Top 百人一首>和風美人画 待賢門院堀河と和歌

和風美人画 待賢門院堀河と和歌

外の気温 20℃ 室内気温 24℃ 雨

 ぽとぽと雨の音だけが聞こえてきます。
私の心のように涙雨の1日になりそうです。

 きれいに咲くピンクの木槿が垂れ下がるように
雫が浮かんでいます。

 時々咲く美しい芙蓉やハイビスカスの
花には疲れた心も癒されそうです。

 何度も繰り返し咲く花エンジェルトランぺットの
つぼみが膨らんできました。

 雨の1日になりそうです。

〜〜和風美人画 待賢門院堀河と和歌〜〜

 先日描きました和風画を紹介します。
今回は多少絵の表情が違いますが縦書きと
横に描いた和風画に和歌を紹介します。

 百人一首もかなり進みました。
たぶん50枚くらいの和風画を和紙に描いています。

 平安時代 独特の絵です。
現代の私たちにはあこがれの時代
美しい一二単衣や大臣 天皇などを描くのも
楽しい時間になっています。

mati.jpg-待賢〜.jpg
待賢門院堀河と和歌

八十番
 待賢門院堀河 (たいけんもんいんほりかわ)

  長からむ 心も知らず 黒髪の
      乱れて今朝は ものをこそ思へ

  ながからん こころもしらず 
      くろかみの みだれてけさは ものをこそおもえ

               『千載集』恋三・802

tate.jpg
待賢門院堀河と和歌

現代訳 
 あなたのお心が、末長くお変わりにならないかどうかもわからないのに
ご一緒してしまいました。
わたしの心は、この寝乱れた長い黒髪のように乱れて
今朝はもの思いに沈んでいることです。

 *「後朝」というのは男と女が一晩を明かした翌朝で
男が帰った後で女の許へ「昨夜はとても幸せだった」と一首詠んで贈る
という雅な慣習があったようです。
それに返した歌のようです。
 この歌は「黒髪」の表現の美しさで、百人一首の中でも際だっています。

 *今の時代は夫婦は共に生活するのが 普通ですが
「通い婚」は次にはいつ会えるのか不安が付きものだったようです。

横向き 待賢 .jpg
待賢門院堀河と和歌

作者
 待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ。12世紀ごろ)
神祇伯(じんぎはく)・源顕仲(みなもとのあきなか)の娘で
崇徳院の生母、待賢門院(鳥羽院の中宮・璋子(しょうし))に
仕えて「堀河」と呼ばれました。
息子の崇徳院は天皇在位後政略で退位させられますが
その時に待賢門院も追放され、堀河も一緒に出家しています。

和風画 待賢.jpg
待賢門院堀河と和歌
  
 *今日は待賢門院堀河と和歌を紹介しました。

毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングの応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 07:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
通い婚の妻たち 恋心は絶えなくとも ずっとと言う保証もなく 飽きれば棄てられる
可哀そうな気もしますね
それも宿命と受け容れる気持ちも歌の中に秘められているような気もします
Posted by のびた at 2015年09月27日 08:47
のびたさん

 早々にコメントありがとうございます。
平安時代の「通い婚」訪問してこなければ
捨てられるわけですから
待ち続ける女性達は哀れです。

 私には耐えられない世界です。
*気持ちをすべて和歌で表現するのも
優雅ですよね
Posted by みのり at 2015年09月27日 09:28
こんばんは、
今日の絵も美しい十二単ですね。
和歌はちょっと激しい恋の歌、悲しい恋の歌なんでしょうか?
昔に生まれなくてよかったです。

トールペイントの作品は進みましたか?
私は水墨画展があるので、作品作りをしようと思い、つい押し花のデザインを考えてしまいます。

Posted by くにちゃん at 2015年09月27日 21:07
くにちゃん

 コメントありがとうございます。

共に過ごしたしわせな夜それでもこの
恋が永遠に続くのか不安に思っている
和歌ではないかと思います。
 激しい恋ではなく 悲しい恋を詠んで
いるのかも知れません

 墨絵の展示会があるようですね
私もトールペイントの展示会が11月に
あります。
Posted by みのり at 2015年09月27日 21:27
「通い婚」、憧れますがもう遅いわな
どうせこんな和歌詠めないので相手も見つからんかったやろうけど、この時代和歌が詠めない男はどうしてたんでしょうね
Posted by 我太郎 at 2015年09月27日 22:35
我太郎さん

 コメントありがとうございます。
「通い婚」男性には憧れですね
妻が何人もいると男性はうれしいでしょうね

 それにくらべて女性は毎日待つ身は辛
そうですね

和歌を詠めない男性は 自分の思いを
そのまま伝えたのではないですか
Posted by みのり at 2015年09月27日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック