Top 百人一首>百人一首 喜撰法師と和歌

百人一首 喜撰法師と和歌

外の気温 6℃ 室内気温 11℃ 晴れ

 日の出が始まりました。
枯れ枝の影が壁に映り
横長の影が墨絵のようです。
一瞬にだけ見える幻の影絵も
なかなか素敵です。

 庭のお花たちも恵みも雨で
生き生きとしています。
春の花が次々に咲いてきます。
クリスマスローズにクロッカス 
水仙葉ボタンも素敵です。

 晴れの1日になりそうです。

〜〜百人一首 喜撰法師と和歌〜〜

額~~.jpg
喜撰法師と和歌

 久し振りに僧侶に挑戦しています。
描くのもとても難しいです。

八番
 喜撰法師(きせんほうし)

 我庵は 都のたつみ しかぞすむ
     世をうぢ山と 人はいふなり

 わがいおは みやこのたつみ しかぞすむ 
     よをうじやまと ひとはいうなり           
          『古今集』雑下・983

現代訳
 お坊さんの住む庵は、都である平安京のはるか離れた
東南にあるものだから、おかげさまで心静かに住んでいるのですよ
なのに、皆さんは、私が人々とのお付き合いがわずらわしいと思って
そんなところに住んでいると言っているようです。

 *世間の人は、都から離れて宇治山に暮らしている私を
「あの人は憂し(宇治)、つまり世の中をうとましく思ってここに
隠棲しているんだよ」と言う。
私自身は、平穏無事に心のどかに暮らしています。

雨の庭-066.jpg
喜撰法師と和歌

 作者
 喜撰法師は、京都のお茶で有名な現在の宇治市に住んでいたお坊さんです。
いまから1200年ほど前の平安時代の初めに生きたひとです。
この第8番の歌ともう一首が伝わるのみで、まったく正体が不明です。
貴族の子息だとか、天皇の出家した後のお名前だとかいわれていますが
詳しいことはわかっていません。
第35番の歌人である紀貫之(きのつらゆき)が選んだ、六人の優れた歌人
『六歌仙』のひとりにも選ばれています。

 僧侶は宇治山で平穏無事に暮らしていたようです。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 07:04 | Comment(8) | TrackBack(0) | 百人一首


この記事へのコメント
こんにちは みのりさま

喜撰法師は洒脱なお坊さんとして演じられることが
多いですね〜(^^) 煩い世間に背を向けて? 山奥の庵に
住まうとは なんか 気持ちが判ります (笑)
Posted by エミリア at 2016年03月15日 13:08
エミリアさん

 早々に訪問ありがとうごいます。
”喜撰法師”良くご存じのようですね
世間の人との交わりが、いやと思われて
いるようですが
そうではなく静かに過ごすのが
好きだったようです。

 僧侶を描くのは苦手です。
Posted by みのり at 2016年03月15日 17:11
 何だか風流な方ですね。
みのりさんの描く和風画では珍しく
お坊さんで後ろ姿。
百人一首にはお坊さんが結構多いですね。
昔、「坊主めくり」をやりましたよ。

昨日一日中の雪で、また一歩春が遠く
なった気がします。
Posted by ケイコ at 2016年03月15日 18:18
ケイコさん

 コメントありがとうございます。
坊主めくりゲームは百人一首でですか?
読み札と絵合わせですか?

 僧侶はかなりありますね
苦手ですが 頑張ります。
尼さんのようになりそうです。
Posted by みのり at 2016年03月15日 18:51
こんばんは、
お坊さんを描くのは難しそうですね。
あっさりした絵になりそうですが、字が素晴らしいです。

都から離れて、静かに暮らすのもまたいいものでしょうね。まさしく茶道の心です。

庭に植えた小さなケイオウ桜が咲いています。
Posted by くにちゃん at 2016年03月15日 21:04
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
僧侶の絵はむずかしいです。
行書を書くのは楽しいですよ

庭にさくらが咲いたようですね
うらやましいです。」
金曜日お待ちしています。
Posted by みのり at 2016年03月15日 21:34
自分と世間の人のギャップに苦笑してる感じですね
喜撰法師って飄々とした明るい人柄だったのでしょう
後姿の絵もまたいいですね^^
春の花が次々と咲いて嬉しい事ですね

Posted by レフア at 2016年03月15日 23:12
レフアさん

 コメントありがとうございます。
平安時代や現在もそうですが
人々の生活から離れて1人でくらすのは
やはりさみしいでしょうね
それでも静かな生活に 満足していたようです。
Posted by みのり at 2016年03月16日 05:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック