Top 沖縄旅行記> 喜屋武岬「バンザイクリフ」

喜屋武岬「バンザイクリフ」

ひめゆりの塔 まわりの民芸品店には
たくさんのシーサーが売られていました。
シーサー沖縄の家の屋根などに良く見られます。
”魔よけ”を表してしているようです。

ひめゆりの塔を後にして私達は夕方になりましたが

喜屋武岬に向かいます。 車(RV)
ナビに案内されて〜サトウキビ畑〜を通り過ぎて リゾート
時間にして40分くらい山の中を走り続けました。
まわりはもう薄暗い時間帯になりました。

P1050101.JPG
夕方の時間帯

ようやく喜屋武岬に到着しました。

IMG_0206.JPG
喜屋武岬


戦争の爪跡 特に悲惨な場所でもあります。
この場所でどんな悲惨な状態であったろう?
想像するだけで怖くなります。

とても”霊感の強い私は”薄暗い時間帯でもあり
当時の人々の悲惨な叫びが聞こえてくるような、気さえしてきます。
ひめゆりの塔から、なぜか落ち着きません

喜屋武岬から下の岸壁を眺めてみました。
追い詰められた人々はこの場所はら身を投げたようです。
多くの人達の悲しい叫び
この場所は民間人軍人など1万人の人達が身を投げた
場所とも言われています。

この美しい場所にこんなにも、悲しい悲惨な歴史があるなんて
改めて人々の命の大切さを、身に沁みて感じます。
住民たちが身を投げた断崖は10メートル以上もあります。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

〜「平和の塔」〜

P1050095.JPG
平和の塔

1952年、地元の住民によって、犠牲になった住民、軍人合わせて
1万人の霊を弔う「平和の塔」が建てられましたが
その後1970年に沖縄遺族連合会によって
「善戦空しく玉砕した将兵や、戦闘に協力散華せる
            住民の遺烈を伝う」(碑文)
新しくこの碑が建てられました 。


〜〜 喜屋武岬〜〜

沖縄県糸満市喜屋武 戦争の悲惨さを私達に伝えてくれる、
沖縄本島南部地域一帯、通称「南部戦跡」

その中でも、特に悲劇の場とされている場所がある。
「喜屋武(きゃん)岬」

沖縄本島の最南端に位置する喜屋武岬、その先には
紺碧の海が広がっています。
その手前は風と波で削られた険しい断崖絶壁です。
沖縄戦の最期、この美しい海はアメリカの軍艦で埋め尽くされました。

そして米軍に追いつめられた住民や兵士は、ここで行き場を失い
この断崖から次々と身を投げ、海は一面血に染まったといわれます。
硫黄島やサイパン島に続く”「バンザイ・クリフ」”が
ここにもありました。
「死して虜囚の辱めを受けず」という軍国思想による悲劇でした。

喜屋武岬 沖縄でも特に悲惨で悲しい場所でした。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 10:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄旅行記


この記事へのコメント
喜屋武(きゃん)と読むんですよね
沖縄は地名が名字になってて
喜屋武さんいらっしゃいますよ。
でも・・・沖縄って人いないでしようね

ひめゆりも夏に行っても心がひんやりしてきます。写真も見れないです。

さて次の観光地は・・・北へ向かってるのでしようか・・・
Posted by ゆり at 2008年11月28日 11:50
ゆりさん

訪問書き込みありがとうございます。
沖縄の地名が〜名字になっているとか!
それで〜変わった名字が多いんですね!

”ひめゆりも夏に行っても心がひんやりしてきます。”

分かるような気がします。
この場所で多くの人達の命が奪われたのですから!
本当に沖縄は〜戦争の悲しい〜歴史が残っているんですね!
Posted by みのり at 2008年11月28日 15:29
バンザイクリフから子供を抱いて飛びこんだ母親の映像が残っていますね。アメリカ兵が撮影したもので、
その映像を見て「自分の母と弟だ」と名乗り出た人が居ます。
直前まで一緒に洞窟に潜んでいてアメリカ軍の攻撃で逃げ惑い、母親とはぐれてしまって生き残った男性でした。
戦争の悲劇は広島も長崎も沖縄も
東京や大阪でもあらゆる場所で起きました。
心が痛みます。
Posted by アルバ at 2008年11月28日 22:00
みのりさんの霊感にいまだに訴えかけてくるのですか。悲惨な目に遭ったのですね。
そういえば,先日,地裁,高裁の判決で,住民の自決に日本軍が関与したことが認定されましたね。
Posted by Akio at 2008年11月28日 23:25
アルバさん

訪問書き込みありがとうございます。

”バンザイクリフから子供を抱いて飛びこんだ母親の映像が残っていますね。
アメリカ兵が撮影したものです。”

本当にかわいそうで〜!悲惨な事件でしたね!〜母親とはぐれて生き残った
子供の証言〜〜!本当に戦争は〜〜心が痛みます。!
Posted by みのり at 2008年11月29日 16:11
Akio さん

訪問書き込みありがとうございます。

”先日,地裁,高裁の判決で,住民の自決に日本軍が関与したことが認定されましたね。”

そうでしたね〜〜!
私は法律にかんしては〜あまり詳しくありませんが!
やはり日本軍が関与していたんですね!

Posted by みのり at 2008年11月29日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック