Top 百人一首>和風画 藤原興風と和歌

和風画 藤原興風と和歌

外気温18℃ 室内気温21℃ 小雨

 昨日からの雨も 今朝は小雨に
白いエンジェルトランぺットの花が5りん咲いています。
大きな花びらから雫が垂れ下がり
時々雫が落ちてきます。
 しずくの光が”真珠”のような美しさです。
清楚な花も雨に包まれて輝いています。

 今朝は大好きな芙蓉の花も咲いています。
雫が浮かんで色鮮やかです。

 季節外れの花が時々咲いて私の眼を楽しませてくれます。

 雨の1日になりそうです。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風画 藤原興風と和歌〜〜

 和風画も50枚を超えています。
和風画の”殿”を描くのも かなりなれてきました。
それでも男性だけでは華やかさがありませんので
時々女性も描きたくなり
最近は”源氏物語の世界”に入りかけています。

fujiwara.jpg
藤原興風と和歌

NO三十四
 藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

  誰をかも しる人にせむ 高砂の
       松もむかしの 友ならなくに

  たれをかも しるひとにせん たかさごの 
       まつもむかしの ともならなくに

          『古今集』雑上・909

現代語訳
 誰をいったい、親しい友人としようか。(長寿で有名な)高砂
の松も、昔からの友人ではないのに

 *長生きは理想と言えますが、年老いるにつれて長年の友人が一人
また一人といなくなっていき、ついには一人残されてしまった老い
の悲しみを詠んだ歌です。
 いったい誰を友達と呼べばいいんだろうか、長寿だが心を持たない
高砂の浜辺の松に心を寄せてみても、しょせんはむなしいことなのに

藤原.jpg
藤原興風と和歌

作者
 藤原興風は、いまから1100年ほど前のさほど地位の高くない官僚です。
和歌を詠むのが上手なのに加え、琴の名手としても知られています。

 年老いた悲しみを詠んだ和歌です。

*毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。
人気ランキングの応援 宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 07:27 | Comment(12) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
この歌はただ覚えているだけで 意味まで思ったことはありませんでした
詠み人の心が今ではとても理解できます
芙蓉の花 清楚な感じですね
Posted by のびた at 2015年11月09日 09:17
のびたさん

 早々に訪問ありがとうございます。
この和歌は年老いて周りの友人達が次々に
旅立ち一人残された寂しい老人の和歌です。

 私もこの気持ちと寂しさがよくわかります。

雨に濡れた芙蓉はとても美しく咲いています。
寒い朝です。
Posted by みのり at 2015年11月09日 09:49
いい歌ですね
自分の落ち着く場合に行き友を偲ぶ
友は数いるけれど心を打ち明ける
真の友はほんの僅かです
現代でも通じることですね
Posted by 風夏 at 2015年11月09日 10:39
風夏さん

 コメントありがとうございます。
友を忍びながら 次々に旅立つ友人に
寂しさを感じているようです。
いずれ1人になるのですから

 今も同じ思いですね
Posted by みのり at 2015年11月09日 11:07
こんにちは みのりさま
源氏物語の和風画楽しみにしてます。
こちらは雨あがってきました。
雨に濡れた枯葉もいいものですね。


Posted by エミリア at 2015年11月09日 12:52
みのりさん、こんにちは。

曇り空の週明けです。
エンゼルトランペットは花期が
長く花を楽しめるようですね。

今朝の和歌は少し身にしみますね。
歳を重ねると、音信不通や疎遠に
なる知人もあって、淋しいことです。

Posted by ケイコ at 2015年11月09日 13:28
そろそろ年賀状の準備を、という
この季節ですけれど、去年は
あのヒトからは返信も頂かなかったから
今年はもう失礼することに、、などと
選択しながら年々、交換する旧友たちの
数が減っていっている寂しさ

もちろん遠い所に旅立ってしまわれる方々も
ちらほら、、、今日の和歌はその心情が
痛いほど伝わり、身に沁みます。
Posted by misako at 2015年11月09日 14:30
(こんちわッ}(゚δ゚*)゙
お久しぶりです。

勉強会も終わりほっとしています。

年はとりたくなくても、みな同じで
介護の仕事をしていると、時間をうまく使いたいと思います。

素敵な時間を過ごしていですね。
Posted by まさよ at 2015年11月09日 15:14
エミリアさん

 コメントありがとございます。
和風画百人一首の女性の歌人は21名すべて
描きました。

男性の歌人は79名です。
時々は華やかさがありませんので
源氏物語の女性描きますね

 毎日コメントありがとうございます。
仕事の帰りに紅葉した木の葉を拾いながら
帰り「押し花」にしています。
Posted by みのり at 2015年11月09日 17:07
ケイコさん

 コメントありがとうございます。
エンジェルトランぺットの白い花が
7りんも咲いています。

 やはり友人達の安否が気になる時期ですね
私は学生時代の友人との交流はありませんが
元気にいてくれると 信じています。
今はブログを通しての友人との交流のみです。、
Posted by みのり at 2015年11月09日 17:11
misakoさん

 コメントありがとうございます。
親しくない友人でも年賀状は出すかもしれないですね
 私はほとんど失礼して親族や毎年
くれる友人には年賀状を出します。
 転勤時代の友人が少しいます。
それでも亡くなったとの話はほとんどありません
Posted by みのり at 2015年11月09日 17:17
まさよさん

 ご無沙汰しています。
お元気そうで安心しました。
介護の仕事はこの分類ですね

 やはり素敵に年を取りたいですね
ただ老いるのではなく 夢のある老後を
過ごしたいと思っています。
お互いに素敵に年を取りましょうね
Posted by みのり at 2015年11月09日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック