★人気ブログランキング★
前の記事 TOP 次の記事

2016年07月04日

ゆるキャラ”しっペイ君”伝説

外の気温 23℃ 室内気温 27℃ 晴れ
 昨日は疲れのためかなり早めに睡眠を
今朝は5時に目が覚めました。
まぶしいほどの太陽の光が
 今朝は朝日が昇る光の影がとても美しく
墨絵のような木影を写真に撮りました。
写真は次回に

 プランターに撒いた”夕顔”の種から芽を出してきました。
玄関の門の外に置いてナニワイバラのツルに
はわせるつもりです。
清楚な白い花を木陰でひっそりと咲かせるのは
かわいそうですから

 真夏のような暑い1日になりそうです。

〜〜ゆるキャラ”しっぺい君”伝説〜〜

si.gif
磐田市の”しっぺい君”

 静岡県磐田市のゆるキャラ ”しっペイ君”
ゆるキャラコンテストでも以外に上位にいますので
見たことがあるかもしれませんね
かわいい犬です。
 磐田市では市役所はもちろん
お店のいたるところに
”しっペイ君”の人形が飾られています。

 なぜ磐田市がこのかわいいキャラクターを
選んのかその伝説の意味を調べてみました。

霊犬.jpg
霊犬神社

 〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜
〜ゆるキャラ”しっぺい君”〜
ジュビロ磐田でおなじみ静岡県磐田市にある『矢奈比賣神社』の一角に
『霊犬神社』という小さな社があります。
ここ数年ゆるきゃらグランプリで上位に入る実力派『しっぺい太郎』のモデルにもなった
悉平太郎(しっぺいたろう)を祀る神社です。

〜伝説〜
 この町には泣き祭りと呼ばれる祭りがありました。
毎年選ばれた屋敷に何処からともなく飛んできた白い矢が刺さり
矢のささった家は年番として家の娘を差し出さねばならないのです。
その年番に選ばれた家では人身御供として少女を生きたまま棺に入れ
差し出します。
するとほどなく恐ろしい怪物が現れて少女を食べてしまうのでした。
町ではそれを泣き祭りと呼んでいました。

 この恐ろしい風習をやめなくてはならない、と、この怪物を退治するために
雲水という僧侶が修行をし、妖怪の声をきき、はるばる信州(長野県)まで行って
探し出したのが犬の悉平太郎(しっぺいたろう)です。

 その年は町の人たちが年番の少女を必死の思いで隠しました。
一方棺の中には信州からやってきた犬の悉平太郎が入って待機しました。
そして怪物が現れたとき……悉平太郎は猛然と襲い掛かりました。
壮絶な闘いの末、怪物は退治されたのです。
 磐田市の資料参照
〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜

 *この伝説に登場した「犬の悉平太郎」が磐田市の
ゆるキャラです。
よく見るとかわいい”しっペイ君”です。
飾っておきたいゆるキャラです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by みのり at 07:11 | 伝説

前の記事 TOP 次の記事


良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★



Powered by Seesaa