Top 続 源氏物語>続源氏物語 橋姫

続源氏物語 橋姫

外の気温 23℃ 室内気温 28℃ 曇り

 蝉のはげしい鳴き声が聞えてきます。
ブルーの蝶々がひらりひらり飛びまわっています。
 ゴーヤのつるが棚の一番上までたどりつき 
上を這う高さまできました。
 小さな実が3ヶほど
今年はスーパーゴーヤの苗は2本買いましたが
あとはこぼれ種から芽を出したつるが
ぐんぐん伸びています。

 食べられるまであと2週間くらいかかりそうです。
早く新鮮はジュースを飲んでみたくなりました。

〜〜続源氏物語 橋姫〜〜

源氏の子供-002.jpg
大君と和歌

 薫は宇治で八の宮(源氏の弟)2人の親交が始まります。
宇治に世間から忘れられた古宮がいました。
 光源氏の異母弟の八の宮です。
宮の噂を聞いた薫はその人柄に惹かれて宇治を訪ねます。

 3年の歳月 ひたすら八の宮との道心をめぐる
親交を温めた薫 出生の秘事に悩む薫にとって
それは無意識のうちに不在の父を求める
行為でもあった。

 ある日薫は 有明の月の下で
姫君たちをかいま見る
 宇治に通い3年目の秋 八の宮の
留守に尋ねた薫は 月下に琵琶と琴を
合奏する大君 中君の姉妹をかいま見て
その美しさに心奪われます。
 薫は客人としての言葉をかけたのである

 父不在の寂しい暮らしを思いやる薫と
模範的な対応をした大君の和歌です。

 橋姫の 心を汲み手て 高瀬さす
      棹のしずくに 袖ぞ濡れぬる
               薫
 現代訳
 宇治の姫君の 寂しいお心をお祭し申しあげ
宇治の浅瀬に竿さして行く舟人たちが竿の
雫に袖を濡らすように 私の袖も涙で濡れてしまったことです。

大君〜.jpg
大君と和歌

 さしかへる 宇治の川長 朝夕の
     しずくや袖を くたしはつらん
              大君
 現代訳
 竿さして行き帰りする宇治川の渡し守は 
朝も夕べも霜に袖を濡らして その袖をすっかり
朽ち果てさせていることでしょう
私の袖もまた 涙によって朽ちはててしまいそうです。

 大君は薫の地位などを考えると
紙にたきしめる香りなども 並みのものでは
いささか気がひめる思いだが 歌を返します。

 *薫は姉の大君に思いを寄せているようです。

 やがて八の宮に姫の後見を託された薫は
出生の秘密をしらされる
亡き(柏木の乳母)から柏木の子であることを
知らされて衝撃を受けます。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | 続 源氏物語


この記事へのコメント
ゆっくりと源氏物語に親しみたいですね。日々の仕事などに追われ、なかなかしんみりとした時間が持てなくて残念です。

瀬戸内寂聴さんのなら読めそうです。

みのりさんのブログから知識いただきですね。
Posted by バーバラ at 2016年07月13日 17:34
バーバラさん

 コメントありがとうございます。
お元気そうで安心しました。
以前に源氏物語に百人一首も終わり
「続源氏物語」に挑戦しています。
和風画を描き簡単に和歌の現代訳など
紹介いています。
まだ訪問下さいね
Posted by みのり at 2016年07月13日 19:23
今晩は!
今日もまた訪問が遅くなってしまいましたこの蒸し暑い中友達に会いに小田原まで行って来ました友と会え元気を貰って帰って来る事が出来ました!
今日は続源氏物語橋姫です。
私の好きな源氏物語でもう一度元気を貰えたのに今日は何とも胸の詰まる思いで源氏物語を捕らえる事に成ってしまいました薫と大君の二首の和歌が余りにも切なくておまけに薫の出生の秘密も知らされて薫が不敏でなりません。
この後薫はどうなってしまうのでしょか?
薫にも良い事が有れば良いのにと願うばかりです!
Posted by カルピン at 2016年07月13日 22:51
みのりさん おはようございます〜!

毎度素晴らしい絵と文字に、「私にはできない」です。
絵手紙がやっとで・・
ゴーヤのツルが伸びて来ましたが、まだ実は見つけてないです。
昨日は午後から夜に結構強い雨が、今日も雨みたい・・
昨日はあと1分のところで失点し、浦和に「0−1」の惜敗でした(泣)
Posted by 都わすれ at 2016年07月14日 06:53
カルピンさん


 お疲れのところコメントありがとうございます。
美術館巡りをされましたか?
友人との時間は癒されそうですね(^^♪
 
 *今回の薫は山奥にひっそりと住む橋姫
月夜の美しい夜に聞こえてくる 
琵琶と琴の音色 薫はその音色を静かに聞いて
姫の美しさに心奪われたようです。

 薫は乳母から出生の秘密を聞かされて
かなり落ち込んだようです。
この先どうなるのでしょうね?
Posted by みのり at 2016年07月14日 08:05
都わすれさん

 コメントありがとうございます。
絵手紙 長くされているようですから
かなりのベテランなのでしょうね

 私も素人ですが和風画が好きで描いています。
あくまでも素人に趣味です。

 仙台は雨 今日も雨のようですね
こちらは昨日の夕方少し雨が降りましたら
今朝は晴れ雨がほしい毎日です。
Posted by みのり at 2016年07月14日 08:09
こんにちは みのりさま

みのりさんお得意の姫の和風画ですね〜
姫の髪と着物 そして書体が流れるように
まとまって とても素敵な作品です (^^)
薫も思いもよらぬ人から出生の秘密を知ることに
なりますね。 琵琶の音色も哀しげな感じです。
Posted by エミリア at 2016年07月14日 15:20
エミリアさん

 軽井沢からお帰りなさい
避暑地で楽しまれたようですね

 和風画も久振りに描きました。
くずし文字も書いてみました。
薫の出生の秘密も知らされて
かなりショックのようです。
Posted by みのり at 2016年07月14日 16:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック