Top 源氏物語>和風画花車 夕顔の和歌

和風画花車 夕顔の和歌

外の気温13℃ 室内気温17℃ 晴れ
 寒い朝です。

 今朝も日の出を楽しみにしていたのですが
海辺に雲がかかり出かけるのをやめました。

 寒さが身に染みる季節です。
昨日は寒い1日でした。
洋服も長袖に衣替えが必要です。

 昨日は久しぶりの恵みの雨でしんなり仕掛けた
花や植物も元気を取り戻したようです。

 昨日の”雨に濡れたハナミズキ”が赤く紅葉してきました。
雨に濡れて”雫”が垂れ下がる美しさに見入ってしましました。
庭にも紅葉の季節が訪れたようです。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風画花車 夕顔の和歌〜〜

hanaguruma.jpg
花車

先日2〜3日もかけて和風画
花車を描いてみました。

源氏物語の花車が好きで
以前にはパッチワークの作品も
作った記憶があります。

 和風画花車 なぜか描いてみたくなりました。
姉夫婦と一緒に旅行して嵯峨野で出会った源氏物語です。

 花車に夕顔の和歌も行書で書きました。
文字が芸術的で何を書いているのか
わからない文字もあります。

nhanaguruma.jpg
花車

 〜心あてにそれかとぞ見る
     白露の光そへたる夕がほの花〜

 もしかして、お噂の方でしょうか
夕顔の露が”光って”いるものですから

現代訳
 あなたって、お噂の光源氏様?
イケメンだからついそう思ってしまいましたわ

 これは誘い歌です。
いきなり女性から誘惑されて、光源氏はビックリしたようです。

(夕顔)は頭中将にゆかりのある人らしいとの情報を得て
興味をそそられたが惟光の手引で
お互いに身分を秘したまま関係を持つようになったようです。

 夕顔は 気が弱く、体が弱く、押しに弱く、後ろ盾が弱く
意志が弱い、弱弱づくしの姫です。
一日限りでしぼんでしまう、夕顔の花のように儚い姫だとされています。

 *私は源氏物語が好きで全巻揃えました。
和風画が好きで絵本のように時々出して見ています。

 *今日は和風画”花車”を紹介しました。

*毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングの応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:50 | Comment(10) | TrackBack(0) | 源氏物語


この記事へのコメント
おはようございます みのりさま。
今朝は深い霧が立ち込めました。
可愛いらしい花車です (^^)
しとやかに見えて 昔の女性は情熱的、、
源氏物語は世界に誇れる日本の宝ですね〜
Posted by エミリア at 2015年11月03日 09:49
こんにちは。

昨日とはうって代わり快晴になりました。
寒いですが、気持ちの良い一日になりそうです。

花車がとてもかわいいです。
華やかで雅な源氏物語の世界のようです。
夕顔は弱い女性ですが、殿方には好かれる
らしいです。
Posted by ケイコ at 2015年11月03日 10:21
エミリアさん

 早々にコメントありがとうございます。
源氏物語の花車が好きで 突然に
描きたくなりました。
弱々しい夕顔にひかれるようですね

 今朝は霧でしたか
しとやかで情熱的 平安時代の女性に
今も殿方はひかれるようです。

 やはり守ってあげたいと思わせるのでしょね
Posted by みのり at 2015年11月03日 10:31
ケイコさん
 コメントありがとうございます。

今朝は昨日の雨の寒さもなく
あたたかな1日になりそうです。

 源氏物語に詳しいようですね
夕顔 弱々しい姫はやはり殿方には
人気があるようです。
 
 平安時代の”美しい姫”たちの情熱的な
和歌かも知れません

*男性ばかりですよ 華やかさが
ありませんので 時々登場させますね
Posted by みのり at 2015年11月03日 10:38
光源氏は俗には色んな女性を愛したと言われて来ましたが、、、、。
多分人一番寂しがりやではないでしょうか
だから何時も人の温かさを求めていたのと思いますよ。
Posted by 風夏 at 2015年11月03日 12:00
風夏さん

 コメントありがとうございます。
気位の高い妻がいましたが 心が
安らげないで たくさんの女性と恋愛
したのかもしれないですね

 この時代は男性は自由でいいですが
女性はいつまで待っているわけですから 
耐える人が多いのかもしれないですね
Posted by みのり at 2015年11月03日 12:22
平安時代に長編の恋愛小説を女性が書き なお その書が現代に残るのは世界いに例の無い物
誇りある日本文学ですね
宇治十帖 宇治川に舟を浮かべて宵闇に枇杷で語りを聴く機会がツアーで有りました
幽玄の世界です
石山寺の紫式部の像にも会って来ました
相変わらず 書も画も素敵ですね
Posted by のびた at 2015年11月03日 18:41
のびたさん

 コメントありがとうございます。
”源氏物語”りは本当に誇りある日本文学
ですね 今の時代でも好きな人が多い
ようですね
 ”石山寺の紫式部の像”
像があるんですね 私も機会があれば
観光してみたいです。

 書に和風画も喜んで下さりうれしいです。
Posted by みのり at 2015年11月03日 19:24
こんばんは、
花車は可愛くていいですね。
押し花でも作り、気に入って私の実家に飾ってあります。

夕顔の和歌もどこか素敵、
源氏物語は現実離れしているところに魅力がありますね。

寒くなってきたので、寒がりの植物の為にビニールの温室を買いました。
Posted by くにちゃん at 2015年11月03日 21:12
くにちゃん

 コメントありがとございます。
”花車”押し花でも作られたようですね
いいかもしれないですね

源氏物語和歌も素敵です。
文字も芸術的です。

 ビニールの温室もいいですね
私もどうしようか考え中です。
Posted by みのり at 2015年11月03日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック