Top 北海道旅行記>釧路湿原 タンチョウ鶴の里へ

釧路湿原 タンチョウ鶴の里へ

霧の摩周湖 布施明の歌

霧に抱かれて静かに眠る星も見えない摩周瑚の夜 ♪

この歌を心の中で描きながらの摩周湖を見学
この歌と同じ霧に包まれた摩周湖でした。

湖.jpg
晴れの摩周湖

摩周湖 先住民アイヌの悲しい恋の物語があったのだろうか?

北道海に残るマリモの歌 霧の摩周湖
学生時代修学旅行でバスガイドさんが
”悲しい恋の歌を”たくさん歌ってくれた
のを思い出します。 ♪

どの時代も伝説として伝えられる悲しい恋の歌
今もたぶん歌われているのでしょう

私達は摩周湖に別れを告げて鶴見台タンチョウの里に
向かいました。
ラッキーならタンチョウ鶴を見ることが出来るかも知れません

10月自転車花かご 215.jpg
タンチョウ鶴の里

鶴見台に到着して記念撮影 カメラ

10月自転車花かご 217.jpg
記念撮影

タンチョウ鶴 残念ながら自然のタンチョウ鶴を見ること
は出来ませんでした。

鶴見台を後にして釧路湿原に到着しました。
湿原を上空から見れると嬉しいのですが曇りで 曇り
「釧路湿原展望台」の中を見学して
屋上にある展望台から釧路湿原を眺めてみました。目
自然豊かな湿原 晴れていて時間が許すならリゾート
釧路湿原遊歩道を(2,5K)を歩いて自然にふれることができます。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

〜〜釧路湿原〜〜

doto0996.jpg
釧路湿原展望台

釧路市の北部に広がる日本最大の湿原です。
1987年に国立公園の指定を受けている部分だけでも
2万6千haもあります。
河口流域に広がる湿原の面積は1万8千haにも及びます。
この一帯は約5000年前には海だったようですが
海岸線が徐々に後退して3000年ほど前から現在のような
地形になったといわれています。

展望台から見た釧路湿原

中心部はラムサール条約の登録湿地にも指定されました。
国の特別天然記念物のタンチョウをはじめ、湿原に生息する
野生生物は昆虫類まで含めると約2000種
ここで発見された昆虫の新種も多いといわれています。

jtba0103730a.jpg
釧路湿原

〜湿原の四季〜

春 低層湿原は20種ものスゲ類が混生して
ミズバショ、クロユリなど〜など〜次々に草花があらわれます。

夏 低層湿原はミズゴケがクッション状を呈して繁茂し
ヒメシャクナゲ エゾイソツツジなど高山植物と
呼ばれる低い木が群生してさながら湿原の
お花畑といったところです。ぴかぴか(新しい)

秋 湿原は”夏は緑””秋は黄金色にかがやき”ぴかぴか(新しい)
遠くの異国を思わせる美しさです。
タンチョウ鶴の優雅な舞 夜明けの光の中にキタキツネ
が眠い目をしておおきなあくびをする 犬
大きな羽音をたてて鳥が飛びたつ あせあせ(飛び散る汗)

冬 凍結した湖沼や河川にはところどころかがみを
おいたような、まばゆく乱反射している氷面がのぞいています。
風が雪を巻いて吹いて行ったのです。
きれいにみがきあげられたように輝いているのは
厳しい北国の自然の顔なのです。

釧路湿原を後にして釧路空港をまわり帯広に向かいます。
今日も姉の家にお世話になります。
荷物を姉の家に置いて〜夜は兄弟の子供達も交えての夕食です。
バイキング形式のお店で焼肉や、それぞれに
美味しい料理を頂きました。
楽しい夕食の時間 他のお客さまもいて
にぎやかな夕食でした。

最後に兄弟達で長兄、姉に(父親代わり〜母親代わり)の
2人に兄弟一同でありがとうの”プレゼントを渡しました。
渡すのは私と妹です。プレゼント
兄弟全員が集まる旅行は最初で最後かも知れません。
楽しい思い出ができました。

明日は早朝に起きて次の目的地
富良野に向かいます。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:54 | Comment(16) | TrackBack(0) | 北海道旅行記


この記事へのコメント
釧路湿原は行っていませんので、興味深く読ませていただきました♪

集合写真、少なくとも、みのりさんのご家族のお顔は、これ迄も
折に触れブログ内でご紹介してくださっているせいか、何となく
親しみを覚えてしまいます。皆様それぞれに素晴らしい方のようで・・
ところで、後列左端の男性、スポーツマンごときの背の高い方ですね!


バスガイドさんが歌ってくれた悲恋の「ピリカの歌?」も
私の中では、今だに忘れられない名曲です♪
Posted by ヒマワリ at 2008年10月24日 10:45
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。

写真お恥ずかしいです。
後ろの長身の子〜写真家の兄の姪の夫す。
夫婦でバスヶットをしています。
なかなかの腕前のようです。〜♪

ガイドさんの歌〜私もとても好きでした。

”バスガイドさんが歌ってくれた悲恋の「ピリカの歌?」”

どのような歌なのか〜イメージがわきませんが〜聴けば〜思い出すと思います。〜♪


Posted by みのり at 2008年10月24日 11:13
釧路湿原の道の駅に行きました。
その後は知床半島でした。

ご兄弟全員が集まり、本当に楽しい旅行になりましたね〜。
Posted by eiko at 2008年10月24日 11:40
素晴らしい旅行だね、、毎回読ませてもらってるよ、、写真とは 違って実際は広大な北海道気持ちまで変わるだろうね、、気候は冷え冷えとしても心は暖かい家族 いいね
タンチョウの里??我が家も、単調の里かも、あはははは
Posted by 坊ちゃん at 2008年10月24日 12:38
eiko さん

訪問書き込みありがとうございます。

”釧路湿原の道の駅に行きました。
その後は知床半島でした。”

釧路湿原〜道の駅〜!知床半島旅行〜楽しまれたのでしょうね!
私は行ったことはありません。
兄弟での北道海〜楽しい時間でした。

Posted by みのり at 2008年10月24日 15:07
坊ちゃん

訪問書き込みありがとうございます。
”気候は冷え冷えとしても心は暖かい家族 いいね
タンチョウの里??我が家も、単調の里かも、あはははは”

坊ちゃんの親父ギャグ〜毎回楽しく読ませていただいています。

訪問ありがとうございます。
Posted by みのり at 2008年10月24日 15:20
釧路と言えば霧の町で、色々な小説の舞台になっていますね。読んだだけで行ったように錯覚してしまいますが、行ったこと無いです。
原田康子や渡辺淳一の初期の小説。
加賀乙彦も書いてましたっけ。
Posted by アルバ at 2008年10月24日 18:02
アルバさん

訪問書き込みありがとうございます。
釧路〜”色々な小説の舞台になってす。”
読んだことがありませんが〜小説の舞台に
登場してくるんですね〜!

確かに道東は霧が多いような気がします。
晴れの日に〜摩周湖にもう1度行きたいです。
Posted by みのり at 2008年10月24日 19:41
北海道

行きそびれて1年が経過
ぁあーーやっぱり...
と今頃後悔してまーす
Posted by ごぼうの花 at 2008年10月24日 19:41
ごぼうの花さん

訪問書き込みありがとうございます。
北道海の旅〜いいですよ〜今はかなり
寒いようです。
6月から〜10月くらいがいいかも知れません。
Posted by みのり at 2008年10月24日 19:45
確かに兄弟がそろって旅行って難しいですね。
家庭も仕事もそれぞれありますからね。
でも、最後と言わず、また皆さんで集まれるといいですね♪
Posted by 今川ーゼ at 2008年10月25日 01:28
釧路湿原の景色も素晴らしいですが
何よりご兄弟そろってのご旅行が
みのりさんの日記を読んでいて
とっても素晴らしいと感じました。
Posted by プル〜ン at 2008年10月25日 10:06
北海道―――良いですねー

数年前に友人と三泊四日のバイクツーリングで回ったコースで、
どの写真を見ても思い出します。

北海道はどこの風景も素晴しくて同じ日本じゃない感じですね。
ツーリングはお盆休みだったのに、寒くて通りすがりの
ショッピングセンターで長袖の下着を買い込んだ覚えがあります。
この季節じゃ朝晩冷え込んで気候まで日本離れでしょうね。

良い温泉も沢山ありますから家族そろってゆっくり
温まってくださいね。




Posted by オクオク at 2008年10月25日 10:33
今川ーゼさん

訪問書き込みありがとうございます。

”確かに兄弟がそろって旅行って難しいですね。”

本当ですね〜兄弟での楽しい旅行ができて!
楽しい時間を過ごせました。
また集まりあえたら嬉しいです。
Posted by みのり at 2008年10月25日 20:50
プルーンさん

訪問書き込みありがとうございます。

”釧路湿原の景色も素晴らしいですが
何よりご兄弟そろってのご旅行が
とっても素晴らしいと感じました。”

ありがとうございます。
兄弟達との楽しい旅行を楽しみました。♪
Posted by っみのり at 2008年10月25日 20:54
オクオクさん

訪問書き込みありがとうございます。

北道海へ行かれたようですね!

”数年前に友人と三泊四日のバイクツーリングで回ったコースで、
どの写真を見ても思い出します。

北海道はどこの風景も素晴しくて同じ日本じゃない感じですね。”

本当ですね〜7月なのに〜寒くて〜静岡の冬のような〜寒さでした。
晴れの日には、雄大ですばらしい景色ですよね!

また晴れの日に摩周湖〜釧路湿原に旅行をして見たいです。

嬉しいメッセージありがとうございます。
Posted by みのり at 2008年10月25日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック