Top 源氏物語>源氏の絵日記と紫の上の和歌

源氏の絵日記と紫の上の和歌

外の気温 1℃ 室内気温 8℃ 晴れ

 寒い朝です。
北風が木の葉を激しく揺らしています。
雨戸を揺らす音
エンジェルトランぺットも
寒そうに揺れています。
先日の激しい嵐で満開の花も痛んでいますが
つぼみに花が咲いてきました。

 赤い木の実も鳥に食べられずに
庭を飾っています。
 そろそろ”胡蝶の舞”も咲いてきそうです。

〜〜源氏の絵日記と紫の上の若〜〜

nurasaki.jpg
紫の上と和歌

 ”絵合”は物合わせの一種で 左右に分かれて
絵の優劣を競い合う遊びです。

ここで平安時代の遊びを紹介します。

 平安貴族は朝廷の務め仕事を 午前中に終わらせて
午後は自由で遊びの時間です。
碁や双六に興じ 女たちは物語や絵を楽しみ
男たちは蹴鞠や小弓 乗馬で汗を流すこともありました。
日が暮れると”宴”が開かれて 詩歌管弦の遊びが
始まり夜を徹して行われたようです。

 男性は漢詩や和歌を作り 琴 笛などの楽器演奏することが
貴族としての教養です。
 女性貴族は”琴や和歌”の才を身につけることです。

 ここで絵合わせに戻ります。
源氏が流謫の日々を綴った絵日記
苦難の日々を思い起こす光る源氏と紫の上の和歌です。

紫の上.jpg
紫の上の和歌

 ひとりゐて嘆きしよりは海女のすむ
      かたをかくてぞ見るべかりける
              紫の上

 現代訳
 京にひとり残って 嘆き沈んでいるよりは
つらくても海人の住む海辺 須磨 明石へご一諸に行って
このような景色を見ればよかったと思います。

 うめき見しそのをりよりも今日はまた
        過ぎにしかたにかへる涙か
              光源氏

 現代訳
憂き目(浮布)をみた つらいあの折にも増して
今日また あの折を描いた絵を見ると 改めて過ぎた
時のつらさを思い出して再び涙することです。

 *我が子「冷泉帝」の前で行われた”絵合”の行方は 
源氏の絵がもちろん”勝利”をおさめました。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:57 | Comment(10) | TrackBack(0) | 源氏物語


この記事へのコメント
みのりさん おはようございます〜!

今日は昨夜疲れてやらなかったことをやっていて、遅くなりました。
今日のブログは私の苦手部門で、いつもは「ポチッ」だけで帰っています(汗)
目覚ましを止めながら6時半に起きたら、雪が6〜7p積もっていますが、まだ雪かきもやってなくって・・
いつもありがとうございます〜!
Posted by 都わすれ at 2016年01月24日 09:33
みのりさん、こんにちは、

 今朝は風が強くて木々が揺れて
ざわめいています。

平安貴族は男も女も優雅な日々ですね。
一般庶民からは、かけ離れた生活だっ
たのでしょう。

紫の上の装いの素晴らしさ。
十二単の模様も美しく楽しませて
頂きました。

Posted by ケイコ at 2016年01月24日 10:39
都わすれさん

 早々にコメントありがとうございます。
苦手の分野でもコメント嬉しいです。
雪が積もっているようですね
こちらも今朝は寒いです。
元気にお過ごし下さいね
Posted by みのり at 2016年01月24日 10:45
ケイコさん

 コメントありがとうございます。
源氏物語 貴族の優雅な生活 
午前中にだけ仕事をして 午後は
優雅な遊びの時間を 宴 琴や笛など
庶民には夢のような生活だったようです。

 女性貴族は室内で過ごしことが
ほとんどでしたから 和歌や琴など
教養を身につけることが
必要だったようです。

 やはり私も庶民ですから 自由に外を飛び回れる
のがいいですね 鳥のように
Posted by みのり at 2016年01月24日 10:55
こんにちは みのりさま☆

源氏の君は 何をやらせても お上手なのね〜(^^)
あまり 完璧過ぎる男性は 私 引いちゃうけど。
それに 美男子だなんて 天は何物も与え過ぎ(笑)
あらやだ 物語の主人公でしたね (笑)
Posted by エミリア at 2016年01月24日 11:47
そちらの雪の具合はいかがですか?
こちらは眩しい陽射しがさしています。

みのりさん、ますます絵画の腕をあげましたね。
さらに、物語をよく学んでいるのは凄いです。

平安貴族ってモラル、常識が現代感覚とは
想像できない世界ですね。
Posted by 風香 at 2016年01月24日 13:04
エミリアさん

 コメントありがとうございます。
源氏は絵も上手なようです。
絵合わせでも源氏の絵が勝利を収めたようです。
 ハンサムな男性は愛情が薄いかも?
源氏はたくさんの愛人を持ち
今の人から見るとうらやましいかも
知れないですね
Posted by みのり at 2016年01月24日 18:16
風香さん
 コメントありがとうございます。
今日の寒さは異常です。
北海道は普通ですよね
九州も雪のようです。

 和風画喜んで下さりとても
うれしいです。
源氏物語はむずかしいです。

現代とは違いますね
Posted by みのり at 2016年01月24日 18:21
平安貴族の遊びを垣間見ることが出来ました
雅で上品な遊びですね
そして男も女も教養が無いと この世界に居られません
私は楽器は出来るが 歌を詠むことは全くダメだから やはり庶民が合うようです(笑)
Posted by のびた at 2016年01月25日 09:35
のびたさん

 コメントありがとうございます。
平安貴族は優雅ですね 和歌に琴や
琵琶など音楽はのびたさんの得意分野ですね
私はダメですので
やはり庶民になります。
平安時代の絵を描いて楽しんでいます。
Posted by みのり at 2016年01月25日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック