??!

私のイラクサはとげがあり〜刺さると赤くはれてしまいます。
でも”湯がいて〜おひたしにして食べると”
とても独特の風味があり〜美味しいんですよ!〜♪

Posted by みのり at 2008年10月16日 13:01

「イラクサの家」は萩原葉子の自叙伝的小説で、(何かの文学賞をとった?)
幼い頃から継母にいじめられていた、苦悩が綴られています。
Posted by ヒマワリ at 2008年10月16日 14:16
ラベンダー、白樺、山深い谷、いいね〜〜
心落ち着くよ、、それにしても、写真もすごいね、何でもできる みのりだね、すごいわ〜
坊ちゃんは、体がおもいで〜〜あははは
Posted by 坊ちゃん at 2008年10月16日 15:08
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。

”「イラクサの家」は萩原葉子の自叙伝的小説〜幼い頃から継母に
いじめられていた、苦悩が綴られています。”

いじめられた幼い日の苦悩〜!何か分かるような気がします。
それで〜イラクサの家なんですね〜作者が
経験した〜事柄が書かれているようですね!〜
機会があれば呼んで見たいと思います。
ありがとうございます。
Posted by みのり at 2008年10月16日 15:19
坊ちゃん
訪問書き込みありがとうございます。

”ラベンダー、白樺、山深い谷、いいね〜〜心落ち着くよ”

写真喜んで頂きありがとうございます。
坊ちゃんの押し花〜富士山の作品〜
お地蔵さんの作品ステキです。

日に日に〜腕が上がりますね〜〜♪
次回の作品も楽しみです。
Posted by みのり at 2008年10月16日 15:26
本当に素敵な写真ばかりですね。
谷を流れる川、マイナスイオン感じてしまいました。

くるみも自然のものが食べれるんですね。
さすが、北海道。
そんな自然の中で幼い頃を過ごす事ができたみのりさん、本当に幸せですね。
Posted by ウッドラブ at 2008年10月16日 18:56
ウットラブさん
訪問か書き込みありがとうございます。

”谷を流れる川、マイナスイオン感じてしまいました。
くるみも自然のものが食べれるんですね。
さすが、北海道”

雄大な景色に〜マイナスイオン〜
自然が豊かなところです。
子供時代は〜本当に楽しかったです。
Posted by みのり at 2008年10月16日 22:33
素晴らしい子供時代ですね!
まるでトムソーヤみたい♪
私も木の家とかにあこがれました♬
藁でも家を作って一晩過ごすなんて、子供たちが聞いたらうらやましがりそうです!
山で遊んで知ってるから山のものがわかるのですね。
私は本を片手に動植物を見たりしますがほとんどわかりません。
なので、怖いものがたくさんあるって感じです(^_^;)
山菜も下手に手を出せないので、ヨモギやこごみぐらいしかとったことないです★
Posted by 今川ーゼ at 2008年10月20日 00:58
今川ーゼさん
訪問書き込みありがとうございます。

”素晴らしい子供時代ですね!
まるでトムソーヤみたい♪
私も木の家とかにあこがれました♬
藁でも家を作って一晩過ごすなんて、子供たちが聞いたらうらやましがりそうす!”

本当ですね〜子供時代〜自然の中でおもいきり遊ぶ〜〜!
大切なことかも知れません。
私の子供時代の思い出はメルヘンチックな世界です。〜♪
Posted by みのり at 2008年10月20日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック