Top 京都旅行記>映画のテーマパーク、東映太秦映画村

映画のテーマパーク、東映太秦映画村

京都旅行中、3男と電車で東映太秦映画村に向かいました。
電車に乗ると映画村の入場券と電車代がセットで2200円
電車代は無料の金額となります。

映画の撮影をしているのかもしれない
心うきうきしながら映画村に到着しました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 267.jpg

土曜日のせいか家族連れの姿があちこちで見られました。
団体客が多く
観光バスもすごい数です。

中に入るといきなり何百年もの昔の時代にタイススリップ!
したかのようです。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 155.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 161.jpg
                        籠

古都京都の旅 毎日歴史のあるお寺や神社をまわって
1千年もの昔の歴史に触れていましたので時代劇
映画村にはすんなりとなじめました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 159.jpg
日本橋

映画でおなじみの風景が見られます。
映画村のあちこちでは時代劇の衣装を着た人達に出会います。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 168.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 452.jpg

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 510.jpg

中村座では猿とび佐助を見ることが出来ました。
スリル満点の演技でした。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 483.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 181.jpg
中村座〜猿とび佐助

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

〜〜映画村〜〜

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 457.jpg

日本で初めての映画のテーマパーク

東映太秦映画村の敷地中心部であるオープンセットは
約3万6000平方メートルもあり、その中に再現されている江戸の
町並みは、時には地方の城下町や宿場町にする事もできます。
江戸の町を歩いていたかと思い裏手に出れば、そこは廻船問屋が並ぶ
船着き場であったり、吉原や、町人達が住まう長屋になっていたり。
様々な角度から、様々な場面に対応できるよう、合理的に
つくられているオープンセットです。

太秦が映画撮影所として有名になっていったのは、阪東妻三郎氏
1901年〜1933年 阪妻さん”として親しまれていた映画俳優で
俳優の田村高廣氏・正和氏・亮氏三兄弟の父としても有名です。
阪妻プロダクションが、1926年に起こした映画撮影所が始まりです。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 462.jpg京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 463.jpg
押し車

昭和10(1935)年には8ヶ所も撮影所がありました。
一時太秦は『日本のハリウッド』とも呼ばれていました。
1955年頃からテレビの普及で〜撮影所も閉鎖となっていきます。

昭和50(1975)年に東映が時代劇のオープンセットを中心とした
日本初の映画のテーマパークを『東映太秦映画村』として
オープンさせ、沈んでいた映画の街に活気を呼び戻しました。

京都旅行〜大覚寺〜嵐山〜竹林〜銀閣寺〜2 475.jpg

映画村”昔の懐かしい映画”時代劇を思い起こさせます。
現在は、水戸黄門がたぶんこの映画むらでも撮影されているの
かも知れません。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 10:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | 京都旅行記


この記事へのコメント
京都旅行の日記って 修学旅行気分で読ませてもらったよ、、いろいろ思いでが蘇る なんかもう一度行きたくなるよ、
若いことの視線と今の視線の違いもちょっと感じたし、、すばらしい、日記ありがとう〜〜
Posted by 坊ちゃん at 2008年11月08日 11:24
坊ちゃん

訪問書き込みありがとうぷございます。

”若いころの視線と今の視線の違いもちょっと感じ”

確かにそうですね〜京都の歴史〜若い頃には〜あまり興味が
ありませんでしたがこの年齢になり
日本の伝統〜芸術〜日本庭園のすばらしさ!
それに時代劇も〜懐かしく見ることが出来ました。
楽しい古都京都の旅です。
Posted by みのり at 2008年11月08日 12:54
太秦映画村には入った事がありません。
残念だな〜。又いつかの機会に。
Posted by eiko at 2008年11月08日 23:37
eikoさん

訪問書き込みありがとうございます。

”太秦映画村には入った事がありません。
残念だな〜。又いつかの機会に。”

また日本に帰国しましたら〜是非映画村に
お出かけ下さい。
Posted by みのり at 2008年11月09日 10:58
映画村の記事,面白く読みました。写真に出ていた「押し車」は,「引いて」使うもの。「大八車」ともいいます。鉄のタイヤだもので,舗装道路を引いてあるくと,ガラガラうるさい音がします。今ではそれもなつかしいかも。
Posted by オゥノ ミチオ at 2012年05月08日 11:26
オゥノ ミチオ さん

訪問ありがとうございます。

”「押し車」は,「引いて」使うもの。「大八車」ともいいます。鉄のタイヤだもので,舗装道路を引いてあるくと,ガラガラうるさい音がします。”

大八車と言うんですね〜〜♪
ありがとうございます。
また訪問して下さいね〜〜♪
Posted by みのり at 2012年05月08日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック