Top 百人一首>和風画 藤原敏行朝臣と和歌

和風画 藤原敏行朝臣と和歌

外の気温23℃ 室内気温26℃ 曇り

 吹き抜ける風が寒く感じます。
今朝はキッチンからブログを書いています。
少し赤く色付いた紅葉 金木犀の木の葉も
強風にあおられています。
昨日までの猛暑が嘘のような今朝の気温です。

 昨日は猛暑で頭がくらくらしそうな暑さでした。
仕事から帰り庭の水やりをして そのまま
体調もいまいちでしたので 家事を済ませて
かなり早めに睡眠に おかげで今朝は
体調も良く 元気な1日が過ごせそうです。

 *今朝の庭にがピンクのハイビスカスが2りん
色鮮やかに咲いています。

 過ごしやすい一日になりそうです。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風画 藤原敏行朝臣と和歌〜〜

藤原敏行朝臣.jpg
藤原敏行朝臣と和歌

 先日の仕事の休みに描いた和風画です。
平安時代の男性を描くのが苦手でしたが
最近は慣れてきました。

 平安時代の貴族の衣装は男性も
華やかで人形のように座る姿に気品さえ感じます。

 十八番
 藤原敏行朝臣

   住の江の 岸による波 よるさへや
           夢の通ひ路 人目よくらむ

   すみのえの きしによるなみ よるさえや 
           ゆめのかよいじ ひとめよくらん
 
                   『古今集』恋・559

 現代語訳
 住の江の岸辺による波よ 人目の多い昼でなく
夜でさえ 夢の通い路に逢うあなたは どうしてそう人目を
避けようとばかりなさるんですか

 *平安時代の貴族たちにとって、夢には特別の意味がありました。
自分の見た夢で吉凶を占うことも普通に行われていましたが、
何より恋する相手が自分の夢の中にたくさん出てくるほど、相手
が自分のことを好きなのだ、と思われていたのです。

18.jpg
藤原敏行朝臣と和歌

  作者
  藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん。生年不詳〜901)
陸奥出羽(むつでわ)の按察使(あぜち=巡察官)富士麿(ふじまろ)の
息子で、従四位上、右兵衛督(うひょうえのかみ)まで昇進しました。
書が上手く、「小野道風(おののとうふう)は空海と並ぶ書家と褒めた」
という伝説が残っています。
奥さんは在原業平の義理の妹です。

 *今日は”藤原敏行朝臣と和歌”を紹介しました。

毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキング応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:05 | Comment(10) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
平安時代 夢占い その他 信仰など畏怖するものが多かったでしょう
衣装も歌の書も素敵です
Posted by のびた at 2015年08月25日 11:13
奥州藤原氏だったのかしら?
Posted by 朝風呂 at 2015年08月25日 11:34
 のびたさん

 早々にコメントありがとうございます。

平安時代の夢での恋占い 
夢を見ることで愛の深さを感じたようです。

 やはり衣装は華やかで 描いていても
うれしくなります。

Posted by みのり at 2015年08月25日 12:02
朝風呂さん

 コメントありがとうございます。
今の東北には藤原氏の歴史が残されていますが
藤原敏行朝臣が奥州藤原氏にかかわったのか
詳しいことはわかりませんが
 私の旧性は藤原氏の末裔です。

この藤原敏行朝臣は宮廷の歌会で
詠んだ恋の歌を紹介しています。
Posted by みのり at 2015年08月25日 17:18
 住の江が大坂とすれば、住吉浜の所でしょうね。

 住吉大社が鎮座する海岸を南海電車が走っています。

 10年ほど勤務したS金属の和歌山製鉄所へこの電車
で通いました。

 このあたりは景勝地です。藤原敏行の和歌を読むと
いにしえの風光が浮かび上がります。

 たぶん、このあたりに敏行の別荘でもあったのかと
思います。

 夢の通い路〜。忍ぶ恋だったのでしょう。
Posted by 四手 at 2015年08月25日 19:18
平安時代の夢で恋占い。
とってもロマンチックですね。
相手を想う気持ちの強さは昔の方が強かったのでしょうかね・・・

みのりさん、今朝は台風の件でご心配いただきありがとうございます。
お蔭様で何の被害もなく過ぎ去ってくれてホッとしています。
Posted by そよかぜ at 2015年08月25日 19:39
四手さん

 コメントありがとうございます。
住之江 大阪にお勤めされていたとか
電車で通勤されていたようですね

 住吉大社があるようですね
敏行の別荘もあったとか
 夢の中の恋 忍ぶ恋をしていのですかね
平安時代の和歌は恋を詠んだ
和歌が多いように思います。
Posted by みのり at 2015年08月25日 19:42
そよかぜさん

 コメントありがとうございます。
台風大変でしたが被害がなくて良かったですね
こちらも朝は寒いくらいでした。

 ”夢で恋占い” 
やはり思い続けると夢の中にも登場してきそう
ですね

 今も昔も恋は同じですね
Posted by みのり at 2015年08月25日 20:26
こんばんは、
藤原敏行朝臣、男性も赤い着物を着ていたんですね。

このころの男性は、たくさんの女性と恋をしていたんでしょうね。

今日は涼しい1日でした。
強風に備えて、鉢植えを家の中へ避難させました。
Posted by くにちゃん at 2015年08月25日 21:07
くにちゃん

 コメントありがとうございます。

 写真ではピンクに見えますが
こげ茶色を塗っているんです。
この時代の衣装は優雅ですよね

 鉢植え大丈夫でしたか良かったですね
今日は寒いくらいでしたね
このところ体調がいまいちなんです。
Posted by ,みのり at 2015年08月25日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック