Top 百人一首>和風画 陽成院の和歌

和風画 陽成院の和歌

外の気温 25℃ 室内気温 28℃ 晴れ

 空には薄い雲が浮かんでいます。
台風も日本海に移動したのかもしれません

 蝉の激しい鳴き声が聞こえてきます。
最近は優しい小鳥のさえずりも蝉の
大会唱に消されているようです。

 風がピンク色に美しく咲いた
ムクゲの花を揺らしています。
 ゴーヤのくるくるまいた繊細なツルも
風に揺れています。

 真夏の厳しい暑さになりそうです。
ゴーヤの実も20ヶほどになり 
大きな実から収穫しています。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風画 陽成院の和歌〜〜

陽成院 額.jpg
陽成院と和歌

今日は百人一首
第13番
陽成院(ようぜいいん)

つくばねの 峰よりおつる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

つくばねの みねよりおつる みなのかわ こいぞつもりて ふちとなりぬる

意味
 茨城県にある筑波山の峰から流れ落ちる川には、「みな」(タニシのような小さい貝類のこと)
が住むような泥が積もって深い淵(水が深くて澱んでいるところ)ができているでしょう。
わたしのあなたを恋しく思う気持ちも、積もり積もって深い深い淵をつくってしまいましたよ。

陽成院.jpg
陽成院と和歌

鑑賞  
 妃のひとりである綏子内親王(すいし/やすこないしんのう)へ贈った和歌です。
山から滲み出した水が集まり、誰に知られることなく清流となって流れていく
 そんな川の流れに自分の恋心をたとえています。
恋が叶うまでの気持ちを切なく詠った和歌です。

 恋心はどの時代も同じで”清らかな水”に例えて詠んだ和歌のようです。
清らかな心は一生持ち続けたいものです。

作者
 陽成院は、陽成天皇(ようぜいてんのう)という、いまから1100年ほど前の天皇です。
「院」とは、位を退いた後の呼び名です。
17歳のときに病のために天皇位を降り、82歳で亡くなりました。

この恋がかない 生涯愛し続けてほしいと願うばかりです。?

 *最近は 天皇や男性の絵にも少しなれてきました。
僧侶はまだ描けませんが 挑戦したと思います。

*毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングの応援 宜しくお願いします。 今日は何位?! 
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:28 | Comment(12) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
おはようございます

なかなかのイケメン・・草食系かしら^^
みのりさん、お上手ですね。
努力家のみのりさんらしく、腕をあげていますね。
 
恋心は昔も今も変わりはないのですね。
>この恋がかない 生涯愛し続けてほしいと願うばかりです。?
理想ですが、難しいですね^^;
Posted by 風香 at 2015年07月25日 10:53
 この種のブログを書くと、wikpediaとかを写して
コメントしてくる人がいます。それを指摘すると、
激怒してそれが何で悪いのかと居直ります。

 しかし、被害を何度も受けた私は、wikiを利用する
ことはありません。

 余計な横道でしたが、陽成帝は関白藤原基経に
17歳で廃位され、後を襲ったのが高年の光孝天皇、
陽成院はその娘を妃にした歌と記憶しています。
Posted by 槐樹 at 2015年07月25日 11:02
風香さん

 早々にコメントありがとうございます。
この時代の食事は草食系が多いように
思いいます。

 若しい天皇を描いてみました。
平安時代は肉を食べるのはたぶんキジとか
鳥肉だったのではと思います。

 生涯愛することは難しいかもしれないですね
Posted by みのり at 2015年07月25日 11:22
槐樹さん

 コメントありがとうございます。
wikpediaでの被害を受けたことが
何回かあったようですね
ブログも書れているとか

私は素人のブログで気ままに書いています。

 陽成帝は光孝天皇の娘を妃にしたようですね
この時代は恋愛も自由に出来たのでしょうか?

 光孝天皇は少し前に描きました。
詳しい歴史は私にはわかりませんので
教えて頂けると助かります。
Posted by みのり at 2015年07月25日 11:37
男性の画の方が描きづらいものですか
微妙にそれぞれ顔も違うでしょうから大変ですね
絵も素敵ですが 書の方も素敵です
Posted by のびた at 2015年07月25日 16:57
のびたさん

 コメントありあとうございます。
和風画に書も褒めて下さりうれしいです。

最初は絵も行書もかなり下手でしたが
最近少し慣れてきたようです。

 またコメントを書いて下さると
うれしいです。
Posted by みのり at 2015年07月25日 17:26
こんばんは、
陽成院の和歌、やはり恋の歌なんですね。

こんなに一生懸命な恋心をきけば、女性も幸せな気持ちになるでしょうね。

みのりさんの描く男性も、どこかかわいらしい表情に見えます。

涼しい信州に旅行してきたので、今日はとても暑かったです。
Posted by くにちゃん at 2015年07月25日 21:48
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
”陽成院の和歌、やはり恋の歌”
百人一首は恋の歌が多いようです。
 言われてみたいですね

 長野に旅行に行かれたようですね
いかがでしたか?
自然が美しかったでしょうね
またお話を聞かせて下さい
Posted by みのり at 2015年07月25日 23:25
おはようございます、
雨も上がって連日の暑さ如何ですか。

子供の頃カルタをやりましたが、田舎のカルタは下の句を読んで、下の句の書かれた木札を取っておりました。
Posted by EKH at 2015年07月26日 06:10
EKHさん

コメントありがとうございます。

かるた 北海道では下の句で
板に句が書かれていましたね
私も子供時代 お正月に
家族で楽しんだ思い出があります。
Posted by みのり at 2015年07月26日 06:36
私も男性、イケメンだなぁ〜と思いつつ眺めていました。

絵も行書もとっても素晴らしいです。
こうして描けるって凄いことですね。

台風の行方が気になります。
Posted by そよかぜ at 2015年07月26日 20:15
そよかぜさん

 コメントありがとうございます。
天皇の和風画喜んで下さりうれしいです。
何とか描いています。
行書も勉強中です。

台風の影響があるんですか?
気を付けて下さいね
Posted by みのり at 2015年07月26日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック