Top 転勤シリーズ>異国情緒あふれる港街 長崎市へ

異国情緒あふれる港街 長崎市へ

 五島列島のブログにはたくさんの方から嬉しいメッセージを
頂きありがとうございました。

 *中には有川ライオンズクラブにお医者様
お父様が入っていた方からも
メッセージを頂き大変励みになりました。

 マイミク長崎在住のごぼう花さん
から長崎市の写真も提供してい頂きました。
ありがとうございます。

 長崎県五島列島での生活に別れを告げて長崎市へ
五島列島から船で3時間で長崎市に到着です。

 異国情緒あふれる坂の街 ロマンあふれる長崎
どんな歴史をたどったのだろう?
どんな出会いが待ち受けているのか

15074411_975871771.jpg

 以前に2回長崎市には旅行で来たことがあるのですが
やはり旅行と住むのでは感じかたも違います。

 平地の少ない坂の街、家もだんだん畑に家が順番に立ち並ぶ
長崎独特の風景です。
私達の住む所は大浜町、市内からバスで約30分位の田舎でした。

 バスから降りると、海岸沿いに福田遊園地があります。
これから子供を連れて遊びに行くのが楽しみです。

 バスから下りてすぐに”社総”
三菱重工のお店スーパーがありました。
近くには電気屋、お米やさん、など何軒かのお店が並ぶ
静かなところでした。

 やはり長崎、住む家も高台にあり、盆地のような所です。
急な坂を登り下からアパートまで5分くらいの所にありました。
坂道はなれるまで大変でしたが、住めば都
楽しい生活が待ち受けています。

265247464_120.jpg

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 2階建て、5棟のアパートでした。
まだ建てたばかりできれいな1番端の部屋でした。

 2階からの眺めはとても素敵で夜になると
だんだん畑のような家にあかりが灯りぴかぴか(新しい)
とてもきれいな夜景でした。

 以前住んでいた大浜町からの夕日です。

15074411_2508797258.jpg

 毎日子供を連れて公園に遊びに帰りには両手いつぱいの
買い物袋、子供を連れての坂道を登るのも大変です。
乳母車もあるのですが、この坂道を登るほうが大変です。
坂道の周りは畑になっていて、周りには”びわの木”が
たくさんありました。
収穫時期になるとすずなりのびわの実でした。

 長崎の人達は親切な人が多く時には歩いているとびわの実を
頂いたり、野菜の育てかたなども教えてくれました。リゾート

 近所に住んでいる皆さんは親切な人ばかりで一安心です。
すぐ隣りに3歳の男の子がいて毎日長男と遊んでくれました。
その子は毎日パズルをして、まだ1歳の後半の長男も
同じように遊んでいて、まだ年齢的に難しいパズルも
出来るようになってきました。

 当時アパートの人達は仲が良くアパート前の土地に
ガーデニング 野菜畑を作り、毎日時間があれば竹林から
バケツで、腐葉土を何回も畑に運びました。
石や砂だらけの地面も腐葉土や野菜くずなどをうめて
栄養豊か土地に仕上げ、野菜を育てて楽しみました。
毎日ひまがあれば野菜の手入れをしました。 

 *当時は田舎暮らしの素朴な生活を楽しみました。

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 09:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
転勤族はその地に如何に馴染めるか・・ですね。
場所によってはカルチャーショック受けますけど、それも一つの文化と受け止めればいいことで、つまりは自分から慣れ親しむ姿勢が相手の、周囲の心を開いてもらう手立てだと思いながらあちこちで暮らしました。
Posted by アルバ at 2008年05月09日 10:51
アルバさん
毎回、書き込みありがとうございます。
確かにそうですね、転勤族は
”自分から慣れ親しむ姿勢が相手の、周囲の心を開いてもらう”
こちらから近づくのが大切ですね〜♪
いろいろな方との出会いもいい思い出ですね〜
みのり

Posted by at 2008年05月09日 11:02
長崎は坂道が多いと聞きますので、体力がつきそうですね。
Posted by ハート at 2008年05月09日 18:57
ハートさん
書き込みありがとうございます。
長崎はほとんどの家が高いところに
ありますので、体力がつきますね〜
とても素敵な所ですよ〜

みのり
Posted by at 2008年05月09日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック