Top 京都旅行記>廣隆寺 聖徳太子が作られた最古の寺院

廣隆寺 聖徳太子が作られた最古の寺院

京都旅行 3男と近くの駅から電車にのり
映画村に向かいました。
電車を下りて映画村に向かう途中

”廣隆寺”が見えてきました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 140.jpg
廣隆寺

大きな門の前には聖徳太子と書かれています。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 142.jpg

私の頭を聖徳太子の母間人皇后のことが
ふと頭をよぎります。

聖徳太子は数々のお寺を建てたと聞いていました。
ここがそのお寺のひとつなのでは
と興味を持ち子供と2人で”廣隆寺”を見学しました。

見るからに歴史のありそうなお寺です。

門から中に入ると広い庭が見えて来ました。
紅葉しはじめたとても美しい庭です。
さらに奥まで進みますと日本庭園の紅葉も
かなり色づき、その美しいさに、つい見とれてしまいます。
お寺のあちこちを写真に納めました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 143.jpg
庭の紅葉

ここで”廣隆寺”の歴史にふれてみたいと思います。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

〜”廣隆寺”〜

603年今から1400年も前のことです。
聖徳太子建立といわれる法隆寺、四天王寺と並び
仏教が王家に認められた当時の最古とも言える寺院です。

現有の寺院がそのころのものではありません。
残念なことに何度か戦火に逢い消失しています。

”広隆寺の見所はやはり数多くの国宝・重文の仏像でしょう”

〜聖徳太子の母〜

押し花講習会6月 一信 1201.jpg
間人皇后

むかし飛鳥王朝時代欽明天皇に
玉のような 美しい皇女がお生まれになりました。
この皇女こそ後に用明天皇の后となり
聖徳太子を生んだ「間人皇后」です。

当時都では蘇我氏と物部氏の権力あらそいが
激しくなり、間人皇女は、争いをさけて
丹後半島最北端の地で過ごした時期もありました。

〜聖徳太子〜

押し花講習会6月 一信 1216.jpg
聖徳太子の像

ここで間人皇后の子 聖徳太子について少し触れてみます。
一度に何人もの人の話を聞き分けた人物とも言われています。
また聖徳太子は超能力者という人もいます。

冠位十二階や17条憲法を制定したり
数々のお寺を建てたりと歴史的にも有名です。

”聖徳太子日本の紙幣や切手などにも使われています。”

押し花講習会6月 一信 1217.jpgkouryu5.jpg
切手の聖徳太子  

聖徳太子が建てた最古とも言えるお寺を見ることが出来ました。
京都日本の歴史にふれてこの旅行中私の心の中は
平安時代に、タイムスリップしているかのようです。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京都旅行記


この記事へのコメント
みのりさん、毎日、足取りも軽く名所に出かけて、京都の秋を堪能してますね。

みのりさんのお陰で私も京都旅行をしながら歴史の勉強も楽しませてもらっています。
Posted by ぷる〜ん at 2008年11月05日 00:28
プルーンさん

訪問書き込みありがとうございます。

京都旅行〜平安時代〜優雅な時代に〜!
迷い込んだような時間です。
しばらくは〜迷い込んでいたい。
歴史に触れていたい、そんな毎日です。!
Posted by みのり at 2008年11月05日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック