Top 台湾旅行記>台湾旅行総集編後編

台湾旅行総集編後編

【台湾旅行総集編後編】

ここで少し日本統治時代に目を向けてみます。
この本は日本統治時代に日本人としての、教育を受けた
人が書かれて本です。

suteki.jpg

【日本人はとても素敵だった】
        ”楊 素秋”


日本統治時代は”パラダイス”平和そのもので
しあわせな毎日でした。
人々の絆も強く、教育にも力を入れていました。
当時台南に都がおかれて「府城」と呼ばれていました。
もう1度タイムマシーンで元に戻れるものなら
日本統治時代に戻りたい。
台南が京都なら台北は東京に例えられるでしょう。

*台北は日本統治時代に大金が投じられて、東京よりモダンな
近代都市化されたと言われています。

【花蓮高級リゾートホテル】

P1040869.JPGP1040835.JPG

台北から国鉄で3時間で花蓮に到着です。
花蓮の駅から送迎バスで、小高い山にたつリゾートホテル
に到着です。
ホテルのまえは太平洋、エメラルドグリーンの海に
広々とした庭園には色とりどりの花が満開に咲いています。
近くには遊園地や水族館、花蓮海洋公園があります。
ホテルの中には絵画があちこち飾られていて美術館のようです。

P1040850.JPGP1040856.JPG

2泊3日の優雅な時間を過ごすことができました。

花蓮2日目は

DSCF3566.jpgDSCF3578.jpg

【太魯閣峡谷】
ドライバ兼ガイドが案内してくれます。
断壁絶壁が続く太魯閣峡谷へ
北殻動と浸食作用によって形成された代理石の峡谷です。
20Kmも続く断壁絶壁が続く台湾最大の景勝地です。
垂直に切立った断崖絶壁、岩盤をくりぬいたように
続いていて昼でも薄暗い状態です。

1227_033.jpgtm_DSCF3604.jpg

何よりも驚いたのは、この断壁絶壁が続く太魯閣峡谷
が人の手によって道路を開通させたことです。
銃をツルハシに持ちかえて、約1万人の退役軍人によって
作られたそうです。
これをわずか3年10ヶ月で159Kmを開通させたのは驚きです。
大変な難工事どあっただろうと思います。
トンネルにはツルハシの跡がいたる所に残っています。
私は高所恐怖症ですので、下まで1000Mもありましたので
覗くのは大変でした。

1227_049s.jpg

すごい勢いで流れる水の流れに壮大な景観を眺めるのは
とてもいい経験でした。

この3週間台湾旅行をして来て日本統治時代の足跡を
いたる所で見ることができました。
街の中は日本に雰囲気がとても似ています。
台湾の人達の親切さには感激しました。
また機会があれば訪れてみたい国です。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 11:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 台湾旅行記


この記事へのコメント
台湾旅行記拝読しました。3週間の滞在だといろいろな経験ができて、いい旅行でしたね。わたしなどはせいぜい一週間程度なので、もう一度ゆっくり訪れたいといつも思います。もう家族に遠慮することもないので、体力のあるうちに海外旅行に行きたいですね。
Posted by のばら子 at 2008年04月18日 14:53
のばら子さん
書き込みありがとうございます。
台湾での3週間はとても楽しい旅でした。
食べ物も美味しいですし、台湾の人達の
親切さにも感激でした。
台湾茶も美味しいですよ
日本の統治時代の面影がいたる所に
見られました。

Posted by at 2008年04月18日 16:47
まだ、ブログになれてないから、書き込みこれでいいのかな??分からない、あはははは
3週間の旅ってすごいね、、
Posted by 坊ちゃん at 2008年04月19日 08:59
坊ちゃん
書き込みありがとうございます。
3週間の台湾旅行はとても楽しい毎日でした。
台湾に子供の友人が住んでいますので
地元の人しか分からないようお店などに案内してもらいました。
日本的な感じがします。
Posted by at 2008年04月19日 20:22
素晴らしい旅行ブログですね。ホント素敵です。
写真はどれも綺麗ですし、大変勉強になるお話ばかりです。
有名な観光スポットもいいですが、自分なりにその地の歴史を知る事ができるのも、旅行の醍醐味ですね。


Posted by ウッドラブ at 2008年05月04日 15:11
ウッドラブさま

書き込みありがとうございます。
台湾旅行記の感想を書いて下さりありがとうございます。大変励みになります。
ブログを書き初めてその国の歴史を良く調べるようになりました。
歴史を調べてみるのも楽しいものです。
また毎日書いていますのでまた訪問して下さい。
みのり
Posted by at 2008年05月04日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック