Top 続 源氏物語>続 源氏物語「優美な香」

続 源氏物語「優美な香」

外の気温 23℃ 室内気温 27℃ 晴れ

 今朝もかなり早起きです。
雨戸を閉めるのを忘れて 明るさのため早起きです。
 フウセンカズラの繊細な葉に
木槿の影が風に揺れています。
光と影の墨絵が素敵です。

 ことりのさえずりが聞こえています。🐦🎶
チュン~~チュン~~♪
ピィピィ~~ピィピィ~~♪

 *昨日から”蝉”のなぎ声も聞こえてきます。
真夏のような暑さになりそうです。

〜続 源氏物語「優美な香り」〜

 今日から「続 源氏物語」が始まります。
美しい光源氏は数多くの姫君たちとの恋
生涯で何人の人に恋をしたのでしょう

 源氏の父「桐壷帝」は何度も占いをさせています。
源氏の子供は3人です。 
一人は帝 一人は妃 一人は太政大臣になると
予言されていました。
 *11歳で元服した東宮が「冷泉帝」として即位します。
     (桐壷との間に出来た不儀の子)
 *葵の上との間の子夕霧は「太政大臣」に
 *明石の姫ぎみは「妃」になると

*源氏物語総集編です。
http://minorinoheya.com/article/434105008.html

 今回から光源氏のこの子供達に触れてみたいと思います。
中には源氏の孫にあたる「匂の宮」も

 *恋物語のヒーローは若い貴公子がふさわしいと
右大臣として権力をふるう夕霧はもう40歳である
夕霧より3歳年上の「冷泉院」は
光源氏の子であることを知っているらしい
明石の姫は「妃」になり5人の子供に恵まれます。
次のヒーロは?

〜優美な香り〜

 *薫の身に漂う 仏身を思わせる優美な香り
薫の身には生まれつき芳香が備わり 色恋沙汰は好まず
控えめにふるまっています。

gaku.jpg
薫と和歌

源氏の子? ”薫” 女三の宮の子
 自らの出自に悩む青年薫の苦渋の思いを和歌に詠んでいます。

 おぼつかな 誰に問はまし いかにして
     はじめもはても 知らぬわが身ぞ
                薫

 *何かはっきりしないできにかかることだ 誰に
たずねたらよいのだろう どのようにしてこの世に生まれ
これから先どうなるのだろうか 全くわからない私の身の上は

薫.jpg
薫の和歌

 薫は母 女三の宮に訳をただす気は全くなく
後になって宇治に使える老女に 柏木の乳母子の弁の
君から事情を聞かされることになる
その真実はいつも薫の性格や行動に重い影を落とすのである

 *表であり明けである「匂の宮」明石の姫と帝の子
三の宮で光源氏の孫にあたります。
 *薫は表向きは光源氏の次男 しかし源氏の妻
女三の宮に近づき 悲恋を遂げて亡くなった青年柏木が
実父である

 *ヒーロには”薫に匂の宮”が登場してきます。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:16 | Comment(14) | TrackBack(0) | 続 源氏物語


この記事へのコメント
こんにちは!
今日は良く晴れて洗濯物が乾いてくれましたがその分とても暑く目眩をおこしそうです。暑くて頭が回らない!
続源氏物語「優美な香」今日から続源氏物語が始まります。
源氏の子供そして孫が登場するのがたのしみです!
薫一応源氏の二男と言う事になっているが実は源氏の子ではないと言う生い立ちを持っている薫和歌にその心情が詠まれています。
自らの出自に悩む薫の姿が痛々しくもあり罪深きは親なり!と言うところでしょうか?
また源氏物語を学ぶが出来るのでとても楽しみです!

Posted by カルピン at 2016年07月07日 15:06
カルピンさん

 早々にコメントありがとうございます。
今日は暑いですね
私は早朝に庭に出ただけで部屋の中です。

 続源氏物語は子供達に目を向けています。
匂の宮は明石の姫の子供です。
薫は女三宮が産んだ不義の子ですが
どのように物語が動いて行くのか
楽しみでもあります。
薫が実の子供でないことを知り悩む
姿がいたいたしいですね
また続きにも訪問して下さいね
Posted by みのり at 2016年07月07日 15:36
みのりさん〜
続源氏物語が始まりますか・・・
なにもわからなく 優美な香

また源氏物語を学ぶが出来るのでとても楽しみにしてます。
ありがとうございます。

Posted by さつき at 2016年07月07日 15:57
ちょっとお願いがあります
ナビで画像のトラブル事務方に報告したらログインできなくなりました
このままでは皆様に挨拶なしで退会になりますのでよろしくお願いします。
Posted by はっちゃん at 2016年07月07日 16:19
さつきさん

 コメントありがとうございます。
続源氏物語 また是非訪問して下さいね
今回も読んで下さりうれしいです。
Posted by みのり at 2016年07月07日 16:33
はっちゃん

 コメントありがとうございます。
画像のトラブルとか回復が出来るといいですね
私は外部のブログですので
外部から是非訪問して下さいね
毎日更新しています。
Posted by みのり at 2016年07月07日 16:35
ふぅ〜暑いですねぇ! 今日の猛暑ったら!

次々と新しい連載をスタートされる意気込み
パワフルな情熱、さすが我らがみのりさんですね。

すっかり読み逃げの常習犯に徹していた私ですが
気を取り直してコメントを..などと張り切って
みるものの、気の利いた書き込みは常連さん達に
お任せすることにして...私は勝手ながら呑気に
お勉強させていただきますね〜
Posted by ローズマリー at 2016年07月07日 16:46
こんにちは みのりさま

続 源氏物語 楽しみにしています (^^)
覚えては忘れてしまうので (笑)
また勉強させていただきたいです。

暑い1日でしたね。
お身体 ご自愛下さいませ (^^)

Posted by エミリア at 2016年07月07日 17:01
ローズマリーさん

 今日もコメントありがとうございます。
静岡県もかなり暑いようです。
私は早朝に庭に出ただけで
室内でチクチクしながら過ごしています。
 ”続源氏物語”読んで下さりうれしいです。
短編になりそうですが
和風画を描いてみます。
また是非訪問して下さいね
Posted by みのり at 2016年07月07日 17:51
エミリアさん

 コメントありがとうございます。
続 源氏物語読んで下さりありがとうございます。
とても詳しいようですねでまた教えて下さいね
暑い1日でしたね
熱中症には気を付けて下さい
Posted by みのり at 2016年07月07日 17:56
みのりさん こんばんは。
温泉治療から帰りましたら畑のキュウリのが大収穫これからはキュウリ三昧で過ごすことになりそうです。。
仙台地方は湿気が多く夕方になると肌寒い位です。
青年薫の葛藤よく句に出ていますね。
続源氏物語楽しみにしております。
Posted by 俊介 at 2016年07月07日 18:51
俊介さん

 コメントありがとうございます。
温泉治療からお帰りなさい
奥様の様子はいかがですか?
お大事にして下さいね

 青年”薫”の苦しみが良く表現されていますよね
これか短編ですが 続源氏物語を書きたいと
思います。

 仙台は夕方になると肌寒いとか
今日は暑い1日でした。
ほとんど外には出ていませんが
Posted by みのり at 2016年07月07日 19:26
こんばんは、
暑い1日でした。
源氏物語が新しく始まったんですね。
複雑な物語は難しいですが、いつも絵が綺麗ですね。
歴史に詳しいみのりさんには改めて感心します。
明日からしばらく実家通いです。
坊層川ではハマボウが咲き始めたようです。
Posted by くにちゃん at 2016年07月07日 21:46
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
「続源氏物語」読んで下さりうれしいです。
 お母さまの初盆なんですね
静岡県は7月と8月に分かれていて
複雑です。
忙しくなりそうですね  
 *ハマボウが咲きはじめたようですね
写真を撮りに出かけてみます。
Posted by みのり at 2016年07月08日 06:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック