Top 京都旅行記>美しい紅葉 嵐山 天龍寺

美しい紅葉 嵐山 天龍寺

京都旅行2回もこの嵐山を観光しました。
最初はバスで嵐山を観光して翌日もまた同じ場所に

先回は”渡月橋”を渡る時間がありませんでしたので
はじめて姉夫婦と渡ってみました。

京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 042.jpg
渡月橋

昨年も訪問していますから嵐山の風景は懐かしくさえ思います。
”目的地は天龍寺です。”

旅行中、2回も”嵐山”を時間をかけて、ゆっくり観光してみました。

今回は姉が”おまっ茶を飲んで見たい”とのことでしたので
竹林に入る前に小道を歩いていましたら
”おまっ茶”のお店を見つけて、入ることにしました。喫茶店ぴかぴか(新しい)
小さな京都らしい雰囲気のお店で、おまっ茶を頂きました。
美味しいお菓子におまっ茶を頂きました。喫茶店
京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 234.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 232.jpg

竹林を逆方向から入り竹林の中の道を歩き!
少し薄暗い竹林を歩いて渡りはじめるとリゾート
観光客が多く優雅に人力車に乗る人達の姿も見受け
られました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 255.jpg
竹林

竹林を抜けると”トロッコの駅”がありました。
トロッコに乗りたいと、駅まで歩いて向かいましたが
不親切な駅員の対応に乗るのをやめて
京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 291.jpg

天龍寺まで行こうと、歩いての方向に歩いていましたら
山 公園の中に、”小倉百人集の歌が彫られた石”を発見
歌が書かれた石をたくさん見かけました。
公園全体に、百人集の歌が彫られているのかも知れません。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜 297.jpg
百人集が彫れた石

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

山を越えてたどりついたのが保津川下り、おりばでした。
桂川です。

少し先には”渡月橋”が見えて来ました。
美味しい、お豆腐の店があるらしいと聞いていましたので
近くのかたに、訪ねてみましたら
天龍寺に入る、入り口近くにお店がありましたが
残念ながらお休みでしたので
近くのお豆腐のメ二ューのあるお店に入り美味しい
豆腐料理を頂きました。


その後 天龍寺の庭を見学しました。
天龍寺の庭裏門から入り庭の広さと紅葉したモミジの
美しいさには見とれてしまいます。ぴかぴか(新しい)

天龍寺 昨年は竹林に行く途中に、簡単に見学したのみでしたが
昨年とはまた違う季節と美しい庭を見ることが出来ました。
広々とした天龍寺と庭の美しさ日本庭園はとても
心がなごみます。

〜〜世界遺産(世界文化遺産)天龍寺〜〜

京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 055.jpg
天龍寺

天龍寺は1386年に足利義満により京都五山の
第一位に格付けされました。

”昔は嵐山全体が天龍寺の境内だったようです。”

後嵯峨天皇の亀山離宮があったところに、1339年、
足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓国師を開山として
創建した禅寺。

〜見所〜

京都五山の一位として栄えた名刹。
方丈裏の庭園”史跡・特別名勝”は往時の面影を今に伝えています。
嵐山、亀山を背景とした池泉回遊式庭園で、貴族文化の伝統と
禅好みの手法が溶け合い、四季折々の美しさを見せています。

京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 057.jpg京都旅行〜金閣寺〜嵐山〜龍成寺〜清水寺 063.jpg


寺は15世紀前半に最も栄えましたが、足利家の没落や
戦乱により次第に衰退したようです。
建築物は何回かの戦火のために焼失し、創建時のものは殆ど残って
いないとうことです。
1891年に滴水宜牧らが復興に努め、現在の規模になったのは
1900年頃といわれています。

嵐山 何回訪れてもこの季節ごとの、美しい風景には
感動です。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 15:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 京都旅行記


この記事へのコメント
まだまだ古都の秋、お楽しみなのですね〜♪
平安の雅な時代にタイムスリップとか・・
羨ましいですわ〜!

いつの頃でしたか、(多分今から20数年前の新緑の頃)
JR嵯峨嵐山駅で降り、野宮神社、常寂光寺、大河内山荘etc
夫と共にゆっくりと巡り、渡月橋、天龍寺までのノンビリ散策の
楽しかったこと、懐かしく思い出されます♪

今訪れたら、きっと年を重ねた分だけ、より感慨深いものになるのでは?
などと思っているのですが・・・。
足、腰が達者な内に是非、実現させたいものです!
Posted by ヒマワリ at 2008年11月06日 20:00
ヒマワリさん

訪問書き込みありがとうございます。
古都京都〜平安時代によいしれています。

”JR嵯峨嵐山駅で降り、野宮神社、常寂光寺、大河内山荘etc
夫と共にゆっくりと巡り、渡月橋、天龍寺までのノンビリ散策の
楽しかったこと、懐かしく思い出されます♪”

いいですよね〜〜私も嵯峨野〜嵐山が大好きです。

ヒマワリさんも〜もう1度ご主人と2人でお出かけ下さい。
Posted by みのり at 2008年11月06日 20:50
平家物語ファンの私としては,嵐山〜嵯峨野は,平家物語に登場する祇王や小督にゆかりの地でもあり,大好きです。美しい所ですね。
Posted by Akio at 2008年11月06日 23:48
Akio さん
訪問書き込みありがとうございます。

”平家物語ファンの私としては,嵐山〜嵯峨野は,平家物語に登場する祇王や小督にゆかりの地でもあり,大好きです。美しい所ですね。”

Akio さんは平家物語のフアンなんですね!
古都京都の旅〜平安時代に思いをつのらせることが出来る時間です。
また良い季節にお出かけ下さい。!
Posted by みのり at 2008年11月07日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック