Top 伝説>桜が池の伝説

桜が池の伝説

外の気温 2℃ 室内気温 9℃ 晴れ
 朝焼けがとてもきれいな朝です。
オレンジ色の朝焼け 雲もなく久し振りに心癒されました。

 遠くからカラスの鳴き声が聞えてきます。

 このところの花粉症で頭が重い朝です。
しばらく花粉の飛ぶ量も多く マスクに薬は離せません

 *下向に咲くクリスマスローズも
赤に紫のつぼみも出来てきました。

〜〜桜ヶ池の伝説〜〜

~~大蛇〜〜.jpg
龍の伝説

 先日出かけた御前崎海岸 浜岡砂丘から
車で10分ほどのところに”桜ヶ池”があります。

ike .jpg
桜が池

 赤く大きな鳥居を車で くぐり抜けると
そのかなり奥に池宮神社があります。
神社の入り口付近には河津桜が満開に咲いていました。

さくら.JPG

 
 中に入ると”龍”が私たちを迎えてくれました。

龍伝説.jpg


 果肉植物やモザイカルチャーをイメージする
自然の植物で作られた”龍”が 
池の主である”伝説の龍”を再現しているようです。
 神社の奥には不思議な池があります。
今にも”龍”が現れそうな雰囲気の池でした。

 池の奥には神社の本殿があり”龍”を祭っているのかも知れません

神社.JPG
池宮神社

~~~☆~~~☆~~~☆~~~
〜桜ケ池の伝説〜
 比叡山の名僧皇円阿闍梨は、末法思想を憂い、世の中の人々を救済するため
自ら悟りをひらこうと考え、難行苦行を重ねました。
しかし、仏法をきわめることは非常に困難でした。
そして、人々を悩みから救うには、56億7千万年後に出現するという弥勒菩薩に
直接教えをいただく以外に方法がないと考えたのです。
ところが、人間の寿命ではこの願いはとうてい叶いません。
そこで平安末期、嘉応元年(1169年)6月13日、阿闍梨は
とうとう龍に姿を変えて桜ヶ池の底深く沈んだと伝えられています。
~~~☆~~~☆~~~☆~~~

浜岡 桜-372.jpg
桜ケ池のお櫃納め

 *池宮神社でお櫃納めの行事が行われます。桜ヶ池の対岸の池端に
赤飯の入ったお櫃が置かれると、若者たちが池に入り、泳いでお櫃を受け取ります。
それを池の中央まで運び、回転させながら体重をかけ、一気に池の中に沈めます。
数日後、沈めたお櫃が空になって水面に浮かび上がると
そのお櫃に込められた願いが叶うと伝わります。
 インターネットの資料を参照 

 *龍が突然現れそうな不思議な池でした。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 07:35 | Comment(14) | TrackBack(0) | 伝説


この記事へのコメント
こんにちは
そちら地方はどこに行っても河津桜は咲いてるんですね
これが終わる頃には春も本格的にやってくるんでしょう
龍が住む池なんですか雨の降る夜にきたら
天に昇る姿が見えるかもしれませんね。
Posted by はっちゃん at 2016年03月03日 11:06
はっちゃん

 伝説にコメントありがとうございます。
”龍”本当にいるのいですたら
出会いいものです。
 池から飛びだすとすごい迫力でしょうね
Posted by みのり at 2016年03月03日 11:46
 不思議な龍の伝説があるんですね。
自然の植物で龍の姿が作られているのは
珍しいです。
御前崎へは何度か行ってますが、この神社
は知りませんでした。

花粉の量が増えてきたようですね。
マスクをしてもくしゃみに困ります。
薬はあまり使いたくないですが、仕方
ないですね。
みのりさん、お大事にしてくださいね。
Posted by ケイコ at 2016年03月03日 13:31
みのりさん、こんにちわ

ブログは桜ヶ池の伝説すごいですね。
桜の池・・・龍が住む池はじめて
拝見しました。
私の所はまだ河津桜咲いていません。
素晴らしいお池ですね。
Posted by さつき at 2016年03月03日 13:42
今日は春爛漫のポカポカ陽気に恵まれ
桃の節句に相応しい好天気!
おひな様も嬉しそう♪

みのりさんは花粉症でお辛いですね。
私は鈍感なのか 全く大丈夫なんですよ!
不思議ですよね、厄介な持病は抱えてるのに

興味深いお話を今回もご紹介下さり
私まで雑学(?)が増えて 嬉しいです〜

花粉症くれぐれもお大事にね!
主人はお陰さまで体力、気力共に
大分 取り戻してきました。
Posted by misako at 2016年03月03日 15:25
辰年生まれなので龍が祀ってあるのでしたら
お参りしなければ〜
でも少々遠いかな?
Posted by お花畑 at 2016年03月03日 16:04
桜と龍・・ミスマッチな印象ですが
今日まで伝わるだけの意味合いがあるのですね。

それにしても、龍を造る作業も大変。。
意気込みが感じられます^^

花粉アレルギーは辛いででしょう。
こちらは、白樺とヨモギも季節かしら。。
Posted by 風香 at 2016年03月03日 17:14
けいこさん

 コメントありがとうございます。
桜ヶ池の伝説私も今回初めて知りました。
で龍が飛びだしそうな池でした。
平安時代にさかのぼる伝説のようです。

 花粉症辛いですね 朝起きると頭が
痛いくて辛いです。
心配ありがとうございます。
 ケイコさんもお大事にしてくださいね
Posted by みのり at 2016年03月03日 17:41
さつきさん

 コメントありがとうございます。
桜ヶ池 珍しい伝説でしょう
植物で出来た龍も迫力がありました。
 川崎ではまだ河津桜が咲いていないようですね 
桜はいいですね 日本人ですからね
Posted by みのり at 2016年03月03日 17:46
misakoさん

 コメントありがとうございます。
今日は3月3日ひな祭りでしたね
私は1日仕事でくたくたに疲れました。
体力の限界です。

 地方の伝説読んで下さりとても嬉しいです。
*ご主人さま少し安定して来たようですね
misako さんも大変ですね
お大事にして下さいね

 *私は毎年の花粉症の時期です。
マスクは離せません
Posted by みのり at 2016年03月03日 17:52
お花畑さん

 コメントありがとうございます。
虎年なんですね 私もそうです。
大阪からでしたらかなり遠くになります。
山の中にある桜ヶ池です。
Posted by みのり at 2016年03月03日 17:56
風香さん

 コメントありがとうございます。
桜と龍はあまりピンとこないですね

 龍を作るのも大変だったと思いすが
芸術的です。

 北海道では花粉は飛ばないとか?
花粉症はないですよね?
毎日マスクをしています。
Posted by みのり at 2016年03月03日 18:03
こんばんは、
桜ヶ池はうっそうとした木立があり、ちょっとこわいと昔から思っていました。
遠州七不思議をしらべるのも面白いですね。

今日は暖かでしたが、風が強く花粉症には大変です。
しばらくの間、マスクが手放せませんね。

しばらく私も忙しい日が続きますが、みのりさんもこの時期、無理しないでお体大切にね。
Posted by くにちやん at 2016年03月03日 20:51
くんちゃん

 コメントありがとうございます。
遠州七不思議 調べてみるといろいろありそうですね
あまり知られていないお話かもしれないですね
 やはりだれにでも知られている
”民話や伝説”も調べてみたくなりました。

 花粉症しばらく続きそうです。
忙しい日々続きそうですね
無理をしないようにね
Posted by みのり at 2016年03月03日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック