Top 続 源氏物語>続源氏物語 浮舟の秘密

続源氏物語 浮舟の秘密

外の気温 24℃ 室内気温 27℃ 曇り

 蝉の鳴き声がにぎやかです。
今朝も5時に目が覚めました。

 庭を見てビックリ 美しい芙蓉が
7りんも咲いていました。
その華やかに魅了されました。🌺(^^♪

 モミジ葵もつぼみがふくらんで今にも咲きそうです。
毎朝思いがけない出来事に出合います。

〜〜続源氏物語 浮舟の秘密〜〜

うき ふね.jpg
浮舟と和歌

 匂宮は二条院で出逢った(浮舟)が忘れられず
中の君にその素性を訪ねますが 中の君は薫の気持ちを
思い知らぬふりをします。
 
 浮舟の居場所を知った匂宮は こっそりと
宇治へ向います。
 浮舟が薫の隠し人と知って宇治を訪れた
匂宮は薫を装って浮舟の寝所に入り
強引に想いを遂げます。
 
 浮舟は薫でないことを知り愕然(がくぜん)とします。
次第に一途な匂宮に惹かれてゆきます。
 恋に酔いしれる匂宮と浮舟

 2月 久ぶりに宇治を訪れた薫は もの憂げな
浮舟の様子を女性として 大人びたと喜びます。
 京に迎えると約束をするが 浮舟は匂宮との
秘密を思い煩悶(はんもん)する

 匂宮に身も心も惹かれていく
浮舟とそれに気づかない薫との相聞歌

 宇治橋の 長きちぎりは 朽ちせじを
      あやぶぬかたに 心さわぐな 
                薫
 現代訳
 あの宇治橋のように 末永い二人の契は
朽ちることなどあり得ませんのに 不安に思って
心配したりはなさらないで下さい。

浮 ふね.jpg
浮舟と和歌

 絶え間のみ 世にはあやふき 宇治橋を
     朽ちせぬものと なほたのめとや
                浮舟
 現代訳
 板の隙間が多くて危ういあの宇治橋
そのように絶え間の多いあなたさまのご縁を
決して朽ちないものと 今も信じなさいと
仰せなのでしょうか。

 *浮舟は薫の誠実さとは異なる匂宮の情熱に
いつの間にか身も心も惹かれてゆくのである
薫はまだ知らない
 薫は浮舟の涙が 自分がなかなか訪れなかったせいだと
思い入んでいて 迎えいれる京の新邸の話をするが
浮舟の涙は止らない
心の隙間を詠んだ歌です。

 可哀想な薫 心のすれ違い!
この先どうなるのでしょうか?

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 07:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 続 源氏物語


この記事へのコメント
こんにちは みのりさま

別人になりすまして 寝床に入るなど とても
信じられませんが さすが 源氏の血筋 (^^)
そんなはじまりであっても 恋仲になるのですから
男女の仲はわかりません (笑) 匂宮も遊び人で
魅力があったのでしょうね うっっ、、薫が哀しい。
Posted by エミリア at 2016年07月22日 09:44
エミリアさん

 早々にコメントありがとうございます。
薫になりすまし寝室に?
確かに源氏の血筋ですね
それでも豆なところが好きになるなんて
不思議です。
薫はなかなか宇治まで行けなかったようです。
遊び人は女の扱い方もご存じてのようです。
 *薫の気持ちを考えると可哀想です。
Posted by みのり at 2016年07月22日 12:24
こんにちは!
今日も雨が降っていて過ごしやすい日となっております。
洗濯物が乾かないので晴れて欲しいものです!
続源氏物語 浮舟の秘密です。
三角関係になっている薫、浮舟、匂宮。
だが浮舟は騙されたかたちになったものの匂宮に身も心も惹かれていく和歌にもその気持ちが良く表れています。
浮舟と匂宮の事を知らない薫が哀れに思えてきます。
男女の仲って良く分かりませんね。
この先どうなるのでしょうか?
Posted by カルピン at 2016年07月22日 15:07
カルピンさん

 コメントありがとうございます。
薫に浮舟に匂宮との三角関係
誠実な薫が哀れですね
しあわせな笑顔の薫を描きたいのですが
その場面がなかなかみつかりません?
 この先どうなるのでしょうね
最後までお付き合い下さいね
Posted by みのり at 2016年07月22日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック