Top 百人一首>和風美人画 周防内侍と和歌

和風美人画 周防内侍と和歌

外の気温 23℃ 室内気温 27℃ 曇り
今朝は小雨でした。

 山鳩の歌に小鳥のさえずりが聞こえてきます。
少し前まで蝉の激しい鳴き声も
最近はあまり聞こえなくなりました。

 夜は鈴虫にコオロギの鳴き声が
お盆がすぎると とたんに聞こえる
夜の音楽会に 心が癒されます。

 体調もなかなり良くなってきました。
夜はかなり早めの睡眠に 夏の疲れが出たようです。

*今日はこれから仕事が休みですのでトールペイントの
教室に出かけてきます。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風美人画 周防内侍と和歌〜〜

 先日の休みに描いた和風美人画です。
百人一首の中でも十二一重を着て 和歌を詠む人は
21人でかなり少ないようです。

 この時代の衣装は華やかですが 女性が動きまわるにも
衣装が重くて大変だったようです。
 今の時代の猛暑を考えると 夏はどのよに過ごしたのか疑問です。?

周防のないし.jpg
周防内侍と和歌

67番
周防内侍

  春の夜の 夢ばかりなる 手枕に
    かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

はるのよの ゆめばかりなる たまくらに 
かいなくたたん なこそおしけれ

『千載集』雑・961

現代語訳

春の夜の夢のように、儚くて短いたわむれに差し出された手枕(腕枕のこと)
のために、つまらない噂がたってしまうでしょうね
そんなことで、恥ずかしくわたしの名が広まることが、惜しく思われますよ

周防内侍は
「恋ひわびて 眺むる空の浮雲や わが下もえの煙なるらむ」
という一首を詠み「下もえの内侍」とあだ名されました。
「下もえ」とは、心の底に秘めた燃える恋心という意味ですが
艶な響きもあります。
 周防内侍は頭の回転が速いだけでなく、エロティックな歌も
得意としていたようです。

周防の内侍.jpg
周防内侍と和歌
 
作者
  周防内侍(すおうのないし。11世紀〜1109年ころ)
周防守・平棟仲(たいらのむねなか)の娘で後冷泉、後三条、白
河、堀河天皇に女房として仕えました。本名は仲子(ちゅうし)です。
女房三十六歌仙のひとりで「周防内侍集」を残しました。
出家後の1109年頃、70数歳で病のため亡くなったとされています。

 *今日は周防内侍と和歌を紹介しました。

*毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングの応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
かなり情熱的な歌だったのですね
カルタ取りは遊んで 相当数覚えて居ましたがただ覚えて居るに過ぎないです
鈴虫 昔 多くの家で飼っていました
今は見かけません
向島百花園で 虫聴きの会が江戸から続いています
Posted by のびた at 2015年08月28日 11:55
のびたさん

 早々にコメントありがございます。
周防内侍はこの時代でもかなり情熱的な
人だったようです。

かるた取りは意味も分からず子供時代に
楽しんでいました。

意味を知ると楽しいですね

秋の鈴虫にコオロギ夜のコンサートを
聞いているようで癒されます。
Posted by みのり at 2015年08月28日 13:08
 内侍は女官のことと知っています。周防とあるので、
防府あたりと関係あるのでしょうか。

 勾当内侍ならば、後醍醐天皇に仕えていましたが、
新田義貞に恩賞として与えられました。

 大変な美女だったとか。義貞が北陸に落ちるとき、
堅田に内侍を預けました。

 しかし義貞は敦賀で討死。哀しんだ内侍は琵琶湖へ
投身して死にます。湖畔の「きちがい祭」は内侍を悼む
祭ですが、少し違うようです。

 はじめて見る周防内侍の歌をみても、私には内侍
しか浮かばないのでご容赦ください。
Posted by 四手  at 2015年08月28日 14:05
四手さん

 コメントありがとうございます。

 今「押し花教が終わりました。
お返事が遅くなりました。
今アジサイの作品に取りかかっています。

 内侍は女官のことなんですね

*作者の父は周防守で 周防国は、現在の山口県の東半分にあたります。

 良く調べて下さりありがとうございます。
内侍は大変な美女だったようですね
義貞が死んで 琵琶湖に身を投げたとか
悲しい最後でしたね

 一二単衣の美しい姿が目に浮かびます。
素敵なコメントをありがとうございます。
Posted by みのり at 2015年08月28日 18:22
周防内侍と書いてすおうのないしと読むんですね。
難しいですね。

美しい女性ですが、絵も美しいです。

今日は有難うございました。
楽しかったです。
Posted by くにちゃん at 2015年08月28日 21:11
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
周防内侍(すのうのないし)
今日はひらがなを書くのを忘れていました。

 読み方も難しいですね 次回は気を付けます。

 今日は楽しい時間でした。
アジサイの作品次回には完成させたいと
思います。

くにちゃんの果物の作品絵画のようで素敵です。
Posted by みのり at 2015年08月28日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック