Top 京都旅行記>いけばな嵯峨流 大覚寺

いけばな嵯峨流 大覚寺

京都駅からバスに乗り嵐山 嵯峨野の大覚寺に
向かいます。
嵐山から紅葉しかけた美しい景色が見えてきます。
さすがに古都京都〜自然の美しさがすばらしいです。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 070.jpg
大覚寺

京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 379.jpg
紅葉したもみじ

さらに奥までバスで向かいます。
嵯峨野大覚寺に到着しました。
自然豊かなかなり奥地に大覚寺はありました。

一緒に京都旅行を楽しんでいる、”姉”どうしても
行きたいとあこがれていた”大覚寺です”。

姉は長い間いけばな嵯峨流を勉強しています。
どうしても〜ここだけは行きたいと
お花の免除など頂く時にはこの大覚寺まで出かけるそうです。
”いけばなの家元”とでも言うのでしょうか

この大覚寺には華道芸術学院 嵯峨華道専門学校などがあります。
姉の娘も1緒にいけばなを習っているようです。

大覚寺に一歩足を踏み入れると歴史あるお寺なのですが
生け花があちこちに生けられいます。
さすがいけばなの家元です。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 078.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 084.jpg
嵯峨流生け花

目を見張るほどの作品がいたるところに、
生けられてれていました。
もちろん〜写真にも納めました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 077.jpg
嵯峨流いけばな

1番嬉しそうにしていたのは姉でした。
写真をたくさん写して先生に見せなければと興奮ぎみでした。

広々としていて歴史を感じるステキな大覚寺です。
お寺の隅々まで歩きまわりました。
途中 僧侶4人が歩きながら、それぞれの場所で
お経を上げていました。
とてもめずらしい光景でした。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 132.jpg
僧侶

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

お寺の隅々まで歩きまわりふと遠くに目をやると
大沢池が見えてきました。
”かもがのどかに泳ぎまわっています。”

*源氏物語ゆかりの地でもあります。
また源氏物語にも興味がありますので
近いうちに紹介したいと思います。

京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 373.jpg京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 377.jpg
源氏物語

〜〜大覚寺〜〜

京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 370.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 068.jpg

大覚寺(だいかくじ)は、京都市右京区嵯峨にある
真言宗大覚寺派大本山の寺院。

嵯峨天皇は、都より離れた葛野の地をこよなく愛され
后との新居として嵯峨院を建立されました。
これが現在の大覚寺の前身・嵯峨離宮です。

嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院でもあります。
また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に
深い関わりをもつ寺院でもあります。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 183.jpg
紅葉

”嵯峨天皇に始まるという華道嵯峨御流を今に伝える寺でもあります。”

嵯峨天皇が嵯峨離宮庭内で手折られた菊を瓶に生けられたことに
始まる「いけばな嵯峨御流」は、伝統ある歴史と格式を持ちながら
現代感覚に即した発展を遂げ、年々隆盛の一途をたどっています。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 144.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 142.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 143.jpg
嵯峨菊

寺の境内(大沢池など)では映画やテレビ(特に時代劇)などの
撮影がよく行われているようです。



良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:25 | Comment(10) | TrackBack(0) | 京都旅行記


この記事へのコメント
私も大覚寺大好きなお寺です。
春と秋に行ってます。次は雪景色をと思いながらその機会が持てないまま今に至っています。

嵯峨野は渡月橋から徒歩で落柿舎か念仏寺までを歩くと本当に静かな佇まいを堪能できたのですが、後年訪れたらお土産物の店や屋台が並んでしまって驚きました。今はどうなのでしょう?
Posted by アルバ at 2008年11月01日 10:39
アルバさん
訪問書き込みありがとうございます。
アルバさんも〜大覚寺が好きなんですね〜♪
自然豊かな〜静かなところですね〜〜!
私も大好きです。
また〜桜の咲く春か〜冬にまた〜きたい所です。

嵐山〜昔は分かりませんが〜人が多くて
とてもにぎやかでした。
嵐山の豆腐料理〜とても美味しかったです。!
Posted by みのり at 2008年11月01日 16:09
嵯峨野はいいですよね。
前に嵯峨野へ行ったとき,天龍寺などとどちらにしようか迷った結果大覚寺を選んで,行きました。
華道のお寺とは知りませんでした。
源氏物語をよく知らないのですが,どのへんに出てくるのでしょう?
Posted by Akio at 2008年11月01日 18:23
京都はどの季節をとってもすばらしいですね。昨年は学生時代の仲間7人で時代祭りを観てきました。三千院のあたりを散策し、とても思い出深い旅となりました。今度京都を訪れるときは大覚寺にも行ってみたいとおもいます。
Posted by のばら子 at 2008年11月01日 20:58
Akio さん

訪問書き込みありがとうございます。
大覚寺〜天皇家の別荘地だったようです。
華道の家元〜嵯峨流のお花〜見事な作品が
飾られていました。
源氏物語〜もう少し調べてみます。
Posted by みのり at 2008年11月01日 21:27
のばら子さん

訪問書き込みありがとうございます。

”仲間7人で時代祭〜三千院のあたりを散策し、とても思い出深い旅となりました。 
今度は大覚寺に!”

お友達と京都旅行をされたようですね!
次回はぜひ〜大覚寺を訪問してみて下い。
心癒される〜すてきな所です。
Posted by みのり at 2008年11月01日 21:37
京都に住んでいた若い頃、チャリンコで週末の早朝に、あちこち走って観光していました
嵯峨野、嵐山、色んな所へ行きました。
今回の旅は、人力車でゆっくりと車夫さんのガイドで回りました。
Posted by eiko at 2008年11月02日 11:11
嵯峨菊という気品のあるキク、もしかしてここが発祥地なのかしら?
とふと思ってしまったのですが・・

境内に沢山咲いていたでしょうか?
Posted by ヒマワリ at 2008年11月02日 14:02
eikoさん

訪問書き込みありがとうございます。
京都時代に〜自転車で観光されたとか!
何かうらやましいです。
人力車〜いいですね〜1度乗りたいと思いながら〜乗ってはいません。
Posted by みのり at 2008年11月02日 15:07
ヒマワリさん
訪問書き込みありがとうございます。
嵯峨菊〜そうなんです。
嵯峨菊を調べると〜大沢池の菊ケ島に自生していた野菊を、
王朝の気品ある姿「天、地、人」に仕立て上げた古典菊の精華だとか。
なるほどここ大覚寺ならではの菊の花です。
一鉢に三本を立て、七五三に仕立てる。
仏教観から、人生は何事も割り切ることはできないことから
奇数を使用しているそうです。
Posted by みのり at 2008年11月02日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック