Top 百人一首>和風画 紀友則と和歌

和風画 紀友則と和歌

外の気温12℃ 室内気温19℃ 曇り

 寒い朝です。
早朝の海に大池付近でもこの季節
フリースだけでは寒く感じます。

 渡り鳥が大池をねぐらにガァーガァー
数えきれないほどの渡り鳥が眠っています。
最近は雲に覆われてなかなかきれいな
写真が撮れません?

 庭のベコニア”ピンクに白い花”が満開に咲いています。
ミニバラもちらほら咲いています。
 ゴーヤの棚にたくさんの沖縄スズメウリが
赤くなり始めています。
 2ヶのパッションフルーツもまだ元気です。
食べられるか疑問ですが?

 寒い1日になりそうです。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風画 紀友則と和歌〜〜

 少し以前に和紙に描いた和風画に和歌です。
季節は秋ですが この歌は春の穏やかに日を
詠んでいます。

記とものり.jpg
紀友則と和歌

NO三十三
 紀友則(きのとものり)

  ひさかたの 光のどけき 春の日に
        静心なく 花の散るらむ

  ひさかたの ひかりのどけき はるのひに 
        しずこころなく はなのちるらん

            『古今集』春下・84

現代訳
 陽の光の暖かでのどかな、こんな春の日に、桜の花は
どうして落ち着きもなく散り急いでるのだろう

 *柔らかな春の日差しの中を、桜の花びらが散っていく
こんなにのどかな春の一日なのに、花びらはどうしてこんなに
あわただしく散っていくのか、静める心はないのか、という歌です。
とても日本的で美しい光景、そんな桜の美しさが匂うような歌です。

 紀智 紀020.jpg
紀友則と和歌

作者
 紀友則(きのとものり。?〜905)
「土佐日記」の作者で百人一首にも歌がある紀貫之(きのつらゆき)のいとこ
宮内権少輔有友(ごんのしょうありとも)の息子
40歳くらいまで無官だったが、その後土佐掾、大内記に昇進しました。
古今集の選者で、三十六歌仙の一人です。

 *桜が散る美しい光景が目に浮かぶようです。

*毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングの応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 07:17 | Comment(8) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
桜本当にそうだと思いま

何故そんなに早く散るのか

以前こんな話を聞いた事が有ります

桜は散るのではなく自分自ら落として行く様ですよ
だから 桜の命は短い て言うのかな



Posted by 風夏 at 2015年10月31日 09:27
風夏さん

 早々にコメントありがとうございます。
先日紅葉より 桜の散る光景が好きだと
言われていましたね

 ちらりちらり花ビラが散る風景も
絵になりますね 

 ”桜は散るのではなく自分自ら落として行く”
そうなんですか 春の風景もいいですね
Posted by みのり at 2015年10月31日 09:35
百人一首の中でも覚えやすい歌と 難しい歌が私にはありました
この歌はすっと覚えられる歌でしたね
ところで ベゴニアの育て方
特に手入れはしていませんが 私のはだんだん小さくなって寂しく最後は無くなります
何が問題でしょう?
Posted by のびた at 2015年10月31日 09:51
のびたさん

 コメントありがとうございます。

 ”桜の和歌”季節は外れですが 私の好きな
歌です。

 穏やかな桜が音もなく散る様子を詠んでいますね

 *ベコニアは日蔭がいいようです。
種も植えていないのですが なぜか次々に
咲いてプランターにはピンクと白い花が
満開です。
 裏庭にも種が落ちてたくさん咲いています。

 再生土を使われては 元気に育つかも
知れません
Posted by みのり at 2015年10月31日 10:28
百人一首の作画、寸暇を惜しんで
頑張っていらっしゃいますね!
きっと一作毎に腕を上げられ
ご自分でもご満足なのでは?

実を言いますと
私自身は中学時代に主だった物しか
習わなかったのですけれど
娘が中1の冬休み明けの百人一首大会に
備えて暗唱していた時、私も自然に
スラスラと口をついて出るようになり、今
みのりさんの所で復習させていただきながら
当時を懐かしく振り返っているのですよ ♪
Posted by misako at 2015年10月31日 11:05
misakoさん

 コメントありがとうございます。
子供さんと百人一首を暗記されたとか

 私も子供時代にかるたで遊びましたが
子供達も「かるた大会」があり
練習していたことを思い出します。

 おかげでかるたは2箱もあるんですよ
平安時代の和歌は素敵な歌が多いですね
私も勉強のし直しをしています。
Posted by みのり at 2015年10月31日 11:50
こんにちは。

近くに渡り鳥がくるなんていいですね。
見てみたいです。
みのりさんの庭は、まだお花が咲いて
いるようですね、私の方はもう冬枯れ情態
です。

久方の‐‐のうた好きです。冬を通り越して
こんな雰囲気の春になるといいのだけど(笑)
Posted by ケイコ at 2015年10月31日 12:35
ケイコさん

 コメントありがとうございます。
近くに大池があり毎年渡り鳥が飛んできます。
白鳥も7羽ほど飛んできます。

 今年は池の水が少ないような気がします。

 春の和歌”さくらの花が散る”季節もまだ
先ですが春もいいですよね 
秋の紅葉も好きです。
Posted by みのり at 2015年10月31日 17:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック