Top 伝説>三保の松原”羽衣伝説”

三保の松原”羽衣伝説”

外の気温19℃ 室内気温24℃ 雨

 朝方やんでいた雨もまた降り出しました。
ポトポト雨の音だけが聞こえています。☂

 咲き始めの百合の花も
雫の重さで垂れ下がっています。
ジャスミンの枝には1列に並ぶ
パールの雫が光輝いています。
ポトポト雨の雫がこぼれ落ちてきます。☔

 かすかに小鳥のさえずりが聞こえてきます。🐦🎶
雨の1日になりそうです。

〜〜三保の松原”羽衣伝説”〜〜

gaku.jpg
天女の舞

 昨年富士山の写真を撮ろうと
懐かしい清水まででかけてきました。
清水には転勤時代に7年間住んでいたところです。

 もうかなり昔になりますが清水に住み初めて
すぐの頃に”三保の松原”に出かけました。
 羽衣伝説の松を見て当時は枯れかけた
松にショクを受けた記憶がよみがえります。
その松も2代目の新しい松が植えられていました。

 変形した松が歴史を感じます。
世界遺産に登録されて 海岸もきれいに整備されて
松を保護している様子が伝わります。

 ”羽衣伝説が伝わる松” 変形した松に
天女の羽衣が松の枝にかかり 風に揺れていた
様子が浮かんできます。

天女.jpg
天女の舞

∼羽衣伝説〜
 香りに惹かれて美しい衣を持ち帰ろうとした漁師に
天女はその羽衣がないと天に帰れません 返して下さい 
漁師は天女の舞いを見せてくれるならかえしましょう
衣をまとい天女は優雅に裾をひるがえし舞いはじめました。
 漁師が美しい舞いに見とれていると
天女はふわりふわりと天に上り 富士の高嶺の
霞みにまぎれて消えてゆきました。

*今回初めて天女を描いてみました。
ふわりふわりと空を飛ぶ天女
透き通るように描いてみました。

 世界遺産にも登録された富士の岑に消えた”天女”
*富士山にはかぐや姫の伝説なども残されています。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:52 | Comment(16) | TrackBack(0) | 伝説


この記事へのコメント
こんにちは みのりさま

お能にも「羽衣」という演目がありますね〜
心優しい漁師さんとのやりとりで 和みます。
青い海に立派な松 その向こうに富士山が見えるなんて
日本人の1番好きな景色のひとつでしょうね (^^)
軽やかで透き通るような 天女 気分も明るくなります〜
衣装も素敵です。
Posted by エミリア at 2016年06月28日 12:15
こんにちは
三保の松原は息子の嫁の実家が静岡なので行ったことがありますよ
ここから見える富士山はあの浮世絵の通りですね羽衣の松も見てきましたよ
Posted by はっちゃん at 2016年06月28日 12:19
エミリアさん

 早々にコメントありがとうございます。
羽衣が「能」にあるようですね
天女の舞を表現しているのでしょうね
 三保から見た富士山は素敵です。
また清水まで富士山の写真を撮りに
出かけたくなりました。。
Posted by みのり at 2016年06月28日 13:23
はっちゃん

 コメントありがとうございます。
お嫁さんが静岡の出身なんですね
浮世絵の富士山や三保の松原も
素敵ですね
富士山は世界遺産になりましたからね 🗻
Posted by みのり at 2016年06月28日 13:28
こんにちは!
今日はあいにくの雨で洗濯物の心配をしなくては行けなくなってしまいました。ガッカリです。
今日は三保の松原羽衣伝説です。
実はまだ三保の松原には行った事がありません。
世界遺産に登録されている場所でもあるので何時か行って見ようとは思っているのですが今はみのりさんのブログを読んで三保の松原に思いを馳せております。
描かれている天女の舞の絵優雅に天を舞っている美しい天女の姿がより一層羽衣伝説を思い起こさせてくれます!
Posted by カルピン at 2016年06月28日 14:14
みのりさん〜
わたしはよくわかりませんが・・・
三保の松原富士山があるのですね
素敵でしょうね。
Posted by さつき at 2016年06月28日 15:30
カルピンさん

 コメントありがとうございます。
天女の絵も喜んで下さりうれしいです。
薄い衣を描くのに苦労しました。
三保の松原から富士山に向いとんで行きました。
羽衣の松も芸術的でしたよ 機会がありましたら
1度お出かけ下さい
今雨はやんでいます。
Posted by みのり at 2016年06月28日 15:45
さつきさん

 コメントありがとうございます。
三保の松原から遠くに富士山が見えます。
この三保も世界遺産に選ばれています。
浮世絵などにも描かれています。
Posted by みのり at 2016年06月28日 15:49
天女は天に帰っていく
透き通るようにふわりふわりと
画がほんとにぴったりで色使いも素敵だし
とっても素晴らしい!
心がほんわかしてきました
三保の松原を詠んだ和歌もありますね
Posted by レフア at 2016年06月28日 16:51
レフアさん

 コメントありがとうございます。
ふんわり天女の衣を柔らかく描いてみました。
”天女の舞”を見せて富士山方面に飛んで行き
ました。🗻
三保の松原の松も芸術的でしたよ
絵喜んで下さりうれしいです。
Posted by みのり at 2016年06月28日 17:20
みのりさん こんばんは!
羽衣伝説懐かしいですね。清水には親戚がおり
そこを訪れたおり現地を観て参りました。

天女の舞見事な出来栄えですね。天女の舞姿も
さることながら、天女が遥か天空に舞いながら
飛んでいく姿にも見える絵です。
Posted by 俊介 at 2016年06月28日 19:57
こんばんは、
三保の松原と天女、子供の頃は綺麗な女性がいるのかと思っていました。
中学生の頃行った時には、大きな松しかなくてがっかりしました。
大人になれば当たり前ですが、素晴らしい景色に感動しますね。
みのりさんの描く天女の羽衣が綺麗です。
Posted by くにちゃん at 2016年06月28日 21:11
俊介さん

 コメントありがとうございます。
天女の舞 喜んで下さりうれしいです。
羽衣をふわふわに透き通るように
描いてみました。
*清水に親戚の方がいらっしゃるとか
最近はとてもきれいになりました。
Posted by みのり at 2016年06月28日 21:57
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
子供の頃はきれいな天女がいるのかと
思うかもしれないですね
 昔は羽衣の松も枯れていてガッカリでしたが
最近は2代目の松でとてもきれいにされています。
世界遺産でしすからね
冬に行くと感激しそうです。
Posted by みのり at 2016年06月28日 22:03
みのりさん おはようございます〜!

私が静岡に行ったのは伊豆だけで(東伊豆)、富士山も「踊り子」の中からと、江の島からだけで「羽衣伝説」も知らなかったです。
これもみのりさんが描いたのね・・?
みのりさんにできないことってあるのかなぁ・・?
とても素敵です〜!
6月14日に倒れて救急搬送されて、亡くなる9日までICUから出られなかったですが、原因が分からないと言う「間質性肺炎」でした。
85歳だったから元気なら101歳ですね。
Posted by 都わすれ at 2016年06月29日 06:54
都わすれさん

 コメントありがとうございます。
天女の絵初めて描いてみました。
空を飛ぶ天女 透き通っている
衣を描くのに苦労しました。
天女の絵を参考にしています。

 *私はできないことがたくさんありますよ

 *お母さま「間質性肺炎」で亡くなられたようですね
辛かったでしょう
Posted by みのり at 2016年06月29日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック