Top 転勤シリーズ>長崎から広島へ 宮島が見える

長崎から広島へ 宮島が見える

長崎県での生活に別れを告げて車で広島へ  車(セダン)

宮島(もみじ饅頭)原爆ドーム フラワーフェスティバル
のうが高原 広島カープなどが有名です。

一信花 201.jpg

 私達の住む所は広島でも田舎佐伯群廿日市町
今は廿日市市になっていると思います。

一信花 223.jpg

 4棟の2階建てのアパートに到着です。
すぐ目の前には、川があり普段は穏かに流れているのですが
台風など大雨の後には川が氾濫するのではと思うくらいの
急な流れに変ります。  雨    霧

 少し先に海が見えて宮島の鳥居の門が見えています。
不思議な景色です。
”海の中に鳥居の門”があるのですから
この眺めは私の自慢できる風景です。
すぐ近くに見えるのですが宮島まで行くには   家
車ごと船で渡らなければなりません     船 
宮島見学が楽しみです。

 このアパートは同じ会社の方が住んでいた部屋を
そのまま修理などもなく住みはじめたため
不便なところも数々ありましたが
元気な男の子が2人 ふすまなども破れるのも時間の問題
と思いながら生活が始まりました。
*前もってふすまをはずしカーテンで仕切りをしたり
かなり工夫しながらの生活でした。

 車の駐車スペースもなく歩いて5分くらいの場所
公園近くに、駐車場をかりました。

5月花長崎 180.jpg

 問題点もありますが住めば都
近くには大型電気店もあります。

------------------------------------
ブログランキングで1位を目指しています。
応援クリックをお願い致しますm(__)m
★こちらをクリックするだけです★
------------------------------------

 この街に住み始めて大好きになった
”広島のお好み焼き”のお店もあります。
気軽にお皿を持って行くとその場で焼いて
お皿に入れてくれます。
値段もかなり安く自宅で家族で食べることができました。

 スーパーなどは国道を越えて歩いて10分〜15分
の場所にあり最初はあちこちかなり遠くまで歩いて
散策しました。

 こちらは長崎時代とは違い平地ですのでほとんど
乳母車に子供を乗せての買い物でした。
長男は補助車の付いた自転車で一緒にお買い物です。

 主人は広島まで車での出勤です。
約50分はかかると思います。

 この先広島での楽しい生活が待ち受けています。
どんな出会いがあるのでしょうか楽しみです。わーい(嬉しい顔) グッド(上向き矢印)

良ければ↓をクリックして下さると励みになります。

★人気ブログランキング★
posted by みのり at 08:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 転勤シリーズ


この記事へのコメント
(゚o゚) あらまっ!!!、今度は、広島なの、転勤も振り返ると、思い出沢山、素晴らしい体験だよね、、まーー実際は苦労したと思うけどね、、お好み焼き美味しかったでしょ、あああ、坊ちゃんも今日は、お好み焼き作ってみよう~~あははは
Posted by 坊ちゃん at 2008年05月22日 09:49
坊ちゃん
明るい書き込みありがとうございます。
今になるといい思い出です。
楽しい時間だけが思い出されます。
”広島風お好み焼きうどん入りで大変
美味しいです”
お昼作ってみては・・・♪

みのり
Posted by at 2008年05月22日 10:38
私は広島の時は赤ちゃんで、記憶がないのでどんな事があったのか知れるのがとても楽しみです。
Posted by ハート at 2008年05月22日 19:02
ハートさん
書き込みありがとうございます。
ハートさんは広島で生まれました。
これから登場しますよ〜楽しみにね〜〜♪
みのり
Posted by at 2008年05月22日 20:39
今度は広島ですね★
でも、イメージしていた広島市ではなく、少し郊外になるのですね〜。

お話の続き、楽しみにしています♪
Posted by 今川―ゼ at 2008年05月23日 01:26
毎日書き込みをされていてすごいですね!
この辺から覚えています。
楽しみにしています。
Posted by koki at 2008年05月23日 09:10
今川ーゼさん
書き込みありがとうございます。
やはり生活するには、都市より少し郊外のほうが
子供を育てるにはいいと思います。
また広島の歴史を書きます。
また訪問して下さいね〜〜♪
みのり
Posted by at 2008年05月23日 09:28
Kokiさん
書き込みありがとうございます。
広島からの記憶があるようですね〜
嬉しいです〜幼少のころを思い出して下さいね〜
みのり
Posted by at 2008年05月23日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック