Top 百人一首>美人和風画 小式部内侍と和歌

美人和風画 小式部内侍と和歌

外の気温25℃ 室内気温 26℃ 晴れ
空には白い雲が浮かんでいます。

 雨の降らない毎日庭の植物も水を欲しがり
朝夕の水やりではたりないようです。
自然の雨を待つ毎日です。

 蝉の賑やかな鳴き声で目がさめました。
庭にはセイロンの白い花や百合
今朝もピンクの色鮮やかなハイビスカスが
2ヶ咲いて庭を華やかに飾ってくれます。

 今日も暑い1日になりそうです。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜美人和風画 小式部内侍と和歌〜〜

 昨夜は仕事から帰り庭の水やりや家事を
簡単に済ませて 主人は仕事のため9時頃の帰宅
私は空いた時間を”美人和風画の色塗”に

お盆も近く子供達の帰省の準備もしながら
の色塗です。

小式部.jpg
小式部内侍と和歌

第60番
小式部内侍(こしきぶのないし)

  大江山 いく野の道の 遠ければ
         まだふみもみず 天の橋立

 おおえやま いくののみちの とおければ 
         まだふみもみず あまのはしだて

               『金葉集』雑上・550

意味 
 大江山を越え、生野を通る丹後への道は遠すぎて
まだ天橋立の地を踏んだこともありませんし
母からの手紙も見てはいません

 *内侍は和泉式部の娘 幼いときから天才的な歌才を見せた人ですが
あまりに歌の出来がいいので、母の和泉式部の代作だろうと思われていました。

kosikibu.jpg
小式部内侍と和歌
 
作者
 小式部内侍(こしきぶのないし。1000?〜1025)。
橘道貞(たちばなのみちさだ)の娘で、母親は和泉式部
 「和泉式部日記」で有名です。百人一首56番に収載
 一条天皇の中宮彰子(しょうし)に仕えました。
幼少時から才気を謳われ、この歌をめぐる定頼とのエピソードは
非常に有名で、多くの説話集に収められています。
若くして逝去しました。

 *「天の橋立」は、日本三景のひとつに数えられる名勝です。
現在の京都府宮津市の宮津湾にあり、3.3キロにも及ぶ細長い松林が
湾を塞いで伸びています。
この姿から、イザナギノミコトが天にかけた梯子が倒れたとの伝説を生み
平安期から幾多の文人達が訪れました。
 天橋立を望む笠松公園は、両足を広げて股の間から覗く
「股のぞき」の場所として有名です。

 *夫の実家が舞鶴市ですので天の橋立は何回か訪れました。
(転勤時代に5年ほど住んでいました。)
高台から望む松林はとても美しく平安時代から 多くの
人達が和歌を読んだり 多くの伝説も伝わっているようです。
丹後半島はひっそりと暮らした人達「小野小町や細川ガラシャ」などの
歴史も読むことが出来ます。

 今日は小式部内侍と和歌を紹介しました。

毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングに応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
天の橋立、まだ行ってません。
行きたいなぁ♪
Posted by きらり at 2015年08月10日 15:01
天の橋立は何度も行きましたよ
添乗が殆どでしたが 一人旅でも行きました
そして舞鶴は市街散歩と記念館へも行きました
先日 テレビで引退した 二葉百合子さんが一日だけ復活して 岸壁の母を歌っていました
80何歳かだのに 素晴らしい声量でした
Posted by のびた at 2015年08月10日 15:59
きらりさん

 コメントありがとうございます。
天の橋立機会がありましたらお出かけ
下さい
素敵なところですよ
Posted by みのり at 2015年08月10日 19:25
のびたさん

 訪問ありがとうございます。
添乗員として天の橋立まで行かれたとか

舞鶴の引き上げ公園も行かれたようですね
私も行きました。
 二葉百合子の歌 我が子を思う
母の愛が感じられます。
Posted by みのり at 2015年08月10日 19:41
私も天の橋立は行ったことありません。
京都に行きたいと思いつつも、なかなか行けません。

この和歌と↓の和歌は知っていたので嬉しいです。

幼い時から天才的な歌才、素晴らしいですね。

お盆、子供さんの帰省が楽しみですね。
Posted by そよかぜ at 2015年08月10日 19:54
そよかぜさん

 コメントありがとうございます。
天の橋立素敵なところです。
一度お出かけ下さいね

この和歌 ご存じだとか歌にも優れて
いたようです。
若くして亡くなったようです。

 お盆は子供達が帰省します。
Posted by みのり at 2015年08月10日 20:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック