Top 源氏物語>源氏物語 光源氏が須磨に流謫

源氏物語 光源氏が須磨に流謫

外の気温 2℃ 室内気温 10℃ 晴れ

 寒い朝です。
やっと冬の寒さが来たようです。
”霜の花”の写真に挑戦してみたくなりました。

 今日は仕事が休みで午前中はトールペイントの
教室に出かけます。
午後は久しぶりに「押し花の教室」です。
 1日趣味を楽しめそうです。

〜〜源氏物語 光源氏が須磨に流謫〜〜

源氏 朝焼けの富士-035.jpg
光源氏の和歌

光源氏が須磨に流謫(るたく)
 *光源氏はなぜ須磨に下ったのか
その原因は”朧月夜との蜜会”であろうと言われています。
帝の後妻と過ちを犯ちを犯したとされていますが
 実は当時は内侍であり女官で 帝の妃ではないため
蜜会は罪には当たりません?

 *謀反の罪にを着せられて
自から須磨行を決意しました。

 *光源氏は離京に先立ち 左大臣家の人々
花散里 朧月夜 そして藤壺にも別れを告げます。
そして紫の上(妻)に二条院を託して
夜明け前に須磨へ旅だちます。

 須磨では寂しさを紛らわすために
琴を鳴らしたり 絵を描いたりしながら心を慰めます。

 *光源氏は都のことばかり考えるようになり
紫の上や藤壺 朧月夜に手紙を送ります。

 *あの伊勢に下った六条御夜息所にも手紙を
送りお返事がきました。

 うきめ刈る伊勢をの海人を思ひやれ
        もしほたる須磨の浦にて
             六条御夜息所

 現代訳
              
 憂き目を過ごしいる(浮海布刈り)伊勢の海人
そんな今の私の身の上を思いやって下さいませ
(藻塩垂る)ということばのように しおたれて
涙にくれていらっしゃる須磨の浦から

源氏 朝焼けの富士-028.jpg
光源氏と和歌

 伊勢人の波の上漕ぐ小舟にも
うきめは刈らで乗らましものを
              光源氏の和歌

 現代訳
伊勢人が波の上を漕ぐという その小さな船に乗ってでも
伊勢にお供をすれば良かったのに と思います。
この須磨の浦で浮海布を刈るように憂き目に遭いますようりは

 手紙を読みながら都を懐かしむ光源氏でした。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 00:54 | Comment(8) | TrackBack(0) | 源氏物語


この記事へのコメント
お早うございます。

雲ひとつない空です。
空気がキーンと冷えて、身の引き締まる
思いです。

光の君が須磨に流謫されたお話ですね。
でも、やっぱり光の君はここでも、女性
と関わりを持つんでしたね。

憂いを漂わせた雰囲気です。崩し字が
すてき!
Posted by ケイコ at 2016年01月15日 09:40
源氏物語 どこまでが歴史で どこまでが物語か惑わされます 
紫式部の壮大な世界に 現代人も心を馳せるものでしょう
光源氏の正面の画は無いと聞きますが 雅な面持ちが素晴らしいですね
Posted by のびた at 2016年01月15日 10:02
ケイコさん

 早々にコメントありがとうございます。
早朝は寒くて日中は暖かく感じます。

 光の君が須磨に流謫されて
また新しい女性に出会いそうです。
何人の女性と出会うのかハラハラしてきます。

 くずし文字も喜んで下さりうれしいです。
Posted by みのり at 2016年01月15日 13:33
のびたさん

 コメントありがとうございます。
物語はすべてではありませんが
モデルがいるようです。

 源氏の絵は現代風に描くいています。

また訪問して下さいね

 
Posted by みのり at 2016年01月15日 13:52
こんにちは みのりさま

また次の展開ですね(^^)
でも 1度関係を持つとむげにせずに 面倒を見る光の君。
プレイボーイの鏡です(笑)
Posted by エミリア at 2016年01月15日 18:55
エミリアさん

 コメントありがとうございます。
源氏は昔の恋人にも文を送り寂しさを
紛らわせているようです。
また次の美女が現れそうです。
Posted by みのり at 2016年01月15日 19:30
こんばんは、
光源氏はとても可愛くて少年のようですね。
この絵は今日、私が見た絵と同じでしょうか?

階段にたくさんの絵が、どれも綺麗な十二単の源氏物語。
玄関にも素晴らしいキルト作品の数々・・・
本当にみのりさんには感心します。

今日は久しぶりに押し花を楽しんで嬉しいひと時を過ごせました。
Posted by くにちゃん at 2016年01月15日 20:59
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
この光源氏の和風画はピアノの上に飾って
いましたので階段の絵とは違います。

 今日は楽しい「押し花」の時間でしたね
カラスウリの作品いつ完成出来のか楽しみです。
 かなり元気になられて安心しました。
Posted by みのり at 2016年01月15日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック