Top 京都旅行記>世界遺産 二条城

世界遺産 二条城

二条城わが子が住む堀川4条から〜歩いて約20分で
徳川家康が築城した二条城があります。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 122.jpg 
二条城

徳川家康 浜松時代から徳川初代将軍家康の歴史に
興味を持ちその土地土地での家康の歴史を調べてきました。

転勤で日本各地をまわりましたがどこにでも登場してきます。

京都にも宿泊所として建てられたと聞きとても興味を持ちました。
二条城は近いこともあり一人で見学しました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 303.jpg
元離宮 二条城

”秋紅葉のシーズン”でもあり観光客が多く駐車場には
観光バスが、かなり多くとめられています。

入館料を払い門から中に入るとすぐに菊で作られた
センスが3ヶ目につきました。
まだつぼみのようでところどころ花が咲いていますが
まだみどりの葉が多いように思います。
満開に咲くと、とても華やかなセンスが出来上がりそうです。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 300.jpg
菊のセンス


京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 307.jpg
その先に〜二条城〜世界遺産に登録の文字が目につきます。

 さらに唐門前には、満開に咲いた見事な菊が見えてきました。
菊花展です。丹精込めて育てられて大菊約470本が
唐門前に展示されていました。
丈が1メートぐらいありそうな見事な菊です。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 309.jpg
菊花展

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 唐門から中に入りますと二の丸御殿があります。
無料で中を見学出来ます。
ただし写真撮影は禁止です。
当時の生活様式 将軍の部屋 老中の部屋などを見学できました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 312.jpg
”唐門”は重要文化財に指定されています。

 さらに外に出て見ると”二の丸庭園”すばらしい日本庭園
が見えてきました。ノンビリと心癒される時間です。
外国人の姿があちこちで見られました。

  〜〜二条城の歴史〜〜

 1603年徳川家康の命により、御所の守護と将軍上洛時の
宿舎として、現在の二の丸部分が築造され、完成したとされています。
その後、三代将軍家光の時に増築され、1626年に現在の
規模になったといわれています。

 18661年に15代将軍慶喜が二条城で将軍職を継ぐが
翌慶応3年に二の丸御殿大広間において、慶喜が大政奉還を
発表したとされています。

 明治になると二条城は朝廷のものになり
現在、京都市の管理下にあります。

 二の丸御殿「大広間一の間」には

二条城.jpg
”障壁画に巨大な松”が描かれています。

 ”四の間南側襖絵の松鷹図 ”
これらは狩野探幽の代表作とされています。

  〜二の丸庭園〜

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 332.jpg
庭園

 二の丸御殿の西側にある池泉回遊式庭園です。
複雑な形をした池、大小さまざまな石組みなど独特の
風格が感じられます。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 京都旅行記


この記事へのコメント
確か二条城には武士の人形がありませんでした?
ボタンを押すと解説のテープも流れたような記憶が・・・。
お庭が良いですよね。

私は最後の将軍、慶喜がここに滞在し、鳥羽伏見の戦で幕府側が惨敗したので船で江戸へ逃げ帰る事になるわけですが、その胸中やいかにと
寒々しい思いがしました。
Posted by アルバ at 2008年11月03日 17:16
アルバさん

訪問書き込みありがとうございます。

”二条城には武士の人形がありませんでした?
ボタンを押すと解説のテープも流れたような記憶が・・・。
お庭が良いですよね。”

そうです。〜ボタンを押すと解説されす。
慶喜とお侍の人形がありました。
江戸時代にタィムスリップしたかのようでした。


Posted by みのり at 2008年11月03日 17:47
二条城はいつでも見れましたっけ?
拝観日が決まってませんでしたか?
京都に遊びに行ってもなんでか二条城と御所には行けてないんです(^_^;)

二条城はかつて東西お手切れの際、鳥居元忠が守って討ち死にしたお城で、その時の武将たちが最期を遂げた廊下などは京都のお寺で『血天井』として供養されてる&拝観できるんですよね。
一度見て見たいような怖いような(^_^;)
Posted by 今川ーゼ at 2008年11月04日 19:24
今川ーゼさん
訪問書き込みありがとうございます。
拝観日のことは、わかりませんが?
私の時は拝観出来ました。

修理中の時には〜出来ないのかも知れません。
”東西お手切れの際、鳥居元忠が守って討ち死にしたお城”

このことは分かりませんが〜?
徳川家康が京都滞在の時に使われた、お城で〜徳川家に
関係したことしか、分かりません。

そんな歴史があったんですね!
今川ーゼさんはよく勉強されていまね。!
すばらしいです。
Posted by みのり at 2008年11月04日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック