Top 私の趣味>押し花額 小鳥の音楽会

押し花額 小鳥の音楽会

今朝は室内気温8℃
庭に出ても、そう寒くは感じません

庭には、毎日のように、小鳥が飛んできます。
木の枝にとまり、ピーピー チュン チュン 🐦 🎶
時には、大きな鳥がキィーキィー甲高い
泣き声が聞こえてくる日もあります。

 小鳥の鳴き声、とてもリズミカルで、音楽に聞こえてくるの
ですから、不思議です。

とても癒される小鳥の泣き声です。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

〜〜押し花額入り〜〜

2009国際キルト展 232.jpg
小鳥の音楽会

 昨日に続き 作品を紹介しています。
押し花作品展で、もっとも評判の良かった作品です。

 インストラクターの試験に向けて準備していた
頃の作品です。

”小鳥の音楽会” 子供達がヤマハの幼児科で
音楽の勉強を始めた頃を想像しながら、作りあげました。

 音楽の基礎、歌ったり、エレクトーンを弾いたり
いろいろな楽器を使い、アンサンブルをしたり
先生が弾く、音を耳で聞いて当てる 🎶
そんな勉強をしていた、時代を思い出しながら
作りました。

 小鳥は つくしのガクやラグラスヘリクリサムを使い
1羽1羽作りあげました。
山はクレパスを使い、空の雰囲気を表現しています。

 木の枝に、クズのツルを使いました。
枝に小鳥達がとまり
ピ〜ピ〜 チュンチュン ♪♪るんるん

2009国際キルト展 229.jpg
小鳥の音楽会のはじまりです。

 どこからともなく、小鳥のさえずりに誘われて
小鳥が飛んできます。
のどかな風景に、作品の手前には、野原を

 アジアンタム、アスパラの葉、カワラハハコ草
野草、バーベナ
などを使い、野原を表現しています。

 素朴で、自由に飛びかう、小鳥達 ♪
私の思い出の作品です。 🐦🎶

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:50 | Comment(8) | TrackBack(0) | 私の趣味


この記事へのコメント
これも素敵な作品だね、ちょっとアイデア真似したいよ〜〜ん
いつか小鳥に挑戦してみよう〜〜っと
今年は、富士山に音楽をテーマにしていくつか作りたい、
Posted by 坊ちゃん at 2009年01月26日 12:58
坊ちゃん

訪問書き込みありがとうございます。
作品喜んで頂けて嬉しいです。

押し花の作品、富士山に音楽に小鳥もいいですね〜〜♪

楽しみにしています。!
Posted by みのり at 2009年01月26日 15:44
湖畔の宿といい、この小鳥の音楽界といい、
どちらも自然の営みを素晴らしい感性で表現していらっしゃって感心します〜
美しいものに、心が安らぎますね。。。
Posted by ぷるーん at 2009年01月26日 21:27
またまた素晴らしい作品のアップ、嬉しいです〜♪

バーベナの赤が、なかなか効いてますね!

いつも愚痴ばかりでお恥ずかしいのですが、
父が今度は転倒して頭を打ってしまって・・

いよいよ同居してあげなくてはダメかな〜?って
私は頭が痛くなりそう!!
Posted by ヒマワリ at 2009年01月26日 21:31
プルーンさん

訪問書き込みありがとうございます。
押し花額入り喜んで頂けて嬉しいです。

小鳥可愛いでしょう〜〜♪
昔の作品です。
Posted by みのり at 2009年01月26日 22:10
ヒマワリさん

訪問書き込みありがとうございます。
押し花の作品喜んで頂けてうれしです。

お父様転倒されたとか、大丈夫ですか?
ヒマワリさんも、お体が悪いのに
介護は大変ですね!

どうすることも出来なくなれば、入院されるのも必要かも知れませんね!

大変な毎日ですが、お体大切になさって下さいね!
Posted by みのり at 2009年01月26日 22:19
富士山、野草のイメージもさることながら
小鳥達の楽しそうな音楽隊〜、
とっても動きがあって、口ばしのところなどどの様に工夫されたのでしょう
Posted by eiko at 2009年01月26日 22:43
eiko さん

訪問書き込みありがとうございます。
押し花額入り喜んで頂けて嬉しいィです。


”とっても動きがあって、口ばしのところなどどの様に工夫されたのでしょう”

つくしのハカマのところを使い、くちばし
を表現しました。
小さな、小鳥でしたので、作るのも大変でた。
Posted by みのり at 2009年01月26日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック