Top 百人一首>和風画 菅家と和歌

和風画 菅家と和歌

外の気温21℃ 室内気温25℃ 晴れ

 透き通るような青空です。
空にはキャンパスに描いたようにレース雲が
浮かんでいます。

 コオロギと小鳥のさえずりも聞こえてきます。
ここちよい風が外からリビングに
さわやかな朝を迎えています。

 今朝はピンク色の大きな花”芙蓉”が2りん 
美しく咲いています。

 久しぶりに穏やかな朝の時間です。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風画 菅家と和歌〜〜

 昨夜は家事もすべて終えてから
和風画の色塗りに挑戦しました。
下絵は何枚か描いていますが
色塗りにも時間がかかります。

菅家.jpg
菅家と和歌

二十四番
菅家(かんけ)

  このたびは 幣も取りあへず 手向山
        紅葉の錦 神のまにまに

  このたびは ぬさもとりあえず たむけやま 
        もみじのにしき かみのまにまに

               『古今集』羈旅・420

 意味 
 今回の旅では、神さまに捧げる幣(ぬさ)をご用意することができませんでした。
この手向山(現在の京都府と奈良県の県境の山)の錦織のように
美しい紅葉をどうぞ神さまの御心のままにお受けください。

 *旅の途中、道ばたの道祖神(今のお地蔵さんのようなものです)にお参りする時に
捧げるきれいな紙切れや布切れの代わりに、美しく色づいた紅葉を
神に捧げましょう、という歌です。

 *今回の歌は、学問の神様・菅原道真公のものです。日本史上指折
りの学者でしたので、尊敬をこめて「菅家」とか「菅公」と呼ばれます。

和風画 菅家-006.jpg
菅家と和歌

作者
 菅家(かんけ。845〜903)
菅家は尊称で、学問の神様・菅原道真(すがわらみちざね)のことです。
学者の家に生まれ、35歳の若さで最高の権威・文章博士(もんじょうはかせ)となり
54歳の899(昌泰2)年には右大臣にまで出世します。
しかし謀ごとにより九州・太宰府に流され、59歳で没しました。
現在は学問の神様として太宰府天満宮に祀られています。

 *今日は学問の神様と呼ばれた 菅原道真公の和歌を紹介しました。

*毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングの応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:41 | Comment(10) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
『菅家後草』に載る一首なのでしょう。宇多帝の
右大臣菅原道真。左大臣藤原時平のクーデタで大宰府
に左遷されました。そのときの悲痛な和歌、

 東風吹かば匂いおこせよ梅の花
 あるじなしとて春を忘るな

 が有名ですね。大宰府の幽居で悲痛な漢詩をのこし
この世を去りますが、宇多上皇から何の慰めもなかった
ようでした。

 なお、手向けは峠のことをさします。
Posted by 善知鳥 at 2015年09月11日 10:52
こんにちは・・

菅原道真のことでしたか。
学問の神様とは聞いていますが、
配流の地で亡くなったとは無念だったでしょうね。

和歌の意味からも心優しい人柄がうかがわれます。
Posted by 風香 at 2015年09月11日 12:35
善知鳥さん

 早々にコメントありがとうございます。
菅原道真公は学問の神様としては
だれにでも知られていますが

 クーデターで”九州・太宰府に流され”
悲しい最後を迎えたようですね
 私たちには知りえない歴史を
詳しく調べて下さり感謝しています。
Posted by みのり at 2015年09月11日 14:19
風香さん

 コメントありがとうございます。
菅家(菅原道真)は穏やかな文章博士だったようです。

クーデターで囚われの地で亡くなったようです。
私たちには知りえない悲しい出来事です。
Posted by みのり at 2015年09月11日 14:26
菅原道真、学問の神様で有名ですね。

太宰府天満宮には毎年行きます。
受験生の神様なので絵馬には「合格しますように・・・」と書いていっぱい飾られています。

クーデターで太宰府に左遷ですか?
悲しい出来事ですね。
Posted by そよかぜ at 2015年09月11日 20:51
あまりにも優れた才能 其れがゆえに
太宰府まで流されてしまったのでしょう
無念だったと思います
怨霊を恐れて神社の建立になったのではと思います
Posted by のびた at 2015年09月11日 21:02
こんばんは、
管家と和歌、菅原道真の事だったんですね。

梅の花の和歌は有名ですが、初めて聞きました。
ちょっと悲しくせつないです。

絵はとても美しく、ますます上手になられましたね。
Posted by くにちゃん at 2015年09月11日 21:06
そよかぜさん

 コメントありがとうございます。
「菅原道真は学問の神様」として有名ですね

 太宰府天満宮はそよかぜさんのお住まいの
近くなんですね

 我が娘も国家試験の際に知り合いから
お守りを送ってもらいました。

菅原道真の事 良くご存じなんですね
Posted by みのり at 2015年09月11日 22:09
のびたさん

 訪問ありがとうございます。
菅原道真は優れた才能ゆえに
大宰府に流されて 本当に
無念でしたでしょうね

 今も学問の神様として受験生たちに
親しまれていますね
 主人が生まれたところから近いようです。
Posted by みのり at 2015年09月11日 22:18
くにちゃん

 訪問ありがとうございます。
菅家 だけではだれのことかわかりません
菅原道真でしたら だれにでもわかりますね 
 
 和風画ほめて下さりありがとうございます。
最近は描くのもなれてきました。

 和風画は和紙に描くのが一番です。
Posted by みのり at 2015年09月11日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック