Top 静岡県の歴史>大河ドラマ女領主”直虎”

大河ドラマ女領主”直虎”

外の気温 7℃ 室内気温 15℃ 晴れ
雲ひとつない青空です。
 花冷えの寒い朝です。
壁に写す木の葉の影が
穏やかに揺れています。

 ことりたちもさえずり 🐦🎶
チュン〜〜チュン〜〜♪
ピィリリ〜〜ピィリリ〜〜♫
静かで心癒される朝です。
 庭には薔薇やコデマリの小さな
つぼみも出来てきました。
 ピンクのチューリップも咲いてきました。

晴れの1日になりそうです。

〜〜大河ドラマ女領主”直虎”〜〜

浜松城 サクラ-088.jpg
女領主直虎

 浜松城 今年は家康君と仲良く
大河ドラマ”直虎”が紹介されていました。
 満開の桜に迎えられるように
旗がひらひらと風にゆれていました。

なおとら〜〜.jpg 
 直虎の旗

 そのすぐ横には
直虎グッズを売るお店が

なおとら〜.jpg
 お店

 今年の浜松城は”直虎と家康”が
いたるところで紹介されていました。
記念写真も直虎でした。

なおとら.jpg
写真撮影

〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜
〜「井伊直虎」〜
戦国時代から安土桃山時代を生きた、遠江国井伊谷
(現 浜松市北区引佐町井伊谷)の女領主です。
 22代目の井伊谷城主、井伊直盛の一人娘として誕生しましたが
跡継ぎとなる男子がいなかったため、従兄弟の「直親」の許嫁となります。
 
 *直虎は、戦乱の中亡命した許婚・直親が死んだと思い込み
出家して「次郎法師」として生きることになります。
その後、実は生きていた直親も殺害されました。
家系を守るはずの井伊家の男が次々と殺害され
家の名が残るかの瀬戸際まで追い込まれることになるのです。

 井伊家を存続させるために、直虎は直親の子「直政」の後見人となり
井伊直虎として女領主として生きることになります。
そして直政が15歳の時、徳川家康に出仕することで
井伊家の復興を果たすこととなるのです。
直虎が捧げた人生がこうして、井伊家を救うことになりました。

http://www.nhk.or.jp/naotora/story/
〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜

 大河ドラマは毎週見ています。
”女城主直虎”徳川家康と同じ時代を生きた
直虎の存在も今回の大河ドラマで知ることが出来ました。

 1度”龍潭寺”直虎の聖地をめぐってみたいと思います。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 静岡県の歴史


この記事へのコメント
こんばんは、
女領主直虎は今、話題になっていますね。
浜松駅近くにも、記念館(?)もできていますし龍潭寺もお正月の初詣から人がいっぱいでした。
井伊谷はとてもいいところで私は好きです。

歴史には詳しくないですが、みのりさんのブログでなるほどと読ませていただきました。

今日はありがとうございました。
楽しかったです。
いただいたおみやげは、とってもおいしかったです。
Posted by くにちゃん at 2017年04月13日 21:02
くにちゃん

 コメントありがとうございます。
直虎は浜松城にも売店があり
家康と同じくらい大河ドラマでも有名ですね
 ”龍潭寺”に1度行きたいと思っています。
 今日もたのしい”押し花”の時間でしたね
 こちらこそ毎回お土産をありがとうございます。
Posted by みのり at 2017年04月14日 00:06
みのりさん おはようございます〜!

大河ドラマは見たことも無く、歴史は苦手分野・・みのりさんは詳しいですものね。
私は全く分からずスルーです(汗)
昨日はちょっと「母校の桜」など見に行って来ました。
Posted by 都わすれ at 2017年04月14日 07:23
都わすれさん

 コメントありがとうございます。
大河ドラマは好き嫌いがはつきりしているようです。
 以前住んでいた浜松”徳川家康の歴史”が
好きで調べていましたら
その時代に直虎も関係していることを知り
興味を持ちました。

 仙台も桜が満開のようですね
桜はいいですね心が癒されます。🌸
Posted by みのり at 2017年04月14日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック