Top タイ長期滞在記2>パタヤ”サンクチュアリ・オブ・トゥルース”

パタヤ”サンクチュアリ・オブ・トゥルース”

タイ旅行も後半に入り、今バンコクに滞在しています。
マイミクさん、パタヤ在住のKさんに会いに家族で
早朝5時に起きて、タクシーでバスターミナルへ向かいました。

パタヤ行きの7時発のバスで出発の予定です。
入り口では、パタヤ行きの呼び込みが!
私達はバンコクからバスに乗り“北パタヤバスターミナルで”
Kさんと待ち合わせをしています。
誘われるままに、パタヤ行きのバスにのり、約2時間で到着の
はずが、30分ほどで遅れて到着 ?!

パタヤ 017.jpg
乗って来たバス

バスターミナル??
パタヤの街の近くで下ろされました。
聞いてみたらバスターミナルは向こうにあるとのこと???

パタヤ 018.jpg
下ろされたパタヤ市内

歩いてもそれらしきものはありません“北パタヤバスターミナル”で
Kさんと待ち合わせをしています。

下ろされた場所は目的地からほど遠いパタヤ市内です。
しばらく歩き、セブンイレブンで場所を尋ねて、Kさんに電話をして
近くのマーケットまで迎えて来て頂きました。

はじめてお会いするKさん、もう3年もタイに滞在されています。
タイ語もペラペラ、タイの土地にすかり、溶け込んでいて
とても若々しくお美しい方です。

*Kさんいわく、バスの件はタイでは良くあることだそうです。
私達外国人にも分かりやすい説明をしてほしいものです。

それでも、Kさんに会うことが出来たのですから
ひと安心です。

Kさんはハイヤーを1日貸切で用意して下さり、
観光案内をして頂きました。
地元の人にしか知りえない、穴場の観光地を案内して頂きました。

最初に案内していただいたのが

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

〜〜サンクチュアリ・オブ・トゥルース〜〜

パタヤ 330.jpg

タイの サグラダファミリア と呼ばれている パタヤ市街から程近い
海岸線沿いにそびえ立つ木造の巨大な寺院
それが“サンクチュアリ・オブ・トゥルース”です。
ウィリア保険など数多くの会社のオーナーである大富豪のレック・ウィリヤパン氏が
私財を投じて建設を進めるこの寺院は、屋根、壁面、そして内部の一面に
宗教彫刻が施されています。

パタヤ 058.jpg
宗教彫刻

約100メートルの幅と高さを持つ、十字型の巨大な木造建築物です。
建設が始まったのは1981年8月だそうですが、外観と内部の一面に複雑な
宗教彫刻を施すため、24年の月日と100億バーツ(約270億円)の巨費を費や
していますが、27年目の今も完成に至ってはいません。

入り口で500バーツを払い中に入ります。

パタヤ 110.jpg
入り口

早速馬車で移動します。
乗り始めて1分ほどで下ろされて、象のいる場所に到着。
私達は象乗りは以前に経験がありますのでパスしました。

次に案内されたのは、見事なタイの サグラダファミリアとも言われている
巨大な寺院それが“サンクチュアリ・オブ・トゥルース”です。

見事な芸術的な宗教彫刻に、圧倒されます。

パタヤ 256.jpg
宗教彫刻

第一印象、何千年も昔に作られた歴史ある芸術的、寺院に見えてきます。
それが今から27年前から作り初めて、いまだに完成していません。
今だに 工事中ですが寺院の中に案内されました。
世界中の宗教彫刻像がビッシリと、見事な芸術作品です。

何処を見ても何千年も前に作られた歴史ある像に見えます。
大黒柱は600年前の古い大木が使われています。

彫刻作品は、何百年も前の古い木が使われているようです。
そのため、何千年も前に作られた 歴史ある宗教像に見えてきます。
この寺院に登場する、宗教は、タイ、カンボジア、インド、中国の古い宗教彫刻が
壁一面にびっしり組み込まれています。

パタヤ 049.jpg
宗教彫刻

仏教だけでなく、ヒンドゥ教など各国の土着の宗教彫刻も飾られています。
このミックスがかつて体験したことのない“異世界”を感じさせてくれます。
27年の今も作り続けています。

帰り際、寺院の中で彫刻を彫る多くの人たちを見かけました。
この細かい彫刻を年齢もさまざまな人達により彫られていました。
私には、とても興味を持つ場所でした。

パタヤ 093.jpg
彫刻を彫っています。

その後はイルカのショーに
タイの民族衣装を着た舞踊に

パタヤ 285.jpg
タイ舞踊

タイ式キックボクシングのショーを見ることが出来ました。

パタヤ 293.jpg
タイ式キックボクシング

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 15:02 | Comment(12) | TrackBack(0) | タイ長期滞在記2


この記事へのコメント
現地在住の方に案内していただけるのは良かったですね。

タイに限らず、公共の交通機関でさえ日本のようにきちんとしていない国が殆どみたいです。
時間にルーズと言うのかのんびりしてると言うのか??
日本でも沖縄の方は待ち合わせで1時間ぐらいの遅れはお互い何とも思わないらしい。

Posted by アルバ at 2009年03月10日 16:48
マイミクさんとの劇的(?)なご対面!
そしてその後の心強いご案内・・
タイ旅行もいよいよ佳境に入ったようですね♪

アルバさんも書かれているように、日本の交通機関は滅多に
乱れませんものね〜。
そもそも日本人の気質は几帳面ですし。。

確かに沖縄では時間がゆったりと流れていて(沖縄タイム)
せっかちな私は、よく笑われています。
Posted by ヒマワリ at 2009年03月10日 17:51
アルバさん

訪問書き込みありがとうございます。

”タイに限らず、公共の交通機関でさえ日本のようにきちんとしていない国が殆どみたいです”

そうなんですね、日本は時間も正確ですし
交通道徳も厳しいですからね!

沖縄や5島列島など、島はのんびりとしているかもしれませんね!
Posted by みのり at 2009年03月10日 17:54
ヒマワリさん

訪問書き込みありがとうございます。
日本人は確かに几帳面なのかもしれませんね

食べ物に関しても清潔ですし、外国にいると
日本の生活と比較してしまいます。

タイでの生活掃除、食事の用意もしないで
ある意味優雅ですよね!
Posted by みのり at 2009年03月10日 18:00
現地在住のお友達に、素晴らしい所を案内してもらえてラッキーでしたね!
この寺院は後何年位したら完成なのかしら?時がゆっくりと流れている感じが伝わってきますね〜
Posted by プルーン at 2009年03月10日 20:07
私財で寺院建築中、27年間を過ぎても未だ完成に至らない、荘厳な建物なんですね。
首都バンコックからと言ってもバスで2時間かなり遠いのですね〜。
でも無事にマイミクさんにお会いできて安心しました。
Posted by eiko at 2009年03月10日 22:50
プレーンさん

訪問書き込みありがとうございます。
タイパタヤ在住のマイミクさんに会えました。
プルーンさんに続いて、2人にお会いしました。
世界中にマイミクさんが出来ると嬉しいですよね!

タイのサクラダファミリアはまだまだ作り
続けるようです。!
古い木で作られた宗教彫刻は素晴らしい
芸術作品です。
Posted by みのり at 2009年03月10日 22:59
eikoさん


訪問書き込みありがとうございます。

”私財で寺院建築中、27年間を過ぎても未だ完成に至らない”

27年、今も作り続けています。
素晴らしい彫刻作品です。
Posted by みのり at 2009年03月10日 23:24
サンクチュアリー オブ トゥルース の解説は素晴らしいですね。
英語とタイ語のパンフレットだけで日本語のがありませんでしたね。日本語用にはみのりさんの推薦したいと思います。
Posted by カナリーベイ at 2009年03月10日 23:33
素敵な建造物ですね。
とっても精巧で素晴らしいですね。
タイにもこんな建物があるとは、感動しました。

バスには驚かれた事でしょうね。
お体に気をつけて、滞在を楽しんで下さいね。
Posted by ウッドラブ at 2009年03月11日 07:05
カナリーペイさん

訪問書き込みありがとうございます。

”サンクチュアリー オブ トゥルース”
の内容褒めていただきありがとうございます。
宗教彫刻の像、芸術的で素晴らしい作品です。
これが27年前に作られたとは、思えません
素晴らしい穴場!
観光地を案内して頂きありがとうございました。
Posted by みのり at 2009年03月11日 13:55
ウットラブさん

訪問書き込みありがとうございます。

”素敵な建造物ですね。
とっても精巧で素晴らしいですね。
タイにもこんな建物があるとは、感動しました。”

本当に素晴らしい寺院です。
27年前から立てはじめられたとは
思えません。
何千年も前に立てられた寺院に見えてきます。
Posted by みのり at 2009年03月11日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック