Top 続 源氏物語>続源氏物語 夢浮橋 最終回

続源氏物語 夢浮橋 最終回

外の気温 24℃ 室内気温 28℃ 晴れ

 にぎやかな蝉の鳴き声が小鳥の優しい
さえずりを消しています。🎶
昨日の深夜の雨で庭の花や植物も元気を
とり戻しています。

 雨が降るとゴーヤも少しだけ大きくなってきた
ような気がします。

 *今朝は 紅葉葵が3りんに芙蓉が2りん
大きな花を咲かせています。
朝陽を浴びてその美しさに魅了されます。

 暑い1日になりそうです。

〜〜続源氏物語 夢浮橋 最終回〜〜

源氏 薫-007.jpg
薫と和歌

 続源氏物語も最終回を迎えました。
10回ほどの短編でした。
主人公は”薫と浮舟”のような気がします。
 匂宮は時々登場する情熱的な遊び人のようです。

 浮世を捨て出家した浮舟に 切々と心情を
うったえる薫の和歌です。

 法の師と たづぬる道を しるべにて
   思わぬ山に ふみまどかふな
              薫

かおおる.jpg
薫と和歌

 現代訳
 仏道の師として 横川の僧都をおた訪ねしたのですが
それが道しるべとなって 思いがけずあなたへと通じ
る道を知り 私は今 恋の山路に踏み迷っています。

 *横川の僧都から自分が救った不思議な女人の話を聞かされた。
それが”薫の悲嘆のもとになった浮舟”であることを知り
薫は驚いて横川の僧都を訪ね その妹尼が大切に世話している
女人が浮舟に違いないことを確信します。
 
 *薫は山から都へと山道急ぐが そ行列の松明の灯りが
谷間を通って行くのを 尼君たちも浮舟も遠く見送っている描写には 
哀感がある 深々と生い茂った青葉の山に向かって 
遣水に飛ぶ蛍を眺めるくらいしか することのできない浮舟でした。

 時は五月闇 浮舟の心はただ”阿弥陀仏を念ずる”
ほかに自らの救いはないのである

 *この歌は事実を知った薫が 浮舟の異母弟(小君)に
持たせた 文の中に書かれた一首です。
 細やかな文には 今はただせめてあの時の
出来事の話だけでもしたいのですと述べています。 

 しかし浮舟は この文を読んで泣き伏したものの
これはお届け先を お間違えになったのかも知れませんと
届けた弟にも会わずに この文を返してしまいます。

 今はもうこの世を捨てて出家してしまった身 
誰にも流されたくない浮舟の姿がそこにありました。
 そしてこの長い物語もぷっりと終わるのである

 *薫の誠実さと匂宮の情熱に揺れ動いた浮舟は
どちらにもなびかず 物語は終わります。
 *平安時代の中で罪深いとされる女人
ここでは出家することで世上の男性の手の届かない
存在になる姿がある
「女の独立」です。

*次回は総集編です。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 続 源氏物語


この記事へのコメント
こんにちは!
今日も暑い一日になりましたそのお陰で洗濯物も良く乾いてくれそうです。
今日は続源氏物語 夢浮橋 最終回です。
やはりこの様な結果になってしまいましたとても残念でもありこれで良かったのではないかとそんな風に思ったりもします。
和歌から薫の誠実さが読み取る事が出来ますだけど浮舟としてはこれから先の事を考えると色々思う事があったのでしょう二人の男性への思いを断ち切り仏門の道を選んだ浮舟の気持ちが何となく分かる様な気がしますね。
浮舟、薫、匂宮それぞれの幸せを祈るばかりです!
Posted by カルピン at 2016年08月04日 14:52
カルピンさん

 早々にコメントありがとうございます。
こちらも暑くてクーラーを入れても暑いです。
 続源氏物語も最終回になりました。
入水した浮舟に文を送るも返されるて
薫の恋も終わりを迎えました。

 *浮舟の気持ちが同じ女人ですから
分かりますね
気持ちの整理をしたかったのでしょうね
Posted by みのり at 2016年08月04日 15:29
こんにちは みのりさま

最終回は薫の画なんですね (^^)
穏やかな表情にも見えます。
薫は出生から 運命に翻弄され続け悩み続け
繊細な性格で深く傷つくこともあったでしょうね。
それでも人生は続いていくので 3人 それぞれ
この先 どう折り合いをつけていったのでしよう。
総集編 楽しみにしています。
Posted by at 2016年08月04日 17:28
エミリアさん

 コメントありがとうございます。最終回
薫は出生の秘密を知り傷付いたのでしょうね
 1度だけ薫と恋人のしあわせな和風画を
描いてあげたかったといと思います。
 この先大好きな人に巡り会えることを
願いたいくらいです。
次回は総集編です。
 *暑い1日でしたね〜🌞
Posted by みのり at 2016年08月04日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック