Top 台湾旅行記>断崖絶壁が続く太魯閣峡谷

断崖絶壁が続く太魯閣峡谷

華蓮からバスで太魯閣峡谷に到着です。
この旅行は台湾在住のM氏ご夫妻が同行して下さり
事前に手配して頂いたツアー
ガイド兼ドライバーの女性が車で峡谷を案内してくれました。
M氏の奥様は日本語ぺらぺらの台湾人ですので、ガイドの
通訳をしてくれました。

太魯閣峡谷

地殻動と浸食作用によって形成された大理石の渓谷です。
20kmに及ぶ代理石の断崖絶壁が続く台湾最大の景勝地です。
垂直に切立つた断崖絶壁、絶壁の岩盤をくり抜いたように
続いていて、道は昼でもうす暗い状態です。

DSCF3578.jpgDSCF3630.jpg

一言で言うならば3000M級の山を斧で”パ〜ンと”半分に
割ったような山が延々と20Kmも続いている感じです。

1227_049s.jpg

*何よりも驚いたことは、人の手によってこの道路を開通
させた男達の存在です。
見ると絶望的な岩盤に細々と延々と続く道路、想像を絶する
難工事であっただろうと思います。
困難な状況の中でこの道は、銃をツルハシに持ち替えた、約1万人
の退役軍人によってつくられたのは驚きです。
ほぼ1週間に1人の割合で犠牲者が発生する程の難工事
であったようです。
これをわずか3年10ヶ月で横貫公路159Kmを
開通させたわけですから驚きです。

1227_033.jpg

東西横貫公路ゲート

DSCF3566.jpg

華蓮から北に約30Km、3000M級の山々が連なる
中央山脈を横断して台中を結ぶ東西横貫公路です。

【長春祠】

東西横貫公路の建設中に殉職した212名の霊を祭つた
祠が小さな滝を跨ぐように立つています。

【燕子口】

渓谷の中でも対岸との距離が16Mともつとも狭く
太陽の光も届かないので、昼でもうす暗いです。
バスに先に行ってもらい私達は歩いて移動しました。
岩肌には雨や風で浸食した無数の穴があり
名前の由来でもある、燕の巣があります。

tm_DSCF3604.jpg

九曲洞

曲がりくねつたトンネルが連続する渓谷のハイライト
東西横貫公路建設の中でも最も困難を極めた場所です。
岩肌にはツルハシの跡が生々しく刻まれています。
約800Mの新しい車道トンネルが完成して
旧道は歩行者専用道路となっていますので
ゆっくりと歩いて景観を楽しむことが出来ます。

DSCF3609.jpg 

太魯閣渓谷はすべて代理石で渓谷の深さは1000Mもあります。
水の色はタコイズブルーにきらめき、ものすごい勢いで流れています。
その美しさは息を飲む程です。
断崖絶壁、こうして目の当りにして見ると渓谷、
岩の間を流れる水しぶきはまるで生きているかのようです。
汚れのない水の流れは、心が洗われます。

DSCF3578.jpg

遊歩道の奥に釣り橋があり、峡谷の景色を眺める休憩
ポイントがあります。
滝があり雄大な景色を眺めることが出来ました。

P1040866.JPGDSCF3593.jpg

次回は太魯閣峡谷のリゾートホテルを紹介します。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 10:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾旅行記


この記事へのコメント
大理石の渓谷とタコイズブルーのお水
なんとも幻想的・・・

Posted by ごぼうの花 at 2008年04月20日 12:58
ごぼうの花さん
書き込みありがとうございます。
太魯閣渓谷はすべて代理石で渓谷の深さは1000Mもあります。
水の色はタコイズブルーものすごい勢いで流れています。
その美しさは息を飲む程です。

この断崖絶壁の景観は、高所恐怖症の私にとって、スリル満点でした。

Posted by at 2008年04月20日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック