Top 百人一首>和風画 平兼盛と和歌

和風画 平兼盛と和歌

外の気温 10℃ 室内気温 16℃ 晴れ
 深夜に雨が降ったようです。
ジャスミンの枝やモッコウバラの枝に
雨の雫が数えきれないほど垂れ下がり
美しい水玉が光輝いています。

 小鳥たちのさえずりが聞こえてきます。
チュルル〜〜チュルル〜〜♪
ピィピィ〜〜ピィピィ〜〜♪
リズミカルで心癒されます。

 白いエンジェルトランぺットの大きなつぼみが
2ヶ膨らんできました。
季節は冬に向かっていますが 庭は少しだけ
真夏の気分です。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★人気ブログランキングへ★
------------------------------------

〜〜和風画 平兼盛と和歌〜〜

たいら 盛.jpg
平兼盛と和歌

 和風画も時間を見つけては描いています。
最近は布のクリスマスカードを作ったり
秋の夜長は芸術のを楽しめる時間です。

NO40 
 平兼盛(たいらのかねもり)

 しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
     ものや思ふと 人の問ふまで

 しのぶれど いろにいでにけり わがこいは 
     ものやおもうと ひとのとうまで

           『拾遺集』恋一・622

現代語訳
 誰にも知られないように隠してきたのに、わたしの恋心は
とうとう顔色に出るまでになってしまいました。
「恋の悩みですか?」とまわりの人に尋ねられてしまうほどに

 *恋心というのは微妙なもの
「何か物思いにふけってらっしゃるようですね
ひょっとして恋でもされましたか?」
 他人にそう問い掛けられて、はっと自分の恋心に気付くなんて
 経験があるかも知れません

たいら.jpg
平兼盛と和歌

作者
 平兼盛(たいらのかねもり。?〜990)
光孝天皇のひ孫・篤行王の3男で、臣籍に下って平氏を名乗り
従五位上・駿河守となった。
後撰集の頃の代表的歌人「赤染衛門の父」という説もある。
三十六歌仙の一人です。

 *恋に悩む若者の和歌を紹介しました。

毎日私のブログに訪問 心温まるコメントをありがとうございます。 
人気ランキングの応援宜しくお願いします。 今日は何位?!
良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:15 | Comment(14) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
確かに言えるでしょうね
何気ない素振りが表にでてしまう
女性なら服装や化粧にも違いがでるでしょうね
男性はどうかな、、、、
Posted by 風夏 at 2015年11月26日 10:30
この句は大好きです
若い時から そんな思いが分かるような気持ちでした(笑)
今でも あるかな・・・?
Posted by のびた at 2015年11月26日 10:48
風夏さん
 早々にコメントありがとうございます。
好きな人がいるとたぶんですが その人を
常に目で追うのではないですか

 私は片思いをした経験はありませんが
今の主人が初めて好きになった人です。
Posted by みのり at 2015年11月26日 10:59
のびたさん

 コメントありがとうございます。
この和歌が好きだとか 
若者の純粋な恋心ですね

今も憧れの方の前ではドキドキして
いるのでは〜♪
Posted by みのり at 2015年11月26日 11:03
こんにちは。

朝のうちの雨がようやくあがりました。
ウォーキングの途中で雨にあたって、寒かった
です。

覚えやすかった和歌です。
隠そうとしても、つい顔にでちゃうものなんで
しょうね、恋は。
横向きの姿も素敵ですね。
色々と工夫されているのが感じられます。
Posted by ケイコ at 2015年11月26日 11:25
憂いを秘めた気品溢れる横顔 ス テ キ!
胸キュンの私、、笑

何を隠そう 柄にもなく淡い片思いは
数知れず、、、

思わず 過ぎし日の 若かりし頃に
想いを馳せております ♪
Posted by misako at 2015年11月26日 11:55
ケイコさん

 今日もコメントありがとうございます。

深夜は雨でしたが 今は太陽が昇り
明るいひざしです。

 確かに覚えやすい恋の歌ですね
やはりかくそうとしても
周りの人には見破られてしまいそうです。
若い時の恋は純粋でいいですね

 和風画喜んで下さりとてもうれしいです。
Posted by みのり at 2015年11月26日 12:10
misakiさん

 コメントありがとうございます。
青春時代 大学時代もモテモテだったようで
素敵な青春時代でしたね
うらやましいです。

 私は知人やB,Fはいましたが
好きになったことはありませんでした。

 暗い青春時代でした。?!
Posted by みのり at 2015年11月26日 12:17
違うんですー!
あくまでも 片思いの数ですので!

当時にしてはドンファンだった父の
DNAを受け継いでしまって
惚れやすかったのでしょうね?

Posted by misako at 2015年11月26日 12:34
misakoさん

 再びコメントありがとうございます。
その年齢に会う経験が必要ですよね
感情豊かで素敵です。
 私はアルバイトに忙しく
モテないかったようです。
Posted by みのり at 2015年11月26日 18:48
こんばんは、
平兼盛、美しい男性を描かれましたね。
恋の歌はふと昔を思い出しますよね。

先程、病院から帰りました。
いろいろ忙しいですが、頑張りたいと思います。
明日はよろしくお願いします。
Posted by くにちゃん at 2015年11月26日 21:04
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
おかあさまの介護をされているようですね
毎日大変ですね お疲れさまです。

 和風画ほめて下さりとてもうれしいです。
恋の歌 独身時代を思い出すのでは

 明日はお待ちしています。
私も久し振りにコスモスの作品に
挑戦します。
Posted by みのり at 2015年11月26日 21:28
和歌は現代用語での解説がないと分かりません
わかんな〜い、なんちゃってね
恋に限らず顔や目は心を映すものです
恋は特に悩ましいもので現れやすいんでしょう
そんな経験したことが有るかなあ、昔のことで忘れました
Posted by 我太郎 at 2015年11月26日 22:24
我太郎さん

 コメントありがとうございます。
現代訳ものせていますから
理解して頂いていると思います。
 若い時代にはこのような
純粋な恋をしたのでは
Posted by みのり at 2015年11月26日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック