Top カリブ海クルーズ旅行記>グランドケイマン、アカエイとのふれあい

グランドケイマン、アカエイとのふれあい

昨夜から楽しみにしていた、グランドケイマンに到着です。
船が接岸出来ませんので、送迎の小船でジヨージタウンに到着です。

カリブ海クルーズ 191.jpg

グランドケイマン
無人島であったこの島に16世紀頃難破船の船員や
海賊達が住み着いたのが島のはじまりと言われています。
またこのグランドケイマンでもオプショナルツァーが用意
されています。

7マイルビーチ
テンダーボート発着場から
タクシーで10分の場所にあります。
また多くのダイバーの憧れの島です。

カリブ海クルーズ 200.jpg

 タートルフアーム
ケイマンのトレードマークの緑海亀
と言えばケイマン航空のシンボルにも使われています。
この島でも最も人気の観光スポットです。
いくつもの大きな水槽の中に、生まれたばかりの赤ちゃん
亀から人が乗れそうなほどの大きな亀まで1万2千匹
以上の亀が飼育されている。

 ヘル
日本語に訳すと「地獄」と言う意味です。
黒い石灰岩層がまるで地獄のような様相を
していることからこの地名が付けられました。
石灰岩層が海岸線ではなく、内陸に見られる
のは非常に珍しい現象で有名です。

 ステングレイシティー
アカエイとのふれあい、ジョージタウンからバスで船まで15分
途中道路沿いにイグアナが沢山生息しています。
バスが止まりました? 
イグアナが道路をノンビリと横切っています。
初めて見る光景に少し怖いような、嬉しいような
でもなかなか可愛い!

 船に乗り換えてステングレイシティーまで30分
船で何処まで行っても海 海 🌊
海の真ん中に船がぐるりと円を描くように止まっています。

カリブ海クルーズ 328.jpg

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 何もない、なにもないから守られている感動がある。
ここがステングレイシティー
アカエイとのふれあいの場所に ??

カリブ海クルーズ 203.jpg

 *昔漁師が残った魚を捨てていたところ、自然に
アカエイが来るようになったようです。
船が近づくと大きな影が、人間の間を自由に泳いでいる

カリブ海クルーズ 329.jpg

 良く見ると100匹はいるようです。
そもそもアカエイは怖がりで人間に近づくことはないそうですが
ここはまるで親しい友達を歓迎するかのように
エイのほうから人間に近づいてきます。
 世界中でもここだけで経験できるアカエイとのふれあいです。
船が着くとインストラクターからアカエイについての説明があります。
むやみに驚かせてはいけない、私達が海に入ると
自然にアカエイが身体にぶつかってきます。
インストラクターが写真を撮るように手に抱えて写真の
ポーズを撮らせてくれます。
中にはエイにキスをする人もいます、

カリブ海クルーズ 332.jpg

 主人はエイ8匹に同時に責められ悲鳴を上げていました。
とても楽しいアカエイとのふれあいでした。
クルーズの旅はとても印象的な経験でした。

 船でジョータウンに戻り、ベイショア・モールで
お土産のブレスレットやネックレスなどを買いました。

カリブ海クルーズ 193.jpg

 本当にに楽しい1日でした。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | カリブ海クルーズ旅行記


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック