Top 台湾旅行記>台湾茶"奥深い香りと味"

台湾茶"奥深い香りと味"

和昌茶壮
入り口には色鮮やかなオウムが私達を迎えてくれます。
日本人に大人気!タレントの伊藤美咲、渡辺真理奈!
なども良く訪れるお店です。

DSCF3494.jpgDSCF3495.jpg

台湾在住のM氏に案内され台湾茶専門店に案内して頂ました。
この店は日本の観光案内、(ポケットガイド)などでも紹介
されているらしく、お店の中は日本語が聞こえてきます。

このお店は試飲は無料で、日本語の上手い店主の張正忠さん
(M氏の友人のようです)
店主自ら台湾茶を入れてくれます。

tm_DSCF3489.jpgtm_DSCF3492.jpg

お茶のそれぞれの香りと味を楽しみながら
産地や味、お茶の入れ方や効能などを説明してくれます。
約10種類くらいの中から好みの味のお茶を
選ぶことが出来ます。

tm_DSCF3488.jpgtm_DSCF3487.jpg

 最初に飲むんだのが高山鳥龍茶の最高級品
利山茶(甘い香りのする上品な味です)

 次にジャスミン茶!
これもかなり奥深い香りに上品な味
すっかりジャスミン茶のとりこになってしまいました。

 *次に東方美人1年に1回しか採れない最高級品で
発酵度が高く、琥珀色の茶水はハチミツののような
芳香を放つ、冷めても美味しいお茶です。

tm_DSCF3492.jpgtm_DSCF3487.jpg

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 他にも冠軍包種茶や凍頂山のお茶、鉄観音茶、菊花茶等
約10杯以上のお茶を頂ました。
どのお茶も選び抜かれた高級品だけあり、香り味も最高
に美味しいお茶でした。

 私は3種類のお茶と(鳥龍茶、東方美人、ジャスミン茶)
と茶梅を買いました。

A4_I3.jpg台北 074.jpg

 *茶梅は梅を茶葉で甘く煮たもので、お茶と大変良く合います。
(お茶を飲みながらの茶梅は最高に合います)

 台湾茶の産地と製造方法

 高山鳥龍茶→梨山、阿里山など標高1000M以上の山岳地帯
では2度の収穫が限度、そのため深い味わいを持つ茶葉が出来る
凍頂鳥龍茶とともに人気が高いようです。

 東方美人 茶葉の害虫「ウンガ」をつけて赤茶色になった茶葉
を製茶するオーガ二ックタイプの鳥龍茶で発酵度70%
青葉の中では最も発酵度の高いお茶です。
人手によって摘まれた一芯二葉のみを使い、琥珀色の茶水は
ハチミツの芳香を放ちます。

 ジャスミン茶 茶葉にジャスミンのお花を重ね、ゆっくりと
時間をかけて、お花の香りを茶葉に移した茶葉です。
茶葉に移した後のジャスミンのお花は、手で丁寧に取り除かれます。

 また台湾茶を美味しく頂くには茶器も必要ですので
もちろん茶器も買いました。

台北 080.jpg

 日本に帰り3種類のお茶と茶梅を味わいながら頂いて
みましたらジャスミン茶が最高に美味しいです。
”茶梅”を頂ながらの台湾茶も最高です。

DSCF3674.jpg台北 075.jpg 
 
 癒しの時間、時々ジャスミン茶と茶梅を楽しんでいます。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行記


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック