Top 転勤シリーズ>不思議な島五島列島

不思議な島五島列島

五島列島 不思議な島での生活 あせあせ(飛び散る汗)
私が始めてこの島に着いたのは、主人が先に単身赴任で
私は6ヶ遅れでの到着でした。
私はおなかの子供のことを考えて安定してからと7ヶ月
の身重の状態で主人の母に付き添われて島に到着しました。

s17.jpg

この島での生活は初めて見るめずらしいものばかりです。
南国の田舎町といつた感じの島でした。

 私達が住む家が見つかるまで、町営住宅に3ヶ月くらい
住んでいました。
とても古くて、2部屋しかない、今にも何か見たこともない
生きものが出そうな感じの家でした。

 ある朝 家の中に何かがさがさと動くものが?
良く見ると小さなカニが歩きまわっています。

 流し台
外に何かグレーのキューリぐらいの大きな
一見ナメクジのような大きな生きものが付いています。?!
正確な名前を知りたいものです。

 庭に出てみると大きなカマキリを発見!
良く見ると、本土のカマキリの3倍くらいの大きさです。
山育ちの私にとって”カルチャーショック”です。

flower08.jpg

 環境がまったく違う
胎教に悪い まったく安らげない?
お風呂は五右衛門風呂でした。
今の時代にもあるんだと不思議な感覚でした。
きれいに洗っても下に錆が残ります。

 しばらくしてトイレを何気なく除いて見ると
ヤモリを白くしたような生きものが?
えぇ〜〜!!

世の中にこんな生き物がいるんだとはじめて知りました。
”イモリ”です、からだがまっ白で手が吸盤のようになっていて
家の壁やいたる所に出没する生き物です。

 台風雨牡羊座主人は出張で長崎に
台風で船が欠船  船
古い家で雨戸を閉めて強い風にすごい雨、とても不安な
1夜を過ごしました。

 1人暮らしに慣れていない、翌朝台風も通り過ぎ
さわやかな朝日が晴れ
ほっとしました。
翌日主人は長崎から船で3時間、無帰宅しました。
なれない島での暮らしは不安だらけでした。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

flower07.jpg

 隣りの奥さんが親切な方で、サザエを頂きました。
サザエをトンカチでたたいて割り、中身を取り出し
サザエの刺身のつくりかたを教わりました。
新鮮で食べると”こりこり”として大変美味しい  

 時には魚のさばきかたも教わりました。
3枚に下ろすのはお料理教室で教わって以来でした。
島での新鮮な魚は何を食べても美味しい 🐠

 この3ヶ月間の生活は、はらはらドキドキの連発でした。
出来るだけ胎教を考えてテレビ番組は、みなしごハッチや
キャンディーキャンディーを見ていました。
とても可愛い”みなしごハッチの母をたずねるアニメでした”

 当時るんるん泳げたいやきくんはるんるん
子供達に大人気でした。
まいにち まいにち僕らはてっぱんの
うえで焼かれて あせあせ(飛び散る汗)

 こんな時代の出来事でした。

DSCF0171.JPG

 不思議な島での生活 何か災害の時はどのように本土に
逃げようかなどと考えたものです。

 親切な隣りの奥さんに別れを告げて、海岸沿いの1軒家
に引越しました。
漁師さん達の休憩する小屋の前でした。
毎日新鮮な魚を安く手に入れることが出来ました。

 お隣さんは町長さんのお宅
とても親切な町長さんご夫妻
もちろん選挙の時は投票した記憶があります。

 長男誕生です。
新米ママでも愛するわが子に母乳を与えて
大切に育ててきました。

 時間があれば、近くの海岸沿いにクジラの祠、神社まで
乳母車にのせて毎日散歩しました。


DSCF0141.JPG

 長男は1歳8ヶ月までの、この島での生活でしたが
大学時代にビデオで島でのその当時の風景を見せましたが
この景色見たことがある 覚えてるといいました。
子供の記憶はかなり幼いときからあるものだと感じました。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 10:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
グレーのキュウリ?私も正体知りたいです(怖
沖縄に行った時、毛虫もゴキブリもみんな大きくてびっくりでした。
南国恐るべしですねぇ(笑

大阪にもイモリはいますよ。
おなかが赤と黒のまだらです。
ヤモリは普通のトカゲですよね。

サザエの刺身、私もよくしますが、殻から出して、口とか掃除して・・・。食べるとこは少ししかない。
でも、わさびつけて食べるとアワビみたいな食感ですよね(*^_^*)

爽やかな海辺を散歩。
素晴らしい情操教育になったんでしょうね。
素敵ですね
Posted by 今川ーゼ at 2008年05月06日 22:54
今川ーゼさん
書き込みありがとうございます。
不思議な島での暮らし、今思うとノンビリとしていて、島の人達がとても親切ですから
今この島で生活しているならどうだろう〜
多分毎日海岸沿いを散歩して波の音を聞きながら生活しているのかもしれませんね〜?

そう虫ですが、ナメクジのような大きな虫〜何なんでしょうね!

あわび、サザエ、魚も新鮮で良く近所の方から頂きました。
島での生活もいいかも知れません。
みのり
Posted by at 2008年05月07日 07:12
祖母の家も五右衛門風呂でした
踏み板に乗って遊ぶのが私は
何故か好きでした

亡くなった祖母は上五島(現在の佐世保市)
Posted by ごぼうの花 at 2008年05月07日 19:47
祖母の家も五右衛門風呂でした
踏み板に乗って遊ぶのが私は
何故か好きでした

亡くなった祖母は上五島(現在の佐世保市)

伯母は海女さんだったのでよく付いていき
獲れたてサザエ・うに・鮑食べてました
Posted by ごぼうの花 at 2008年05月07日 19:52
ごぼうの花さん
書き込みありがとうございます。
お伯母さま上五島にお住まいだったんですね。
海女さんだったとか、素敵ですね、私の知らない世界
サザエ、うに、鮑など食べたようですね、うらやましいです。
海女さんの技を見てみたいです。
また訪問して下さい。
みのり
Posted by at 2008年05月07日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック